日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    264件中 1〜20件表示

     

     

    世界で株高が鮮明になっている。米国市場だけでなく、インドなどでも史上最高値の更新が相次ぐ。世界株高の背景には成長を続ける優良企業の存在があり、日本の投資家にも新たな投資機会になる。海外株投資には、リスクを分散でき、株主還元が手厚いといったメリットもある。

     

    詳細を見る

    創薬に大きなうねりが生まれている。バイオ技術の発達により、低分子医薬品が主軸だった創薬は、免疫細胞や遺伝子を活用した開発にシフトしつつある。一方、新薬の開発費は高騰し、大手企業も費用の捻出に苦心する。

     

    詳細を見る

    日本人男性の4人に1人、女性は2人に1人が90代まで生きる時代に突入した。平均寿命は延び続け人生100年時代も視野に入りつつある。長生きすればするほど気になるのは老後に必要なお金の話だ。フィデリティ退職・投資教育研究所によると60歳で定年退職し、95歳で亡くなるまでに必要なお金は1億4000万円超。

     

    詳細を見る

    日経平均株価がついにバブル崩壊後の1996年高値を抜いた。株式市場から見えてくるのは相次ぐ危機を乗り越え、世界で稼ぐ強靱(きょうじん)さを身につけた企業と、デフレ脱却に向かう日本経済への期待を高める投資家の姿だ。

     

    詳細を見る

    日経平均株価は24日、過去に例のない16連騰を記録、27日には約21年ぶりに2万2000円台に乗せた。安定政権の継続を市場は好感。先行き期待からヘッジファンドなどの短期投資家が日本株買いに走った。日本だけではない。中国では共産党大会で習近平総書記が1強体制を確立。上海株式市場も高値に沸いた。

     

    詳細を見る

    仮想通貨ビットコインの熱狂が止まらない。足元では一時、1ビットコイン=70万円強と最高値を更新。時価総額は10兆円を超える。ビットコインの台頭に危機感を強めるのは、これまで決済システムを手中に収めてきたメガバンクだ。仮想通貨に対抗しようと、デジタル通貨の独自発行を目指している。

     

    詳細を見る

    日経平均株価が連騰記録をかさね、21年ぶりの高値水準にまで上昇した。上げ要因として政策期待や円安を指摘する声も多いが、より本質的には企業の稼ぐ力が飛躍的に高まったのが大きい。過去20年ほどで2度にわたる金融危機に直面した企業は構造改革を深化させ、1株利益は21年前の4倍弱に拡大した。

     

    詳細を見る

    今期業績で劇的な復活を果たすソニーと任天堂。ソニーはエレクトロニクス復調で20年ぶりに営業最高益を更新し、任天堂は「ニンテンドースイッチ」の爆発的なヒットで営業利益は前期の4倍強に拡大する。海外に目を転じると米国市場ではイノベーションで急成長する「FANG」が市場を席巻し

     

    詳細を見る

    衆院選後に急伸した日経平均株価だが、心理的な節目の2万3000円を前に足踏みが続く。日本株が一段高を演じるには、米国株の高値更新をけん引するアマゾンやアルファベットのようなゲームのルールを根本から変える「ゲームチェンジャー」が必要だ。その芽はある。

     

    詳細を見る

    21年ぶりの株高を牽引する、高い稼ぐ力をもつ企業群を日経記者が緊急点検!これらの企業は、大企業やIT企業に限られない。グローバルニッチ技術を磨く企業や、オーナー系だからこそ大胆な改革を打ち出せた会社など様々。株価好調の要因を鋭く読み解き個人投資家たちにも話題を呼んだ日経ヴェリタス特集をアップデート、再編集して刊行する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日経平均株価は13日、9日続伸を演じ、21年ぶりの高値を付けた。円安を追い風に一段高を期待する声も多い。だが、歴史的な株高の裏側でいびつな現象も起きている。例えば割高・割安をはかるPBR(株価純資産倍率)は東証1部で1.3倍にとどまる。米国(2.3倍)やドイツ(1.8倍)に比べ格段に低い。

     

    詳細を見る

    北海道拓殖銀行、山一証券の破綻などに端を発する金融危機から間もなく20年を迎える。リーマン・ショックを経て生き残ってきた市場関係者や投資家らは、過去の危機から何を学び、今に生かしているのか。地政学リスクの高まり、米欧中央銀行の金融緩和の縮小といった新たなリスクの芽が見える中

     

    詳細を見る

    日経平均株価が2万円台を回復し、1996年末以来20年9カ月ぶりの高値に迫っている。技術力や値上げ力などを通じて、日本企業の収益力は高まっている。国内経済は戦後2番目の長さの景気拡大が実現する日も近い。一方、米国経済、中国経済などに下振れリスクもある。

     

    詳細を見る

    投資に関わる情報を、日本経済新聞社ならではの視点で提供する週刊投資金融情報紙「日経ヴェリタス」に掲載しているマーケットデータを例に、指標や数字の意味や読み解き方、相場の先行きを占うためのデータの生かし方を易しく解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    金融資産1億円を持つ長者たちはどうやって金融資産を築いたのか。個人投資家1000人調査から見えてきたのは、デフレや相次ぐ金融危機に負けず、独自の「勝ちパターン」を持つ投資家たちの堅実なスタイルだ。数年単位の中長期投資で、8割が日本株に投資するなどリスクをとりながら

     

    詳細を見る

    今、クルマ産業には4つの変革の波が押し寄せている。コネクテッド(つながるクルマ)、オートノマス(自動運転)、シェアリング、エレクトリシティー(電動化)で、頭文字をとり「CASE」という。CASEは構造転換をもたらす。

     

    詳細を見る

    世界で急膨張するアマゾン・ドット・コム。今年、日本、ドイツ、英国で一斉に生鮮品販売にも参入し、ニッポンの流通大手の目の色が変わった。リアルとネットが融合するなかで、店で、ネットで、いかに消費者に選んでもらうのか。

     

    詳細を見る

    「ESG投資」が日本でも動き出す。ESGとは「環境」「社会」「企業統治」。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株のESG指数を今春までに選定するほか、運用会社にもESGに関して企業との「対話(エンゲージメント)」強化を求め始めた。運用会社や企業の側でもESGへの取り組みを相次ぎ強化。

     

    詳細を見る

    米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月利上げを決めた。一方、日銀はゼロ%前後としている長期金利の目標を引き上げる考えはないとし、開く日米金利差が円安・ドル高を促すはずだが、円相場は膠着状態にある。それは円安・ドル高になるべき状況にありつつ、複数の不透明要素の霧が晴れないからだ。

     

    詳細を見る

    世界第2位の経済大国だが、景気減速が鮮明になり「中高速成長」に移行する中国。過剰な設備投資で膨らんだバブルがはじけ、大調整期に入る。重厚長大産業の大幅なリストラで雇用にも不安が残るが、都市部の中間所得層を担い手とする消費の拡大に期待が膨らむ。

     

    詳細を見る

    264件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ