日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    1437件中 1〜20件表示

     

     

    2030年は団塊世代が80歳を超え、人口構造が大きく変化する一方で、AIが自律的に知識を獲得し始める。社会と技術の構造変化が交差し、政府も目標に据える年が2030年だ。そのとき、投資の主役となっているのはどんな銘柄だろうか。「日本が抱える課題こそ、国も後押ししやすいのではないか」——。

     

    詳細を見る

    米ダウ工業株30種平均が25日、史上初めて2万ドルの大台に乗せた。トランプ米新政権の財政拡張政策への期待が先行。一時、高まっていた保護主義のリスクを横目に、市場は米国経済が「リフレ」にむかい、企業業績に好影響を与えると評価した。

     

    詳細を見る

    トランプ大統領が日銀の金融政策を「円安誘導」だと批判する過激な発言で日経平均株価は1万9000円を割り込んだ。長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは3日、一時年0.150%を付け、マイナス金利政策導入を決めた昨年1月29日以来の高水準に急騰した。

     

    詳細を見る

    「米国第一」を掲げるトランプ米新政権の発足で、世界で政治、地政学リスクが一気に噴き出す恐れが出てきた。南シナ海、中東情勢、欧州のポピュリズム…。国益をむき出しにし、戦後の国際協調体制に転換を迫るトランプ氏に、投資マネーは警戒モードに。

     

    詳細を見る

    建設コストや地価の高騰を背景に、既に一般のサラリーマン層には高すぎる水準に達していた首都圏のマンション価格。支えになっていた相続対策や投資を目的とした富裕層の需要も、ここに来て息切れ気味だ。だが価格破壊者の不在や異常な低金利は、「売れ行きは悪いが価格は下がらない」という

     

    詳細を見る

    金融から財政へと、経済政策を転換させるトランプ次期米大統領の誕生は、金融緩和の限界を意識し、低成長・低インフレが続くと覚悟していた市場の空気を一変させた。より大きな景気の変動に目配りすると、米景気は長期と短期の循環がどちらも上向く「黄金期」の入り口にある。歴史的な波動の入り口にあるのは日本も同じだ。

     

    詳細を見る

    トランプ氏が第45代米大統領に就任し、「米国第一」を掲げる新政権が始動した。就任前の奔放な発言に振り回された市場。「トランプ大統領」という現実が世界経済にもたらすのは光か影か。トランプ大統領の経済政策「トランプノミクス」を徹底検証する。

     

    詳細を見る

    「ESG投資」が日本でも動き出す。ESGとは「環境」「社会」「企業統治」。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株のESG指数を今春までに選定するほか、運用会社にもESGに関して企業との「対話(エンゲージメント)」強化を求め始めた。運用会社や企業の側でもESGへの取り組みを相次ぎ強化。

     

    詳細を見る

    新聞と電子版、双方の利点を最大限に活用するためのハンドブックです。それぞれの特徴と、連動した使い方を解説します。

     

    詳細を見る

    利益率1%で突き進み、競合を叩き潰し、急成長を遂げてきた──。アマゾンを率いる創業者でCEO(最高経営責任者)のジェフ・ベゾスの恐るべき戦略、交渉術、生い立ちなどを紹介します。

     

    詳細を見る

    20歳でBoxを創業し、30歳にして世界で最も影響力のある経営者の一人に数えられるレヴィ氏が、米ビジネスの最前線を語る。

     

    詳細を見る

    日銀のマイナス金利導入に英国の欧州連合(EU)離脱決定、米大統領選でのトランプ氏勝利。「まさか」の事態が次々と起こり、市場が大きく揺れた2016年が間もなく暮れようとしている。その荒波に国内、そして海外の個人投資家たちはどう立ち向かったのか。

     

    詳細を見る

    ≪崖っぷち英語術≫ある日突然、上司が外国人に…。ボーダーレスのビジネス環境に備え、英語力を武器に 2017年を飛躍の年に!英会話スクールに駆け込む、その前に!英語上達を約束する“1週間プログラム”

     

    詳細を見る

    アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、人事評価はどう判断すべきか——。マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日経電子版の内容・使い方がわかるガイドブック。コンテンツ紹介やスマホ・タブレットでの電子版機能の使い方など、ご利用の際ににお役立てください。

     

    詳細を見る

    人工知能が人に代わって働きIoTが第四次産業革命を導く 人工知能、IoT、ビッグデータ…、新しい技術が様々な産業界の競争ルールを変え社会課題を解決していくと注目される現在、それらが一体どんな技術であり、どんな進化を遂げていくのか、あなたは説明できますか?本書では、ビジネスパーソンなら押さえておきたい、人工知能、IoTやそれらを生かしたビジネスに関する22のキーワードをわかりやすく解説します。

     

    詳細を見る

    鈴木敏文 孤高

    日本を代表する巨大流通コングロマリット、セブン&アイ・ホールディングス。長く同社を率いてきたカリスマ経営者の鈴木敏文氏が、2016年5月に、経営の表舞台から退いた。一人のサラリーマンは、どのようにカリスマ経営者となり、巨大な流通コングロマリットを率いるようになったのか。そしてどんな壁に直面し、長い年月をかけて築き上げた「帝国」を去ることになったのか。本書では2つのアプローチで真相に迫った。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 スッポン経営 大和ハウス/時事深層 経営者・専門家が聞いた「トランプ演説」 米国第一主義、7つの読み解き/時事深層 トランプ政権の影響、製造業アンケート 「悪影響」約半数、TPP離脱に懸念/時事深層 東芝、焼け石に水の半導体分社/時事深層 トヨタ、工場で人工知能を活用 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    アベノミクスの今後、米・中・ロと日本の関係、東京五輪…などの重要テーマを、日経記者が学生に向け解説した講座「日経NEWSキャンパス」。5日間にわたる講義のエッセンスを電子書籍化。

     

    詳細を見る

    特集1 最強の仕事術 2017/特集2 副収入でガッチリ稼ぐ「4つの方法」/トップランナーに聞く 小池百合子 東京都知事/森川亮の日々是進化 世界市場で勝ち抜く 「グローバル人材」になるには?/藤田晋の成長論 “世の中の流れ”に敏感な人は“身近な変化”を見逃さない ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    1437件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ