日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    313件中 1〜20件表示

     

     

    10日の米国株急落から始まった世界同時株安に収束の兆しがみえない。米中貿易戦争、中国減速、サウジ問題、揺らぐ「米1強」——。弱気ニュースが世界を駆け巡り、市場は悲観一色に染まる。だが、ここで冷静になって考えてみると世界経済の成長シナリオは根本から変わったのだろうか。

     

    詳細を見る

    上場企業の決算発表がピークを迎えている。今年は米中貿易戦争や中国景気の減速懸念など先行き不透明感が強く、経営者の今期の業績見通しは例年に増して慎重になっている。ただ、足元は好調にもかかわらず、先々のリスク要因を挙げて通期見通しを据え置いた企業の中に「隠れ好調」企業が潜んでいる。

     

    詳細を見る

    このほど行われた米中間選挙では、与党・共和党から野党・民主党が下院の過半数議席を奪い、「ねじれ議会」が現実となった。民主党との政策協調でインフラ投資が拡大するなどの期待がある一方、法案審議などの停滞からトランプ大統領が通商・外交政策の強硬姿勢を強め

     

    詳細を見る

    投資信託が変革期を迎えている。安定した収益や低コストの商品の販売が増加。背景にあるのは金融庁の「投資家本位」の大方針だ。今年から各金融機関は共通の成果指標(KPI)を開示することになった。投資家本位の姿勢はこれまで何度も求められてきたが、取り組みは不十分だった。

     

    詳細を見る

    4〜9月期決算、米中間選挙という重要イベントを波乱なく通過すれば株価は上昇に転じる——。多くの市場参加者が想定していた年末株高のシナリオがここに来て急速にしぼんでいる。直接的なきっかけは米ハイテク株の失速だが、根底にあるのは世界景気のピークアウト懸念だ。

     

    詳細を見る

    株を上場して投資家からリスクマネーを調達し、さらなる成長をめざす——。上場市場が果たしてきた役割が今揺らいでいる。有望ベンチャー企業は規制が緩く、資金の出し手が群がる未公開市場に走る。既存上場企業は非効率な経営から抜け出せず、上場後に1度もエクイティファイナンスをしない企業も多い。

     

    詳細を見る

    米国株の大幅安を端緒に日本、アジア、欧州の同時株安に発展した今回の急落劇。直接的なきっかけは米金利高で、機械的な売りが下げを増幅した。しかし株安の真因は米中貿易戦争が一段と不確実性を増したことにある。実体経済への影響を確認しない段階での悲観論は現実味にかける。

     

    詳細を見る

    投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    金融資産1億円を持つ長者たちはどうやって金融資産を築いたのか。個人投資家1000人調査から見えてきたのは、デフレや相次ぐ金融危機に負けず、独自の「勝ちパターン」を持つ投資家たちの堅実なスタイルだ。数年単位の中長期投資で、8割が日本株に投資するなどリスクをとりながら

     

    詳細を見る

    日経平均株価が2万円台を回復し、1996年末以来20年9カ月ぶりの高値に迫っている。技術力や値上げ力などを通じて、日本企業の収益力は高まっている。国内経済は戦後2番目の長さの景気拡大が実現する日も近い。一方、米国経済、中国経済などに下振れリスクもある。

     

    詳細を見る

    仮想通貨取引所大手、コインチェックで580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」流出が発覚してから2日でちょうど1週間。保有者に460億円の補償が発表されたが、市場の動揺はなお収まらない。業務改善命令を出した金融庁も報告期限前の異例の立ち入り検査に踏み切った。

     

    詳細を見る

    2017年に2800万人を超えた訪日外国人。政府は20年に4000万人の達成を掲げる。実現すれば13年の1000万人突破からわずか7年で訪日客は4倍に増加。訪日客消費は8兆円に達し、17年比で約2倍となる。20年まであと2年。

     

    詳細を見る

    米国発の貿易戦争や新興国通貨安の連鎖、中国経済など、様々な「霧」が日本株相場を取り巻いている。だが、日本企業の業績は好調で、米国株も上昇基調を続ける。浮かび上がるのは、今年度末に向けて日経平均株価が2万4000円超の高値を再び目指すというシナリオだ。

     

    詳細を見る

    急成長するスポーツ産業を世界のIT(情報技術)の巨人企業が狙い始めた。米アマゾン・ドット・コムや中国のアリババ集団などは放映権獲得や映像配信などを通じて、スポーツ市場の開拓を進めている。日本でも2020年の東京五輪を控え、IT・通信分野などの企業が続々とスポーツ分野に参入する。

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    サントリー食品インターナショナルや第一生命保険など2014年も国境を越えたM&A(合併・買収)が話題を呼んだ。その陰で、実は中堅・中小企業の買収を繰り返し、成長している「知られざるM&A巧者」も少なくない…

     

    詳細を見る

    2012年に始まった「アベノミクス相場」。気がつけば円はドルに対して約40円も下がり、昨年12月には約7年ぶりに1ドル=120円台に。足元はやや一服しているものの、為替市場の専門家たちは「円安局面はまだ続く」と口をそろえる。これまで外貨と無縁だった人は、どうやって最初の一歩を踏み出せばよいのだろうか…

     

    詳細を見る

    世界的な金融緩和にせき立てられるように、先進国を中心とした株式市場にマネーが流れ込んでいる。その中心になっているのが日本市場だ。日本株マーケットの値動き、買われる銘柄の顔ぶれを見ると、これまでにないトレンドも見られる。相場の先行きの展望とともに、銘柄選別の新たなもの差しを分析…

     

    詳細を見る

    313件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ