日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    日経ストア利用規約

    第1条(定義)

    日経ストア利用規約(以下「本規約」といいます)における用語の定義は以下のとおりとします。
    (1) 「日経」とは、株式会社日本経済新聞社をいいます。
    (2) 「基本規約」とは、日経ID利用規約をいいます。
    (3) 「日経ストア」とは、日経が運営するウェブサイト(URL=http://store.nikkei.com/ 以下「本サイト」といいます)での電子書籍の配信サービスおよびこれに付随して日経が利用者に対して提供する本アプリその他すべてのサービス(以下「本サービス」といいます)をいいます。本サービスの具体的なサービス内容は、本規約のほか、ご利用ガイドに記載します。
    (4) 「電子書籍」とは、本サイト上で日経が利用者に配信する、書籍、雑誌、ムック等のダウンロード用データをいいます。
    (5) 「本アプリ」とは、電子書籍を利用者の端末において閲覧するためのアプリケーションをいいます。
    (6) 「ご利用ガイド」とは、本サービスの利用方法をご案内する、本サイト上のページをいいます。
    (7) 「端末」とは、電子書籍を表示、再生して使用するための機器をいいます。
    (8) 「利用者」とは、日経に本サービスの利用登録を申し込み、日経が登録を認めた個人をいいます。
    (9) 「利用申込者」とは、新たに利用者になろうとする者をいいます。
    (10)「登録情報」とは、利用者または利用申込者が日経に対して届け出た、自身に関する情報をいいます。

    第2条(規約の適用)

    1. 本規約は、本サービスの利用に関して、日経と利用者(利用申込者を含みます)との間の権利義務関係を定めるものです。
    2. 本規約に定めがない事項については、別段の定めがない限り、またはその性質に反しない限り、基本規約の各条項が直接または適切な読み替えを行ったうえで適用されるものとし、本規約において基本規約と異なる事項を定めたときは、本規約の定めが優先して適用されます。
    3. 日経は、本規約とは別に、ご利用ガイドにおいて本サービスに関する利用条件を、本アプリの使用許諾契約等において本アプリに関する使用条件を、それぞれ定めます。これらの条件は、本規約の一部を構成するものとします。
    4. 本規約の一部が法令の変更または裁判所の判断等によって違法または無効とされた場合でも、本規約のその他の部分は有効に存続するものとします。

    第3条(利用登録)

    1. 本サービスの利用を希望する者は、日経IDを取得したうえで、本サービスの利用登録が必要です。
    2. 利用登録ができる者は、日本国内に在住の個人に限ります。
    3. 利用登録は、本サービスを利用する本人が行うものとします。
    4. 利用申込者は、ご利用ガイドに定める方法により本サービスの利用登録を申し込むものとします。
    5. 日経は以下の場合に利用登録を承諾しないことがあります。承諾しなかった場合の判断の理由については一切利用申込者に開示しません。また、利用申込者は判断の結果に対して異議を述べることはできません。
      (1) 利用申込者が実在しない場合
      (2) 利用申込者が届け出ている電話、電子メール、住所等の連絡先に連絡が取れない場合
      (3) 利用申込者が届け出ている情報に虚偽またはこれに類する不正確な内容の記載が含まれていると判明した場合
      (4) 利用申込者が規約違反等により日経またはそのグループ会社が運営するサービス等(利用サービスおよび日経IDを含みますが、これに限られません)の利用を停止されたことがある場合等、日経が利用登録を承諾すべきではないと判断した場合
      (5) 日経の日常的な業務の遂行上または技術上、支障がある場合
      (6) その他日経が不適当と認めた場合

    第4条(登録情報の変更)

    1. 利用者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに日経所定の方法で変更の届出をするものとします。
    2. 利用者が前項の届出を怠るなど登録情報の変更が適切に行われないために不利益を被ったとしても、日経は一切その責任を負いません。

    第5条(電子書籍の注文)

    1. 利用者は、ご利用ガイドに定める方法にしたがって電子書籍を注文することができます。
    2. 個々の電子書籍の利用に関する契約は、利用者が本サイトで注文の手続きを完了した時点で成立するものとします。
    3. 電子書籍の注文は、利用者本人が行うものとします。
    4. 第2項に定める契約の成立後は、利用者の都合による注文のキャンセルまたは返品はできません。
    5. 利用者は、紙媒体で発行された書籍、雑誌、ムック等に掲載された情報であっても、電子書籍に一部収録されないものがあること、および紙媒体とは異なる情報が追加されている場合があることを了承するものとします。

    第6条(電子書籍の配信)

    1. 日経は、前条において利用者が注文した電子書籍について、その利用者が配信を受けることが可能な状態にします。電子書籍の配信は、個々の電子書籍ごとに、ダウンロード(利用者の端末に保存したうえで閲覧・視聴等を行う方法)で行います。
    2. 利用者が注文した電子書籍の配信に関する日経の義務は、その電子書籍を本サイトからダウンロード可能な状態とすることまでとし、ダウンロードの操作・通信等については利用者の費用と責任で行うものとします。
    3. 日経は、別途定める場合を除き、電子書籍の最低閲覧期限として注文から6カ月を保証します。利用者が当該期間内に電子書籍をダウンロードしなかった場合もしくはダウンロード後の閲覧・視聴等を行わなかった場合、日経は何ら責任を負いません。

    第7条(代金の支払)

    1. 電子書籍の代金の額は、本サイトの個々の電子書籍の詳細説明画面に記載のとおりとします。
    2. 電子書籍の代金の支払いは、日経ID決済により行います。

    第8条(本サービスの利用環境)

    1. 利用者は、本サービスの利用に要する通信料金および必要な設備(端末、ソフトウェア、インターネットへの接続環境など)を、自己の費用と責任で負担するものとします。
    2. 日経は、本サービスにおける電子書籍の使用が可能な端末の種類、仕様、動作環境等(以下「利用環境」といいます)をご利用ガイドにおいて指定します。
    3. 利用者は、利用者の設備が日経所定の利用環境に適合していない場合、本サービスの利用ができない場合があることを了承するものとします。また、利用者は、日経所定の利用環境での利用にもかかわらず、利用者固有の利用環境、端末の設定等によっては本サービスの利用ができない場合があることを了承するものとします。

    第9条(電子書籍の配信の不備または不具合に対する保証)

    1. 注文手続きの完了後10日を経過しても電子書籍の配信を受けることができない場合、または配信された電子書籍が日経所定の利用環境において正常に表示、再生されない場合、利用者は速やかに日経に通知するものとします。
    2. 日経は、前項の通知を受けた場合、利用者が注文した電子書籍の配信を受けられるようにし、また不具合を修正してあらためて配信を受けられるようにするものとします。日経において、確認された不具合の修正または配信を受けられる状態にすることができない場合は、日経は返品を受け付け、受領した代金を利用者に返還します。
    3. 前項の定めにかかわらず、日経は、日経が有する日経所定の環境において利用者から通知を受けた不具合が再現されなかった場合の修正、および配信の再設定、ならびに日経所定の環境以外への対応のための修正は行いません。
    4. 第2項の取扱いの期間は、電子書籍の注文後6カ月間とし、この期間を経過した後は、日経は前項の取扱いを行う責任を負わないものとします。
    5. 第2項の取扱いをもって電子書籍の配信の不備および電子書籍の不具合に関する日経の責任のすべてとし、日経はこれを超えて損害賠償等の責任を負わないものとします。また、利用者は、第2項に定める場合のほかは、交換または返品を請求することはできません。

    第10条(電子書籍の使用)

    1. 利用者は、本規約および本サイトの記載事項、ならびに電子書籍または本サービスに施されている技術的な保護や制限(利用する端末、利用者、利用期間等に関する技術的な制限)によって認められている範囲で、注文した電子書籍を表示、再生して、閲覧・視聴等を行うことができるものとします。
    2. 利用者は、前項に定める以外には、有償・無償の別や目的を問わず、電子書籍の翻案等の改変、複製、展示、上映、他人への譲渡、貸与、インターネットその他のネットワークを利用した他人への送信(公衆送信及び送信可能化を含みます)その他いかなる使用も行ってはならないものとします。
    3. 利用者が前項の義務に違反したことにより損害を被った場合、日経は一切責任を負いません。また、かかる事由により日経が損害を被った場合、利用者は当該損害を賠償する責任を負うものとします。
    4. 日経は、日本国内での利用を前提として、本サービスを提供します。日経は、日本国外における本サービスの利用につき、法令上、技術上その他いかなる保証も行いません。利用者が電子書籍を日本国外に持ち出し、または日本国外で表示、再生したことにより、日本国以外の国での法令上、宗教上その他の理由による問題、紛争等が生じた場合、日経は一切責任を負いません。

    第11条(電子メールサービス)

    1. 本サービスにおける利用者への電子メール送信に際し、電子メールの未送信、遅延、文字化け、同一電子メールの複数回送信が発生しても、日経はその責任を負いません。
    2. 利用者が受信した電子メールを削除・紛失した場合も、日経は当該電子メールの再送信は行いません。
    3. 利用者が登録している電子メールアドレスを変更した場合、当該変更が有効となり、変更後の電子メールアドレスに日経からの電子メールが届くまでには日数を要することを利用者はあらかじめ了承し、日経に対して再送信等の要求を行わないものとします。
    4. 利用者は、日経が利用者へ本サービスのご案内メールを送信することを了承するものとします。当該電子メールの受信は、本サービス上の所定の画面から停止することができます。

    第12条(ユーザーサポート)

    1. 本サービスに関するお問い合わせは、ご利用ガイド内の「お問い合わせ」のページより受け付けます。日経からの回答に対して再度問い合わせを受ける場合も、同様に「お問い合わせ」のページから受け付けます。
    2. 本サービスの利用に必要となる個人認証情報(基本規約第7条(IDおよびパスワードの管理)第1項にて定義されています)の問い合わせならびに変更および解約の操作依頼には、個人情報保護の観点から一切対応しません。日経はパスワードを暗号化して管理しているため、利用者ご自身からパスワードの問い合わせがあってもお答えできません。

    第13条(権利の帰属)

    電子書籍およびこれに付随する情報その他本サイトに掲載された情報(著作物、標章、キャラクター、マーク等、すべての掲載内容)に関する知的財産権その他一切の権利は、日経または本サイトの掲載内容の提供者等に帰属し、利用者には帰属しません。利用者は、これら本サイトの掲載内容について、表示、再生して、閲覧・視聴等を行う以外には、複製、改変、送信など、いかなる行為も行ってはならないものとします。

    第14条(禁止事項)

    1. 利用者は、本サービスを利用するに当たり、次の行為を行わないものとします。
      (1) 利用者登録の際に虚偽の内容を登録する行為
      (2) 日経もしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為
      (3) 他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為
      (4) 他者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、他者への不当な差別を助長し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為
      (5) 日経の設備に蓄積された情報を不正に書き換え、または消去する行為
      (6) 本サービスもしくは電子書籍に用いられている技術的保護手段または技術的制限手段を解除、変更、無効化等、回避する一切の行為
      (7) 第10条(電子書籍の使用)第1項に定める範囲を超える、本サービスまたは電子書籍の利用もしくは使用
      (8) 犯罪や違法行為に結びつく、またはそのおそれの高い行為もしくはこれらを助長する行為
      (9)本規約または本サイトに記載された禁止事項その他の指定・制限に反する行為
      (10)前各号のほか基本規約第9条(禁止事項)に定める行為
      (11)その他日経が不適当と判断する行為

    第15条(利用登録の抹消)

    1. 日経は、利用者が以下の各号の一つにでも該当した場合、利用者に通知することなく、該当した時点で直ちにその利用者が注文した電子書籍の利用契約を解除し、利用登録を抹消し、すべての本サービスの利用を終了させることができるものとします。
      (1) 第14条(禁止事項)各号に定める行為を行った場合
      (2) 過去に本条に基づき利用登録が抹消されたことが判明した場合
      (3) 前各号のほか基本規約第22条(利用停止)第1項各号に該当する場合
    2. 前項により利用登録が抹消された場合、利用者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している日経に対して負担する債務(電子書籍の代金の未払いを含みます)の一切を一括して履行するものとします。
    3. 日経は、本条に基づき利用登録を抹消したことにより利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

    第16条(利用者による利用登録解除)

    1. 利用者が、本サービスの利用を終了する場合は、日経所定の方法により利用者自身で利用登録解除の手続きをするものとし、日経が確認したことをもって利用登録が解除されたものとします。
    2. 利用者は、利用登録解除後は、利用登録をすることにより利用可能となった本サービスを利用することができなくなり、また、本サービスおよび電子書籍に関する保証、サポートを一切受けられなくなります。
    3. 利用登録解除後も、一部、ダウンロード済みのダウンロード版の電子書籍については継続して使用できるものがあります。利用者は当該電子書籍を使用する場合は、利用登録解除後であっても本規約にしたがって使用するものとします。

    第17条(個人情報)

    1. 日経は、本サービスを通じて取得する利用者の個人情報を、「日経IDプライバシーポリシー」にしたがって取り扱います。
    2. 利用者が本サービスを退会した場合であっても、日経IDから退会しない限り、日経は当該利用者に関する個人情報を消去せずに保有し、「日経IDプライバシーポリシー」にしたがって取り扱います。
    3. 日経は、利用者が日経IDから退会した場合も、利用者への電子書籍の代金の請求履歴など、法令上保管の必要のある情報を当該法令にしたがい保管し、必要がなくなり次第消去します。

    第18条(利用者の端末の登録)

    1. 本アプリの利用には、利用者の端末登録が必要です。端末情報は本サービスのASPシステムを提供する大日本印刷株式会社のサーバーに保存します。
    2. 利用者は端末を5台まで登録できます。端末の登録を解除したい場合は各端末の本アプリから解除手続きを行ってください。

    第19条(本サービスの内容変更)

    日経は、利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容を随時追加、改廃その他の方法で変更することができるものとします。当該変更には、設備の保守や、天災などに起因するものも含まれます。

    第20条(本サービスの中断、終了)

    1. 日経は、以下の場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。
      (1) 本サービスにかかる設備の保守または点検によりやむを得ない場合
      (2) 本サービスにかかる設備にやむを得ない障害等が発生した場合
      (3) 電気通信事業者が電気通信サービスの提供を中止することにより本サービスの提供が困難となった場合
      (4) 戦争、暴動、労働争議、天災地変(地震、噴火、洪水、津波等)、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供ができなくなった場合
      (5) その他、日経が本サービスの運営上、中断が必要と判断した場合
    2. 日経は、利用者に事前に通知したうえで、本サービスの全部または一部の提供を終了することができるものとします。

    第21条(免責および損害賠償)

    1. 日経は、日経が本規約にしたがって本サービスを提供している限りにおいて、本サービスを利用したことにより、または本サービスを利用できなかったことにより利用者または第三者に生じた損害について、自らに故意または重大な過失がある場合を除いて責任を負いません。
    2. 日経が本規約に違反したことにより利用者に対して損害賠償責任を負う場合、その賠償額は利用者が本サービスの利用に関連して直接被った損害を上限とします。
    3. 利用者が本規約に違反したことにより、またはその他の利用者の責めに帰すべき事由によって日経および第三者に損害が生じた場合、当該利用者は、自己の費用と責任をもって当該損害を賠償するものとします。
    4. 前各項に定めるほか、本サービスに関する日経および利用者の責任については、基本規約第30条(免責および損害賠償)の定めが適用されます。

    第22条(本規約の改定)

    1. 日経は、自らが必要と判断した場合、利用者の承諾を得ることなく、随時本規約を改定することがあり、利用者は、日経が本規約を随時改定することおよび本サービスの利用条件が改定後の本規約によることを了承するものとします。
    2. 日経は、前項の改定を行う場合には、改定後の本規約の内容を、本サイト上での掲載または電子メールの送信など日経が適当と判断する方法によって、利用者に通知します。
    3. 本規約の改定後の内容は、日経が別途定める場合を除いて、本サイト上に掲載または電子メールの送信がなされた時点から効力を生じるものとします。
    4. 日経は、本規約の改定が利用者による本サービスの利用に大きな影響を与えると判断した場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

    第23条(準拠法)

    本規約の効力および解釈については、日本法を準拠法とします。

    第24条(管轄裁判所)

    本サービスおよび本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    以上

    2013年5月21日制定
    2015年3月31日改定

    ページトップへ