日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    229件中 1〜20件表示

     

     

    米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月利上げを決めた。一方、日銀はゼロ%前後としている長期金利の目標を引き上げる考えはないとし、開く日米金利差が円安・ドル高を促すはずだが、円相場は膠着状態にある。それは円安・ドル高になるべき状況にありつつ、複数の不透明要素の霧が晴れないからだ。

     

    詳細を見る

    上場企業の2016年度の配当総額は10兆円を大きく超え、主力企業では純利益の3分の1程度を配当する「3分の1配当」時代が到来した。とくに市場の注目を集めるのが、着実に業績を伸ばし、増配を続ける連続増配株だ。トランプ相場の息切れ感が強まる中で、増配株投資がまさに花開こうとしている。

     

    詳細を見る

    株式売買手数料の自由化とともに成長してきたネット証券。既に個人の売買代金の9割はネット証券会社経由。対面型証券の牙城を切り崩してきたネット証券だが足元では新規口座の伸びが鈍る。次の成長分野と照準を定めるのは個人の長期マネー。

     

    詳細を見る

    7日の東京株式市場では日経平均株価が一時年初来安値を下回った。トランプ政策への期待感が後退し、浮揚力を失っていた株価はシリアや北朝鮮情勢の緊迫化で再び足取りがおぼつかなくなった。不確実性が強まる中、外部環境に左右されず、自力成長する銘柄の選別物色が強みを増す。

     

    詳細を見る

    リチウムイオン電池に使われるコバルトが急騰している。年初からの上昇幅は6割以上で、背景には「人民元安」への警戒感がある。中国の投資ファンドなどが、手元の人民元を資源に置き換えて資産の目減りを防いでいるのだ。

     

    詳細を見る

    環太平洋経済連携協定(TPP)離脱、北米自由貿易協定(NAFTA)は再交渉——。「米国第一」を掲げ、通商ルールを次々と書きかえるトランプ大統領に企業が翻弄されている。焦点の税制改革では輸入に課税する「税の国境調整」の検討が進む。

     

    詳細を見る

    欧州を相次ぎ政治リスクが襲う。仏独で相次ぐ大型選挙、ブレグジット、トランプ米政権の新たな対欧外交、ギリシャの債務問題……。ポピュリズムに昨年ほどの勢いは見えないが、移民問題や域内格差の拡大など深刻な問題の解決も遠い。内憂外患の欧州がどこに向かうのか、統合を維持できるのか、霧は深まるばかりだ。

     

    詳細を見る

    トランプ米政権誕生から100日間のハネムーン(蜜月)期間がまもなく終わる。期待を集めていたインフラ投資や減税策は具体化されず、市場は一時の陶酔から覚めている。トランプ相場はこれで失速するのか。日経ヴェリタスでは日米のエコノミストや投資家にトランプ氏の政権運営を7つのテーマで評価してもらい

     

    詳細を見る

    連日で過去最高値を更新する米国株を尻目に、日本株は節目の2万円を前に足踏みが続く。だが足元で着実に変化は起きている。背景には「金融から財政へ」という大きなうねり。緩和マネーが相場全体を支える時代は終わりを迎え、個別株で成長力に差が付く局面に移りつつある。

     

    詳細を見る

    建設コストや地価の高騰を背景に、既に一般のサラリーマン層には高すぎる水準に達していた首都圏のマンション価格。支えになっていた相続対策や投資を目的とした富裕層の需要も、ここに来て息切れ気味だ。だが価格破壊者の不在や異常な低金利は、「売れ行きは悪いが価格は下がらない」という

     

    詳細を見る

    米ダウ工業株30種平均が25日、史上初めて2万ドルの大台に乗せた。トランプ米新政権の財政拡張政策への期待が先行。一時、高まっていた保護主義のリスクを横目に、市場は米国経済が「リフレ」にむかい、企業業績に好影響を与えると評価した。

     

    詳細を見る

    「米国第一」を掲げるトランプ米新政権の発足で、世界で政治、地政学リスクが一気に噴き出す恐れが出てきた。南シナ海、中東情勢、欧州のポピュリズム…。国益をむき出しにし、戦後の国際協調体制に転換を迫るトランプ氏に、投資マネーは警戒モードに。

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは調査会社のマクロミルを通じて1億円以上の金融資産を持つ富裕層700人と一般層300人の計1000人にアンケート調査を実施した。その結果から判明したのは、富裕層への道を歩むには「投資」と「節約」の両輪が欠かせないという事実だ。

     

    詳細を見る

    10月1日に人民元がSDR(IMFの特別引き出し権)構成銘柄に採用され、名実ともに国際通貨になった。ただ中国経済は様々な問題を抱えている。8月には不動産バブルが再燃し、主要都市が急きょ購入制限に踏み切った。

     

    詳細を見る

    日銀のマイナス金利導入に英国の欧州連合(EU)離脱決定、米大統領選でのトランプ氏勝利。「まさか」の事態が次々と起こり、市場が大きく揺れた2016年が間もなく暮れようとしている。その荒波に国内、そして海外の個人投資家たちはどう立ち向かったのか。

     

    詳細を見る

    2030年は団塊世代が80歳を超え、人口構造が大きく変化する一方で、AIが自律的に知識を獲得し始める。社会と技術の構造変化が交差し、政府も目標に据える年が2030年だ。そのとき、投資の主役となっているのはどんな銘柄だろうか。「日本が抱える課題こそ、国も後押ししやすいのではないか」——。

     

    詳細を見る

    トランプ大統領が日銀の金融政策を「円安誘導」だと批判する過激な発言で日経平均株価は1万9000円を割り込んだ。長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは3日、一時年0.150%を付け、マイナス金利政策導入を決めた昨年1月29日以来の高水準に急騰した。

     

    詳細を見る

    2014年開始の少額投資非課税制度(NISA)。投資家は何を基準にNISA口座を選ぶべきか、主要22社を比較した。「日経e新書」シリーズ。

     

    詳細を見る

    投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    229件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ