日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    1399件中 1〜20件表示

     

     

    2030年は団塊世代が80歳を超え、人口構造が大きく変化する一方で、AIが自律的に知識を獲得し始める。社会と技術の構造変化が交差し、政府も目標に据える年が2030年だ。そのとき、投資の主役となっているのはどんな銘柄だろうか。「日本が抱える課題こそ、国も後押ししやすいのではないか」——。

     

    詳細を見る

    トランプラリーを追い風に日経平均株価の高値更新が続く。けん引役は海外投資家の買い戻し。銀行株や輸出関連株の値上がりが際立つ。ただ、いつまでもこの相場が続くとの見方は多くはない。既に一部投資家は業績好調な成長株の発掘に動いている。

     

    詳細を見る

    2020年に投資の勝ち組になるにはどうしたらいいのか——。日経ヴェリタスと日経CNBCは投資や市場分析のプロら4人を「委員」として招き、2020年を見据えた投資戦略会議を開催した。世界をけん引する米国経済がめまぐるしく変化していく可能性があることから、「米国を軸とした投資戦略」で一致。

     

    詳細を見る

    信託報酬などのコストが高く、売れるのは「はやり」のテーマを追う毎月分配型ばかり——。独自の進化を遂げ「ガラパゴス」と言われ続けた日本の投資信託市場に、変化の波が押し寄せている。インデックス投信を中心に「コスト革命」とも呼ばれる手数料の引き下げ競争が始まり

     

    詳細を見る

    米連邦準備理事会(FRB)が1年ぶりの利上げを決めた。トランプ次期米大統領の誕生で始まったトランプ相場は最初の関門を通過したことになる。期待先行といわれつつも、米国株は史上最高値を更新し、ドルの実効レートは10数年ぶりの高値圏にはり付く。強気相場の背景にあるのは2つの大きな転換だ。

     

    詳細を見る

    金融から財政へと、経済政策を転換させるトランプ次期米大統領の誕生は、金融緩和の限界を意識し、低成長・低インフレが続くと覚悟していた市場の空気を一変させた。より大きな景気の変動に目配りすると、米景気は長期と短期の循環がどちらも上向く「黄金期」の入り口にある。歴史的な波動の入り口にあるのは日本も同じだ。

     

    詳細を見る

    日銀のマイナス金利導入に英国の欧州連合(EU)離脱決定、米大統領選でのトランプ氏勝利。「まさか」の事態が次々と起こり、市場が大きく揺れた2016年が間もなく暮れようとしている。その荒波に国内、そして海外の個人投資家たちはどう立ち向かったのか。

     

    詳細を見る

    「ESG投資」が日本でも動き出す。ESGとは「環境」「社会」「企業統治」。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株のESG指数を今春までに選定するほか、運用会社にもESGに関して企業との「対話(エンゲージメント)」強化を求め始めた。運用会社や企業の側でもESGへの取り組みを相次ぎ強化。

     

    詳細を見る

    日経電子版の内容・使い方がわかるガイドブック。コンテンツ紹介やスマホ・タブレットでの電子版機能の使い方など、ご利用の際ににお役立てください。

     

    詳細を見る

    新聞と電子版、双方の利点を最大限に活用するためのハンドブックです。それぞれの特徴と、連動した使い方を解説します。

     

    詳細を見る

    利益率1%で突き進み、競合を叩き潰し、急成長を遂げてきた──。アマゾンを率いる創業者でCEO(最高経営責任者)のジェフ・ベゾスの恐るべき戦略、交渉術、生い立ちなどを紹介します。

     

    詳細を見る

    20歳でBoxを創業し、30歳にして世界で最も影響力のある経営者の一人に数えられるレヴィ氏が、米ビジネスの最前線を語る。

     

    詳細を見る

    東京外国為替市場で円相場は1ドル=110円台と6月1日以来の安値を付け、日経平均株価もひとつの節目である1万8000円に一時のせた。市場は様変わりしており、まさにマネーの「ゲームチェンジ」がおきている。

     

    詳細を見る

    特集 おのれ! 間接部門/時事深層 円安・株高・金利高の行方 ラリー継続に2つの“関所”/時事深層 駐車場シェアのベンチャー企業へ出資 トヨタ、カーシェア強化へ布石/時事深層 18年ぶりに投信販売を再開 松井証券、草食投資家にも注力/時事深層 農業改革、「苦渋の調整」の舞台裏 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集1 整理術 決定版/特集2 1000万円 ラクに貯める「5つの方法」/トップランナーに聞く 出口治明 ライフネット生命保険会長/森川亮の日々是進化 人脈作りの基本は「貸し借り」 相手にメリットを提供しよう/藤田晋の成長論 「周囲の協力を得やすい人」は、“人の名前”をたくさん覚えている ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 次代を創る 100人/時事深層 ボタンで購入、レジなしコンビニ… アマゾンが描く小売りの未来/時事深層 トヨタ、新エンジン「外販」の真意/時事深層 出光・昭シェル、「同棲」も難問山積/時事深層 2030年に向けて、攻めの中期経営計画 花王、「世界トップ3入り」の算段 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    アベノミクスの今後、米・中・ロと日本の関係、東京五輪…などの重要テーマを、日経記者が学生に向け解説した講座「日経NEWSキャンパス」。5日間にわたる講義のエッセンスを電子書籍化。

     

    詳細を見る

    「ビジネススクールで学べる経営学は、最先端からかけ離れている!」 米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、世界最先端の経営学から得られるビジネスの見方を、日本企業の事例も豊富にまじえながら圧倒的に分かりやすく紹介。世界の最先端の「知」こそが、現代のビジネス課題を鮮やかに解き明かす。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    名人、棋聖などを含め通算64期のタイトルを獲得した中原誠・将棋名誉王座。修業時代や、数多く繰り広げられた戦いを振り返った自伝決定版。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    鈴木敏文 孤高

    日本を代表する巨大流通コングロマリット、セブン&アイ・ホールディングス。長く同社を率いてきたカリスマ経営者の鈴木敏文氏が、2016年5月に、経営の表舞台から退いた。一人のサラリーマンは、どのようにカリスマ経営者となり、巨大な流通コングロマリットを率いるようになったのか。そしてどんな壁に直面し、長い年月をかけて築き上げた「帝国」を去ることになったのか。本書では2つのアプローチで真相に迫った。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    1399件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ