日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    758件中 1〜20件表示

     

     

    半導体株が空前のブームに沸いている。半導体メーカーなどで構成する、米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1100を超え、2000年のITバブル期以来となる高値を連日更新している。データセンターやスマートフォン向けの実需が拡大するうえ、IoTや自動運転車への期待が募る。

     

    詳細を見る

    孫正義氏率いるソフトバンクグループ(9984)がオイルマネーを取り込み、10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を本格始動する。孫氏は米ヤフーや中国・アリババ集団を無名時代に見いだし、莫大な利益を稼いできた。その動向に市場の注目が集まるが、巨大ファンドの成否はソフトバンクの命運も左右する。

     

    詳細を見る

    インデックスなど指数に連動したパッシブ投信の比率が高まっている。緩和マネーが株式市場を底上げするなか、コストのかさむアクティブ投信の半数以上がパッシブに負けている状態だ。多様なインデックス開発が進み、より進化しながらも手数料が安くパフォーマンスの良いパッシブ運用が続々と登場してきている。

     

    詳細を見る

    リゾート開発が加速している。不動産からホテル専業、異業種までさまざまな企業が全国各地でホテル・旅館の立地や新サービスを進め、カジノ誘致にも力を入れる。背景にあるのは訪日外国人客の急増だ。昨年初めて2000万人を超え、今年は5月末時点で過去最速のペースで1000万人を突破。

     

    詳細を見る

    人手不足問題が深刻化している。厚生労働省が6月30日に発表した5月の有効求人倍率は1.49倍で約43年ぶりの高水準だった。完全失業率もバブル期に近づく。ドライバー不足を引き金に陸送大手の業績は悪化。人手不足で廃業に追い込まれる企業も出てきた。

     

    詳細を見る

    約20年にわたりデフレが続いてきた日本経済。消費者の財布のひもは相変わらず固く、日銀が目標とする物価上昇率2%も遠い。だが機能を一新して着実に値上げを実現し、需要も伸ばしているものがある。例えば消費者の「健康」志向を捉えた機能性ヨーグルトや健康効果をうたったチョコレートなどだ。

     

    詳細を見る

    中国経済が一見好調だ。1〜3月の実質国内総生産(GDP)は前年同期比6.9%増。個人消費も伸び、輸出も増えている。だが、好調な中国経済には死角がある。事実上の政府部門の借金による投資や不動産価格の上昇が消費を支え、企業と家計の債務の合計はGDP比で200%を大きく超えた。

     

    詳細を見る

    欧州市場にマネーが回帰している。フランス大統領選で親・欧州連合(EU)のマクロン氏が勝利。ポピュリズム(大衆迎合主義)の嵐が収まり、政治リスクが後退したのを機に投資家心理は強気に転じ、通貨ユーロは対ドルで年初来高値をつけた。景況感の改善も後押しする。ユーロ復活は本物か。

     

    詳細を見る

    コンピューターウイルスが世界で猛威をふるっている。5月に発生した身代金要求型ウイルスの「ワナクライ」は世界150カ国、20万件と過去最大規模の被害を与えた。欧米の大手企業のほか、日本でも日立製作所(6501)やホンダ(7267)が攻撃され、工場の一部停止などを招いた。

     

    詳細を見る

    円安株高で株式投資を始めようと考える投資家も少なくないだろう。日経新聞で掲載した投資に役立つデータと、株価検索など各種ツールの記事をまとめた電子書籍。

     

    詳細を見る

    働き方改革、シルバー民主主義、仏大統領選、韓国新政権——。気鋭の経済学者や識者らが、日本を取り巻く経済問題を詳しく解説・提言する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    海外M&A、人手不足、待機児童問題、軍事研究と大学、金融政策——。気鋭の経済学者や識者らが、日本を取り巻く経済問題を詳しく解説・提言する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    ビジネスパーソンの常識である経済知識と、日々のビジネスで直面する課題解決に必須な考え抜く力。「日経TEST」は、ビジネスで成功するために必要な基礎力を測ります。本書は「日経TEST」唯一の公式本。これまで「公式テキスト」と「公式練習問題集」に分かれていたのを2017-18年版から「テキスト&問題集」に一本化、新たに「入門解説(例題解説)」を加え、ボリュームアップしました。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集1 勝つ投資家大研究/特集2 株主総会&IRイベントで勝率アップ/表紙の人 尾野真千子 女優/Money interview 岡崎良介 金融ストラテジスト/株の達人に聞く 今月の注目銘柄 アナリスト予想が強気な銘柄/クローズアップ企業 出前のポータルサイト 人気過熱、PER100倍超え ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    2014年8月号の「産業トピック」は「地球温暖化や高性能化を背景に成長余地の大きいエアコン」です。電機・精密担当アナリストがエアコンの足元の出荷動向、主要メーカー各社の動向、注目企業などを分析・解説しています。「アナリストの眼」は「拡大するメキシコの自動車生産」です。

     

    詳細を見る

    特集 労基署はもう見逃さない あなたが書類送検される日/時事深層 新生シャープが初の中期経営計画 強気目標に鴻海の焦り/時事深層 セブンなど大手3社、苦肉の日用品値下げ コンビニ飽和感が浮き彫り/時事深層 外部有識者による調達委員会が解散 東電、コスト削減に「ゼロ連結」の壁 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    投資部新主将・渡辺の得意分野は金投資! いまいち金の魅力にピンとこない財前は、渡辺に金投資の極意を叩き込まれる。一方、謎の校務員・ゼンさんの正体がついに明らかに!! ゼンさん曰く、21世紀は、資産を運用できる男がモテるという。さらに、40代で100億円貯めた「蓄財の神様」も登場! 誰でも簡単に成功する貯金テクを大公開!! 読んだら試したくなる第18巻!

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 「空飛ぶクルマ」の衝撃/時事深層 アストラゼネカが「追い出し部屋」? 製薬MR「受難の時代」を映す/時事深層 コンビニ、外食、製造業、迫られる省力投資 人手不足で拡大する競争力格差/時事深層 ビールにスマホ、価格統制の副作用 「過保護」が市場を冷やす ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    アベノミクスの今後、米・中・ロと日本の関係、東京五輪…などの重要テーマを、日経記者が学生に向け解説した講座「日経NEWSキャンパス」。5日間にわたる講義のエッセンスを電子書籍化。

     

    詳細を見る

    特集 東芝の“遺言”/時事深層 子会社が不適切会計 富士フイルムHDに残る疑問/時事深層 タカタ法的整理へ 安全技術、中国に「タナボタ」/時事深層 TOKYO BASE(トウキョウベース)「アパレルの常識」の逆を突く/時事深層 野村不動産の買収計画、白紙に 政府、日本郵政株の売却に暗雲 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    758件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ