日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    294件中 1〜20件表示

     

     

    適温相場が終わり、市場を取り巻く情勢が刻々と変わるなか、金融資産1億円以上を築いた「億り人」は今、何を考え、どんな銘柄を狙っているのか。個人投資家1000人調査で明らかになった1億円長者と一般投資家の違いとは。

     

    詳細を見る

    世界の消費市場でネットとリアルの融合が進み始めた。米アマゾン・ドット・コムは昨年、米高級スーパーを買収し、今年に入り無人店も展開。中国のネットの巨人、アリババ集団も自前のショッピングセンター開業でリアル取り込みを急ぐ。

     

    詳細を見る

    「日本株は割安」。多くの海外投資家がそう指摘するが、日本株を大きく買い増す動きにはつながってない。上場企業は最高益を更新したが、中長期志向の海外投資家はなお日本株の組み入れに慎重だ。短期・逆張りに偏重する個人投資家、淘汰されない上場企業、割高な投資コスト……。

     

    詳細を見る

    日本版金融ビッグバンの開始から20年あまり。今、新たな金融ビッグバンが始まりつつある。前回は規制緩和がメガ再編や異業種参入を促した。今回の起爆剤はIT企業だ。19日に上場するメルカリやLINE、ヤフーなどのIT大手は、銀行業の本丸ともいえる決済や送金、融資といった分野に切り込み、銀行の領域を侵食。

     

    詳細を見る

    世界金融危機から10年。いち早く景気回復局面に入った米国で物価が上昇し始めた。トランプ米大統領が推進する大型減税・歳出拡大や、貿易戦争による原材料高、中東政策変更による原油高などが相まって物価指標を押し上げる「トランプインフレ」の様相を呈す。

     

    詳細を見る

    原油の先高観が復活してきた。米国の対イラン制裁による供給不足をにらみ、6月22日に開かれた石油輸出国機構(OPEC)総会では具体的な増産規模が明示されない「玉虫色」決着となった。供給懸念は消えず、原油価格は再び上昇に転じた。

     

    詳細を見る

    中国やロシアなど独裁的な強権国家が勢いを増している。大衆迎合主義(ポピュリズム)や保護主義の台頭で退潮する民主国家とは対照的だ。だが市場は強権国家の抱える低生産性や権力乱用リスクなどの弊害を嫌い、投資マネーは逃避していく。市場が浮き彫りにする独裁の問題点を探る。

     

    詳細を見る

    米トランプ政権に端を発する貿易摩擦がエスカレートしている。中国との追加関税の応酬に終わりは見えず、市場は一喜一憂を繰り返している。日経ヴェリタスでは今回、株のプロ約30人に緊急アンケートを実施、視界不良の年後半の世界景気や株式市場の行方を聞いた。

     

    詳細を見る

    1人で行動する人が増えている。15歳以上の人口に占める単身者の割合は2040年に約47%に上り、約半数が独身という「超ソロ社会」が到来しつつある。バブル後の経済低迷や女性の社会進出、高齢化など様々な要因があるが、人間関係の煩わしさから生涯未婚を選ぶ動きもソロ化に拍車をかける。

     

    詳細を見る

    好調な外需や歴史的に小動きだった円相場を追い風に空前の好決算となった2018年3月期の企業収益。打って変わって19年3月期見通しは濃い霧に包まれている。円相場、人件費、原燃料の3つの「高」が圧迫し、収益は踊り場感が強まる。市場ではすでに「3高」の壁に適応する銘柄選びが始動した。

     

    詳細を見る

    仮想通貨バブルに高リスクの不動産投資。新手の金融商品が現れるたびにトラブルが相次ぐ。日本人の金融常識は低いのか。将来に不安を持つ若い世代の投資トラブルが急増し、中高年世代は長い老後への備えを迫られている。過去20年のデフレ時代に培った投資のモノサシが通じなくなるとすれば、新しい「金融力」が必要だ。

     

    詳細を見る

    2017年に2800万人を超えた訪日外国人。政府は20年に4000万人の達成を掲げる。実現すれば13年の1000万人突破からわずか7年で訪日客は4倍に増加。訪日客消費は8兆円に達し、17年比で約2倍となる。20年まであと2年。

     

    詳細を見る

    フェイスブックの個人情報の不正流出発覚から約1カ月。一時はフェイスブックだけでなく、アマゾンドットコム、アップル、ネットフリックス、グーグルの「FAANG」銘柄は軒並み株価を下げたが、すでに回復に向かっている。下落局面を絶好の買い場とみた投資家が、ここぞとばかりに買い増したからだ。

     

    詳細を見る

    価格上昇が続く新築マンション市場。昨年、首都圏で供給されたマンションの平均価格はバブル期並の水準まで上昇した。だが、売れているのは主要駅前のタワーマンションばかり。こうした高額物件が全体の相場を押しあげているのが実態だ。

     

    詳細を見る

    トランプ米大統領が中国製品に高関税を課す制裁措置を正式に表明したのを受け、世界の金融市場は「トランプ・ショック」に揺れた。リーマン・ショック、東日本大震災、英国の欧州連合(EU)離脱決定……。08年に創刊した日経ヴェリタスの10年は過去にないリスクに直面し続けた日々だった。

     

    詳細を見る

    2000年代に入り、中国などとともに新興成長国「BRICs」の一員と位置づけられた巨象・インド。政治の混乱や法制度の不備などで成長力が鈍化したが、今、再び成長力を増している。成長をけん引するキーワードは「I・N・D・I・A」だ。

     

    詳細を見る

    円安シナリオが市場で再び広がっている。先週はこれまで低水準で推移してきた米国の長期金利が4年ぶりに大台の3%を突破。円安材料となる日米間の金利差拡大を見越した円売り・ドル買いが膨らみ、円相場は1ドル=109円台まで戻した。

     

    詳細を見る

    投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    時ならぬポケモノミクスに沸く7月の株式市場。そーせいグループやミクシィの大株主に名を連ねる個人投資家の五味大輔氏は、11日の寄り付きで任天堂株を買うかどうか悩み、結局は見送った。自分のスタイルである長期投資にはそぐわないという結論に達したからだ。

     

    詳細を見る

    世界で株高が鮮明になっている。米国市場だけでなく、インドなどでも史上最高値の更新が相次ぐ。世界株高の背景には成長を続ける優良企業の存在があり、日本の投資家にも新たな投資機会になる。海外株投資には、リスクを分散でき、株主還元が手厚いといったメリットもある。

     

    詳細を見る

    294件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ