日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    224件中 1〜20件表示

     

     

    米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月利上げを決めた。一方、日銀はゼロ%前後としている長期金利の目標を引き上げる考えはないとし、開く日米金利差が円安・ドル高を促すはずだが、円相場は膠着状態にある。それは円安・ドル高になるべき状況にありつつ、複数の不透明要素の霧が晴れないからだ。

     

    詳細を見る

    米ダウ工業株30種平均が25日、史上初めて2万ドルの大台に乗せた。トランプ米新政権の財政拡張政策への期待が先行。一時、高まっていた保護主義のリスクを横目に、市場は米国経済が「リフレ」にむかい、企業業績に好影響を与えると評価した。

     

    詳細を見る

    連日で過去最高値を更新する米国株を尻目に、日本株は節目の2万円を前に足踏みが続く。だが足元で着実に変化は起きている。背景には「金融から財政へ」という大きなうねり。緩和マネーが相場全体を支える時代は終わりを迎え、個別株で成長力に差が付く局面に移りつつある。

     

    詳細を見る

    トランプ大統領が日銀の金融政策を「円安誘導」だと批判する過激な発言で日経平均株価は1万9000円を割り込んだ。長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは3日、一時年0.150%を付け、マイナス金利政策導入を決めた昨年1月29日以来の高水準に急騰した。

     

    詳細を見る

    建設コストや地価の高騰を背景に、既に一般のサラリーマン層には高すぎる水準に達していた首都圏のマンション価格。支えになっていた相続対策や投資を目的とした富裕層の需要も、ここに来て息切れ気味だ。だが価格破壊者の不在や異常な低金利は、「売れ行きは悪いが価格は下がらない」という

     

    詳細を見る

    「米国第一」を掲げるトランプ米新政権の発足で、世界で政治、地政学リスクが一気に噴き出す恐れが出てきた。南シナ海、中東情勢、欧州のポピュリズム…。国益をむき出しにし、戦後の国際協調体制に転換を迫るトランプ氏に、投資マネーは警戒モードに。

     

    詳細を見る

    株式売買手数料の自由化とともに成長してきたネット証券。既に個人の売買代金の9割はネット証券会社経由。対面型証券の牙城を切り崩してきたネット証券だが足元では新規口座の伸びが鈍る。次の成長分野と照準を定めるのは個人の長期マネー。

     

    詳細を見る

    環太平洋経済連携協定(TPP)離脱、北米自由貿易協定(NAFTA)は再交渉——。「米国第一」を掲げ、通商ルールを次々と書きかえるトランプ大統領に企業が翻弄されている。焦点の税制改革では輸入に課税する「税の国境調整」の検討が進む。

     

    詳細を見る

    トランプ氏が第45代米大統領に就任し、「米国第一」を掲げる新政権が始動した。就任前の奔放な発言に振り回された市場。「トランプ大統領」という現実が世界経済にもたらすのは光か影か。トランプ大統領の経済政策「トランプノミクス」を徹底検証する。

     

    詳細を見る

    2030年は団塊世代が80歳を超え、人口構造が大きく変化する一方で、AIが自律的に知識を獲得し始める。社会と技術の構造変化が交差し、政府も目標に据える年が2030年だ。そのとき、投資の主役となっているのはどんな銘柄だろうか。「日本が抱える課題こそ、国も後押ししやすいのではないか」——。

     

    詳細を見る

    投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    金融から財政へと、経済政策を転換させるトランプ次期米大統領の誕生は、金融緩和の限界を意識し、低成長・低インフレが続くと覚悟していた市場の空気を一変させた。より大きな景気の変動に目配りすると、米景気は長期と短期の循環がどちらも上向く「黄金期」の入り口にある。歴史的な波動の入り口にあるのは日本も同じだ。

     

    詳細を見る

    「ESG投資」が日本でも動き出す。ESGとは「環境」「社会」「企業統治」。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株のESG指数を今春までに選定するほか、運用会社にもESGに関して企業との「対話(エンゲージメント)」強化を求め始めた。運用会社や企業の側でもESGへの取り組みを相次ぎ強化。

     

    詳細を見る

    2014年開始の少額投資非課税制度(NISA)。投資家は何を基準にNISA口座を選ぶべきか、主要22社を比較した。「日経e新書」シリーズ。

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    世界第2位の経済大国だが、景気減速が鮮明になり「中高速成長」に移行する中国。過剰な設備投資で膨らんだバブルがはじけ、大調整期に入る。重厚長大産業の大幅なリストラで雇用にも不安が残るが、都市部の中間所得層を担い手とする消費の拡大に期待が膨らむ。

     

    詳細を見る

    時ならぬポケモノミクスに沸く7月の株式市場。そーせいグループやミクシィの大株主に名を連ねる個人投資家の五味大輔氏は、11日の寄り付きで任天堂株を買うかどうか悩み、結局は見送った。自分のスタイルである長期投資にはそぐわないという結論に達したからだ。

     

    詳細を見る

    トランプラリーを追い風に日経平均株価の高値更新が続く。けん引役は海外投資家の買い戻し。銀行株や輸出関連株の値上がりが際立つ。ただ、いつまでもこの相場が続くとの見方は多くはない。既に一部投資家は業績好調な成長株の発掘に動いている。

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    224件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ