日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    255件中 1〜20件表示

     

     

    日経平均株価が2万円台を回復し、1996年末以来20年9カ月ぶりの高値に迫っている。技術力や値上げ力などを通じて、日本企業の収益力は高まっている。国内経済は戦後2番目の長さの景気拡大が実現する日も近い。一方、米国経済、中国経済などに下振れリスクもある。

     

    詳細を見る

    北海道拓殖銀行、山一証券の破綻などに端を発する金融危機から間もなく20年を迎える。リーマン・ショックを経て生き残ってきた市場関係者や投資家らは、過去の危機から何を学び、今に生かしているのか。地政学リスクの高まり、米欧中央銀行の金融緩和の縮小といった新たなリスクの芽が見える中

     

    詳細を見る

    今、クルマ産業には4つの変革の波が押し寄せている。コネクテッド(つながるクルマ)、オートノマス(自動運転)、シェアリング、エレクトリシティー(電動化)で、頭文字をとり「CASE」という。CASEは構造転換をもたらす。

     

    詳細を見る

    事業革新で市場を創り出す「イノベーション株=イノベ株」を、今年4月に続き特集する。今までにない発想で社会の課題解決に挑む(1)アイデア型、ITを活用して需要を掘り起こす(2)テック型、小さな市場でも唯一無二の技術で高いシェアを持つ(3)超ニッチ型、の3タイプのイノベ株を15銘柄取り上げる。

     

    詳細を見る

    世界で急膨張するアマゾン・ドット・コム。今年、日本、ドイツ、英国で一斉に生鮮品販売にも参入し、ニッポンの流通大手の目の色が変わった。リアルとネットが融合するなかで、店で、ネットで、いかに消費者に選んでもらうのか。

     

    詳細を見る

    日経平均株価は13日、9日続伸を演じ、21年ぶりの高値を付けた。円安を追い風に一段高を期待する声も多い。だが、歴史的な株高の裏側でいびつな現象も起きている。例えば割高・割安をはかるPBR(株価純資産倍率)は東証1部で1.3倍にとどまる。米国(2.3倍)やドイツ(1.8倍)に比べ格段に低い。

     

    詳細を見る

    米欧で、リーマン危機後から続いた金融緩和の縮小が本格化する。北朝鮮リスクやトランプ米政権の混乱などが依然世界経済の先行きに影を落とす中、米欧中銀トップが方向転換を急ぐのは、あふれ出た緩和マネーが資産価格の高騰を招き、バブルの様相を呈し始めているためだ。

     

    詳細を見る

    炭素繊維やリチウムイオン電池、青色LEDなど日本企業が開発、実用化した素材や部材が世界中のあらゆる製品に使われ、高いシェアを握っている。短期の利益にとらわれず、長期視点で研究開発に取り組み、地道に欠点を消していく日本企業の戦略が、素材力を世界レベルに押し上げてきた。

     

    詳細を見る

    日経平均株価が連騰記録をかさね、21年ぶりの高値水準にまで上昇した。上げ要因として政策期待や円安を指摘する声も多いが、より本質的には企業の稼ぐ力が飛躍的に高まったのが大きい。過去20年ほどで2度にわたる金融危機に直面した企業は構造改革を深化させ、1株利益は21年前の4倍弱に拡大した。

     

    詳細を見る

    上昇を続けてきた不動産の価格が上げ止まってきた。新築マンションは首都圏の「億ション」など一部を除くと販売価格の天井感が強まり、一部では値下げの動きも出てきた。実需を離れて高額になった中古マンションはすでに関西地方で価格が低下に転じてきた。

     

    詳細を見る

    金融資産1億円を持つ長者たちはどうやって金融資産を築いたのか。個人投資家1000人調査から見えてきたのは、デフレや相次ぐ金融危機に負けず、独自の「勝ちパターン」を持つ投資家たちの堅実なスタイルだ。数年単位の中長期投資で、8割が日本株に投資するなどリスクをとりながら

     

    詳細を見る

    ロボットの活躍の場が工場から街に広がっている。後押しするのは、技術革新と急激に進む人手不足だ。これまで工場内で単純作業をこなしてきたロボットが、人間の役割を次々と担いつつある。東京都杉並区のニューハート・ワタナベ国際病院では手術ロボットが活躍。

     

    詳細を見る

    7日の東京株式市場では日経平均株価が一時年初来安値を下回った。トランプ政策への期待感が後退し、浮揚力を失っていた株価はシリアや北朝鮮情勢の緊迫化で再び足取りがおぼつかなくなった。不確実性が強まる中、外部環境に左右されず、自力成長する銘柄の選別物色が強みを増す。

     

    詳細を見る

    創業100年以上の長寿企業が世界で最も多い日本。少子高齢化が進む中で、長寿企業は一足先に構造変化の波にさらされてきた。それでも時価総額上位の元気な長寿企業は変化を乗り越え、株価は市場平均を上回る。100周年を迎えたTOTO(5332)は超長期の視点でコツコツ事業を拡大してきた。

     

    詳細を見る

    投資の賢人ウォーレン・バフェットの運用哲学とは? 投資の神髄を探るシリーズ戦略編。日経ヴェリタスの記事を集めて再編集した電子書籍。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    時ならぬポケモノミクスに沸く7月の株式市場。そーせいグループやミクシィの大株主に名を連ねる個人投資家の五味大輔氏は、11日の寄り付きで任天堂株を買うかどうか悩み、結局は見送った。自分のスタイルである長期投資にはそぐわないという結論に達したからだ。

     

    詳細を見る

    2020年に投資の勝ち組になるにはどうしたらいいのか——。日経ヴェリタスと日経CNBCは投資や市場分析のプロら4人を「委員」として招き、2020年を見据えた投資戦略会議を開催した。世界をけん引する米国経済がめまぐるしく変化していく可能性があることから、「米国を軸とした投資戦略」で一致。

     

    詳細を見る

    米ダウ工業株30種平均が25日、史上初めて2万ドルの大台に乗せた。トランプ米新政権の財政拡張政策への期待が先行。一時、高まっていた保護主義のリスクを横目に、市場は米国経済が「リフレ」にむかい、企業業績に好影響を与えると評価した。

     

    詳細を見る

    米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月利上げを決めた。一方、日銀はゼロ%前後としている長期金利の目標を引き上げる考えはないとし、開く日米金利差が円安・ドル高を促すはずだが、円相場は膠着状態にある。それは円安・ドル高になるべき状況にありつつ、複数の不透明要素の霧が晴れないからだ。

     

    詳細を見る

    2000年以降に成人した若者を指すミレニアル世代が、投資の既成概念を打ち破ろうとしている。物心ついたときからパソコンやスマートフォンを使いこなしてきた新世代は、スマート(Smart)な投資スタイルが特徴だ。売り手の論理を妄信せず、自ら情報をつかみ取って投資戦略を組み立てる。

     

    詳細を見る

    255件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ