日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    287件中 1〜20件表示

     

     

    仮想通貨バブルに高リスクの不動産投資。新手の金融商品が現れるたびにトラブルが相次ぐ。日本人の金融常識は低いのか。将来に不安を持つ若い世代の投資トラブルが急増し、中高年世代は長い老後への備えを迫られている。過去20年のデフレ時代に培った投資のモノサシが通じなくなるとすれば、新しい「金融力」が必要だ。

     

    詳細を見る

    好調な外需や歴史的に小動きだった円相場を追い風に空前の好決算となった2018年3月期の企業収益。打って変わって19年3月期見通しは濃い霧に包まれている。円相場、人件費、原燃料の3つの「高」が圧迫し、収益は踊り場感が強まる。市場ではすでに「3高」の壁に適応する銘柄選びが始動した。

     

    詳細を見る

    円安シナリオが市場で再び広がっている。先週はこれまで低水準で推移してきた米国の長期金利が4年ぶりに大台の3%を突破。円安材料となる日米間の金利差拡大を見越した円売り・ドル買いが膨らみ、円相場は1ドル=109円台まで戻した。

     

    詳細を見る

    価格上昇が続く新築マンション市場。昨年、首都圏で供給されたマンションの平均価格はバブル期並の水準まで上昇した。だが、売れているのは主要駅前のタワーマンションばかり。こうした高額物件が全体の相場を押しあげているのが実態だ。

     

    詳細を見る

    米中貿易摩擦に世界のマーケットが揺れている。日経平均株価は1月に26年ぶり高値を付けた後、2カ月間で1割下落した。米中要人の発言に翻弄され、日米の株価の振れ幅は拡大。目先は北朝鮮情勢や円高による業績減速への懸念が先行している。

     

    詳細を見る

    2000年代に入り、中国などとともに新興成長国「BRICs」の一員と位置づけられた巨象・インド。政治の混乱や法制度の不備などで成長力が鈍化したが、今、再び成長力を増している。成長をけん引するキーワードは「I・N・D・I・A」だ。

     

    詳細を見る

    フェイスブックの個人情報の不正流出発覚から約1カ月。一時はフェイスブックだけでなく、アマゾンドットコム、アップル、ネットフリックス、グーグルの「FAANG」銘柄は軒並み株価を下げたが、すでに回復に向かっている。下落局面を絶好の買い場とみた投資家が、ここぞとばかりに買い増したからだ。

     

    詳細を見る

    1人で行動する人が増えている。15歳以上の人口に占める単身者の割合は2040年に約47%に上り、約半数が独身という「超ソロ社会」が到来しつつある。バブル後の経済低迷や女性の社会進出、高齢化など様々な要因があるが、人間関係の煩わしさから生涯未婚を選ぶ動きもソロ化に拍車をかける。

     

    詳細を見る

    「日本株は割安」。多くの海外投資家がそう指摘するが、日本株を大きく買い増す動きにはつながってない。上場企業は最高益を更新したが、中長期志向の海外投資家はなお日本株の組み入れに慎重だ。短期・逆張りに偏重する個人投資家、淘汰されない上場企業、割高な投資コスト……。

     

    詳細を見る

    トランプ米大統領が中国製品に高関税を課す制裁措置を正式に表明したのを受け、世界の金融市場は「トランプ・ショック」に揺れた。リーマン・ショック、東日本大震災、英国の欧州連合(EU)離脱決定……。08年に創刊した日経ヴェリタスの10年は過去にないリスクに直面し続けた日々だった。

     

    詳細を見る

    2017年に2800万人を超えた訪日外国人。政府は20年に4000万人の達成を掲げる。実現すれば13年の1000万人突破からわずか7年で訪日客は4倍に増加。訪日客消費は8兆円に達し、17年比で約2倍となる。20年まであと2年。

     

    詳細を見る

    2020年は日本にとって大きな節目の年となりそうだ。東京五輪・パラリンピック開催をにらみ、人工知能(AI)や自動運転といった近未来の技術が続々とお目見えする。1964年の東京五輪では通信や道路・鉄道インフラの整備が進み、高度経済成長の礎となった。

     

    詳細を見る

    日銀が今春、新執行部を発足させ、新たなスタートを切る。政府が提示した黒田東彦総裁続投などの人事案は、大規模緩和の継続と、円安・株高の持続という市場の安定を狙う意図が反映された。政権の意図を無視できない日銀は、簡単には身動きがとれない。

     

    詳細を見る

    投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本企業の間で自己資本利益率(ROE)重視の流れが定着してきた。稼ぐ力の改善を背景に上場企業の2017年度の予想ROEは目安の8%を超え、10%台の米欧の背中もみえてきた。しかし稼ぐ力が過去最高の水準に高まった結果、黙っていると利益の蓄積で資本が膨らむジレンマを抱える。いわば「メタボ資本」問題だ。

     

    詳細を見る

    株高や起業家の増加を背景に新しい富裕層「ネオリッチ」が台頭してきた。彼らの消費行動はバブル期とは異なり、日常生活に派手さはないものの、こだわりがあり、気に入ったサービスやモノには多額の資金投入も惜しまないというもの。

     

    詳細を見る

    21年ぶりの株高を牽引する、高い稼ぐ力をもつ企業群を日経記者が緊急点検!これらの企業は、大企業やIT企業に限られない。グローバルニッチ技術を磨く企業や、オーナー系だからこそ大胆な改革を打ち出せた会社など様々。株価好調の要因を鋭く読み解き個人投資家たちにも話題を呼んだ日経ヴェリタス特集をアップデート、再編集して刊行する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    MEMS(微小電子機械システム)の世界的な第一人者、ヤヌス・ブリゼック氏はウエアラブル端末や自動車の安全運転システムの普及などを背景に、現在約100億個程度のセンサーの世界需要が、10年後には1兆個に増えると予言する。特に期待できるのが医療分野…

     

    詳細を見る

    半導体株が空前のブームに沸いている。半導体メーカーなどで構成する、米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1100を超え、2000年のITバブル期以来となる高値を連日更新している。データセンターやスマートフォン向けの実需が拡大するうえ、IoTや自動運転車への期待が募る。

     

    詳細を見る

    コンピューターウイルスが世界で猛威をふるっている。5月に発生した身代金要求型ウイルスの「ワナクライ」は世界150カ国、20万件と過去最大規模の被害を与えた。欧米の大手企業のほか、日本でも日立製作所(6501)やホンダ(7267)が攻撃され、工場の一部停止などを招いた。

     

    詳細を見る

    287件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ