日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    304件中 1〜20件表示

     

     

    緩やかな経済成長と金融緩和に支えられた「適温相場」の終わりが近づいている。個人投資家を待ち受けるのは、目まぐるしく相場の方向性が変わる「変温相場」だ。来たるべき変温相場にどう備え、乗り越えればよいのか。全天候型の銘柄選定や資産構成の見直し方法など、ポスト適温時代の投資術を探った。

     

    詳細を見る

    超高齢社会に突入した日本。男性の4人に1人、女性の2人に1人が90歳まで生きる。年をとってから暮らしに困る事態を避けるには、元気に生活できるうちに資産を積み上げ、長持ちさせる手立てを考えておく必要がある。人生の後半戦に備え、今から始められる資産寿命の延ばし方を探る。

     

    詳細を見る

    世界経済に大混乱をもたらしたリーマン・ショックから間もなく10年。大手金融に潤沢な自己資本の確保を求める規制は強化され、金融システムは安定している。貿易戦争や新興国不安を抱えながら、世界経済も堅調だが油断は禁物だ。

     

    詳細を見る

    米国発の貿易戦争や新興国通貨安の連鎖、中国経済など、様々な「霧」が日本株相場を取り巻いている。だが、日本企業の業績は好調で、米国株も上昇基調を続ける。浮かび上がるのは、今年度末に向けて日経平均株価が2万4000円超の高値を再び目指すというシナリオだ。

     

    詳細を見る

    貿易戦争が企業業績の拡大に影を落とし始めた。日経ヴェリタスでは輸出関連を中心に約70社に緊急アンケートを実施。自社に「何らかの悪影響がある」との回答が7割を超えた。足元では好調な決算が続くが、貿易戦争の影響が本格化するのは夏以降。企業を覆う貿易戦争への不安は何か。その実態を解き明かす。

     

    詳細を見る

    社歴が50年以上の「おじさん企業」が躍進している。東証1部上場企業のうち、2019年3月期の連結純利益が最高となる東証1部上場企業は385社。このうち約6割がおじさん企業だ。復活・躍進を遂げ、華麗に変身したおじさん企業を、(1)体質改善、(2)高級路線

     

    詳細を見る

    米中貿易戦争が深刻化する中、中国経済の減速感が高まっている。足元では日本株が2万4000円超えをうかがうなど影響は限られるが来年以降、一段の株高を見込むうえで大きなハードルとなる可能性がある。足元の中国経済のリスクの深度を点検し、世界経済へのインパクトを探った。

     

    詳細を見る

    人手不足が深刻さを増す中、日本で働く外国人が増え続けている。それでも日本の人口は減り続け、人手不足は解消されない。政府も外国人労働者の受け入れを拡大する方針に転換した。外国人労働者は定住者として日本の消費も担う。

     

    詳細を見る

    市場が最大の関心をそそぐ政治の秋がやってきた。9月20日の自民党総裁選を皮切りに10月にはドイツ州議会選、英国の欧州連合(EU)離脱交渉、そして11月には米トランプ政権の信任投票を意味する米中間選挙が迫る。米中間選挙は共和党の苦戦も予想されるなか、その勝敗は米景気や世界の投資マネーの行方も左右する。

     

    詳細を見る

    米ドルが独走している。日米欧でいち早く金融緩和から脱した米国。経済の拡大は続き、利上げ路線も続く。米国発の貿易戦争も今のところ、各国の景気下触れ懸念からドル相場を押し上げている。いわば米1強時代だ。ただ、長く好調な米国経済には循環的な景気減速も意識される。

     

    詳細を見る

    適温相場が終わり、市場を取り巻く情勢が刻々と変わるなか、金融資産1億円以上を築いた「億り人」は今、何を考え、どんな銘柄を狙っているのか。個人投資家1000人調査で明らかになった1億円長者と一般投資家の違いとは。

     

    詳細を見る

    米トランプ政権に端を発する貿易摩擦がエスカレートしている。中国との追加関税の応酬に終わりは見えず、市場は一喜一憂を繰り返している。日経ヴェリタスでは今回、株のプロ約30人に緊急アンケートを実施、視界不良の年後半の世界景気や株式市場の行方を聞いた。

     

    詳細を見る

    2017年に2800万人を超えた訪日外国人。政府は20年に4000万人の達成を掲げる。実現すれば13年の1000万人突破からわずか7年で訪日客は4倍に増加。訪日客消費は8兆円に達し、17年比で約2倍となる。20年まであと2年。

     

    詳細を見る

    1人で行動する人が増えている。15歳以上の人口に占める単身者の割合は2040年に約47%に上り、約半数が独身という「超ソロ社会」が到来しつつある。バブル後の経済低迷や女性の社会進出、高齢化など様々な要因があるが、人間関係の煩わしさから生涯未婚を選ぶ動きもソロ化に拍車をかける。

     

    詳細を見る

    日本版金融ビッグバンの開始から20年あまり。今、新たな金融ビッグバンが始まりつつある。前回は規制緩和がメガ再編や異業種参入を促した。今回の起爆剤はIT企業だ。19日に上場するメルカリやLINE、ヤフーなどのIT大手は、銀行業の本丸ともいえる決済や送金、融資といった分野に切り込み、銀行の領域を侵食。

     

    詳細を見る

    2014年開始の少額投資非課税制度(NISA)。投資家は何を基準にNISA口座を選ぶべきか、主要22社を比較した。「日経e新書」シリーズ。

     

    詳細を見る

    投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    15年ぶりに1万9000円台に乗った日経平均株価。株価2万円時代を目前に控え、個人で億円単位の資産を持つ「ツワモノ投資家」は今、市場の何を見て、どう動いているのか…

     

    詳細を見る

    「ESG投資」が日本でも動き出す。ESGとは「環境」「社会」「企業統治」。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株のESG指数を今春までに選定するほか、運用会社にもESGに関して企業との「対話(エンゲージメント)」強化を求め始めた。運用会社や企業の側でもESGへの取り組みを相次ぎ強化。

     

    詳細を見る

    304件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ