日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    238件中 1〜20件表示

     

     

    半導体株が空前のブームに沸いている。半導体メーカーなどで構成する、米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1100を超え、2000年のITバブル期以来となる高値を連日更新している。データセンターやスマートフォン向けの実需が拡大するうえ、IoTや自動運転車への期待が募る。

     

    詳細を見る

    日経平均株価は2万円の大台を射程に入れた。2015年6月のバブル後最高値(2万0868円)を付けた局面と今回が異なるのは、円安の追い風を受けていない点だ。為替に揺さぶられず、独自の事業モデルで稼ぐ日本企業は強くなり、2018年3月期も連続最高益を見込む。

     

    詳細を見る

    孫正義氏率いるソフトバンクグループ(9984)がオイルマネーを取り込み、10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を本格始動する。孫氏は米ヤフーや中国・アリババ集団を無名時代に見いだし、莫大な利益を稼いできた。その動向に市場の注目が集まるが、巨大ファンドの成否はソフトバンクの命運も左右する。

     

    詳細を見る

    インデックスなど指数に連動したパッシブ投信の比率が高まっている。緩和マネーが株式市場を底上げするなか、コストのかさむアクティブ投信の半数以上がパッシブに負けている状態だ。多様なインデックス開発が進み、より進化しながらも手数料が安くパフォーマンスの良いパッシブ運用が続々と登場してきている。

     

    詳細を見る

    トランプラリーで一時的に沸いた先進国市場で停滞感が強まるなか、新興国市場が元気だ。勃興しているのはこれまでの資源頼みの経済を改め、強いリーダーのもとで構造改革に邁進する「改革派新興国」。投資マネーを引き付け、株・通貨・債券がそろって上昇するトリプル高も実現する。

     

    詳細を見る

    約20年にわたりデフレが続いてきた日本経済。消費者の財布のひもは相変わらず固く、日銀が目標とする物価上昇率2%も遠い。だが機能を一新して着実に値上げを実現し、需要も伸ばしているものがある。例えば消費者の「健康」志向を捉えた機能性ヨーグルトや健康効果をうたったチョコレートなどだ。

     

    詳細を見る

    2000年以降に成人した若者を指すミレニアル世代が、投資の既成概念を打ち破ろうとしている。物心ついたときからパソコンやスマートフォンを使いこなしてきた新世代は、スマート(Smart)な投資スタイルが特徴だ。売り手の論理を妄信せず、自ら情報をつかみ取って投資戦略を組み立てる。

     

    詳細を見る

    3日の米連邦公開市場委員会(FOMC)も4月末の欧州中央銀行(ECB)理事会も、それぞれ金融政策の維持を確認した。未曽有の金融緩和政策から、それぞれ想定した路線で出口に向けて歩みを進めようとしている。一方、日本は景気拡大期にありながら、目標とする消費者物価2%は遠い。

     

    詳細を見る

    欧州市場にマネーが回帰している。フランス大統領選で親・欧州連合(EU)のマクロン氏が勝利。ポピュリズム(大衆迎合主義)の嵐が収まり、政治リスクが後退したのを機に投資家心理は強気に転じ、通貨ユーロは対ドルで年初来高値をつけた。景況感の改善も後押しする。ユーロ復活は本物か。

     

    詳細を見る

    トランプ米政権誕生から100日間のハネムーン(蜜月)期間がまもなく終わる。期待を集めていたインフラ投資や減税策は具体化されず、市場は一時の陶酔から覚めている。トランプ相場はこれで失速するのか。日経ヴェリタスでは日米のエコノミストや投資家にトランプ氏の政権運営を7つのテーマで評価してもらい

     

    詳細を見る

    上場企業の2016年度の配当総額は10兆円を大きく超え、主力企業では純利益の3分の1程度を配当する「3分の1配当」時代が到来した。とくに市場の注目を集めるのが、着実に業績を伸ばし、増配を続ける連続増配株だ。トランプ相場の息切れ感が強まる中で、増配株投資がまさに花開こうとしている。

     

    詳細を見る

    米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月利上げを決めた。一方、日銀はゼロ%前後としている長期金利の目標を引き上げる考えはないとし、開く日米金利差が円安・ドル高を促すはずだが、円相場は膠着状態にある。それは円安・ドル高になるべき状況にありつつ、複数の不透明要素の霧が晴れないからだ。

     

    詳細を見る

    2014年開始の少額投資非課税制度(NISA)。投資家は何を基準にNISA口座を選ぶべきか、主要22社を比較した。「日経e新書」シリーズ。

     

    詳細を見る

    216円特価151円で販売中! 投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    10月1日に人民元がSDR(IMFの特別引き出し権)構成銘柄に採用され、名実ともに国際通貨になった。ただ中国経済は様々な問題を抱えている。8月には不動産バブルが再燃し、主要都市が急きょ購入制限に踏み切った。

     

    詳細を見る

    株式売買手数料の自由化とともに成長してきたネット証券。既に個人の売買代金の9割はネット証券会社経由。対面型証券の牙城を切り崩してきたネット証券だが足元では新規口座の伸びが鈍る。次の成長分野と照準を定めるのは個人の長期マネー。

     

    詳細を見る

    欧州を相次ぎ政治リスクが襲う。仏独で相次ぐ大型選挙、ブレグジット、トランプ米政権の新たな対欧外交、ギリシャの債務問題……。ポピュリズムに昨年ほどの勢いは見えないが、移民問題や域内格差の拡大など深刻な問題の解決も遠い。内憂外患の欧州がどこに向かうのか、統合を維持できるのか、霧は深まるばかりだ。

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    日経ヴェリタスは個人投資家はもちろんすべての市場参加者にご満足いただける情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙です。

    ※日経ヴェリタスを毎号忘れずに購読したい方は「自動継続購読(予約)」機能のご利用をおすすめします。
    「自動継続購読」とは?

     

    詳細を見る

    238件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ