日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    926件中 1〜20件表示

     

     

    仮想通貨バブルに高リスクの不動産投資。新手の金融商品が現れるたびにトラブルが相次ぐ。日本人の金融常識は低いのか。将来に不安を持つ若い世代の投資トラブルが急増し、中高年世代は長い老後への備えを迫られている。過去20年のデフレ時代に培った投資のモノサシが通じなくなるとすれば、新しい「金融力」が必要だ。

     

    詳細を見る

    好調な外需や歴史的に小動きだった円相場を追い風に空前の好決算となった2018年3月期の企業収益。打って変わって19年3月期見通しは濃い霧に包まれている。円相場、人件費、原燃料の3つの「高」が圧迫し、収益は踊り場感が強まる。市場ではすでに「3高」の壁に適応する銘柄選びが始動した。

     

    詳細を見る

    円安シナリオが市場で再び広がっている。先週はこれまで低水準で推移してきた米国の長期金利が4年ぶりに大台の3%を突破。円安材料となる日米間の金利差拡大を見越した円売り・ドル買いが膨らみ、円相場は1ドル=109円台まで戻した。

     

    詳細を見る

    世界の消費市場でネットとリアルの融合が進み始めた。米アマゾン・ドット・コムは昨年、米高級スーパーを買収し、今年に入り無人店も展開。中国のネットの巨人、アリババ集団も自前のショッピングセンター開業でリアル取り込みを急ぐ。

     

    詳細を見る

    「日本株は割安」。多くの海外投資家がそう指摘するが、日本株を大きく買い増す動きにはつながってない。上場企業は最高益を更新したが、中長期志向の海外投資家はなお日本株の組み入れに慎重だ。短期・逆張りに偏重する個人投資家、淘汰されない上場企業、割高な投資コスト……。

     

    詳細を見る

    1人で行動する人が増えている。15歳以上の人口に占める単身者の割合は2040年に約47%に上り、約半数が独身という「超ソロ社会」が到来しつつある。バブル後の経済低迷や女性の社会進出、高齢化など様々な要因があるが、人間関係の煩わしさから生涯未婚を選ぶ動きもソロ化に拍車をかける。

     

    詳細を見る

    世界金融危機から10年。いち早く景気回復局面に入った米国で物価が上昇し始めた。トランプ米大統領が推進する大型減税・歳出拡大や、貿易戦争による原材料高、中東政策変更による原油高などが相まって物価指標を押し上げる「トランプインフレ」の様相を呈す。

     

    詳細を見る

    日本版金融ビッグバンの開始から20年あまり。今、新たな金融ビッグバンが始まりつつある。前回は規制緩和がメガ再編や異業種参入を促した。今回の起爆剤はIT企業だ。19日に上場するメルカリやLINE、ヤフーなどのIT大手は、銀行業の本丸ともいえる決済や送金、融資といった分野に切り込み、銀行の領域を侵食。

     

    詳細を見る

    価格上昇が続く新築マンション市場。昨年、首都圏で供給されたマンションの平均価格はバブル期並の水準まで上昇した。だが、売れているのは主要駅前のタワーマンションばかり。こうした高額物件が全体の相場を押しあげているのが実態だ。

     

    詳細を見る

    書籍『誰がアパレルを殺すのか』(日経BP社)の著者が、アパレル業界にゆかりの深い専門家をインタビューした特別編です。書籍『誰がアパレルを殺すのか』では、経済誌「日経ビジネス」の現役記者2人が、アパレル業界の不振の原因や未来を担う企業の取り組みを深く分析しています。本書と書籍『誰がアパレルを殺すのか』を併せて読めば、業界不振の真因やその先に待ち受ける未来、そして新しい希望が見えてくるはずです。

     

    詳細を見る

    特集 ビッグデータが語る 2030年の負動産/特集 建設ラッシュの裏で ぐらつく“活況” 供給過剰あらわに/特集 ビッグデータと識者による分析 2030年を占う不動産価値の行方/特集 特需の現場を歩く 見えてきた外国人頼みの限界 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    昨年版(2017-18年版)から公式テキストと公式問題集を合体した『日経TEST公式テキスト&問題集』の2018-19年版です。今年版は各章の「入門解説」「例題解説」をボリュームアップし、4章、5章で「帰納的思考法」と「演繹的思考法」を図解解説します。また、練習問題100問も全てリニューアルしました。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 薬局解体/特集 異業種の破壊の足音/特集 国民医療費42兆円の衝撃 医療制度改革の誤算/特集 調剤薬局の制度疲労は頂点 患者不在の経営・政策のツケ/特集 大胆予測 超高齢社会を支える薬局の姿はこれだ/特集 5つの提言 「医・薬・介」三位一体で再生 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 「面倒くさい」を狙い撃て/特集 シェアラー、ラッシャー、ソリスト…… 急増する極端な消費者/特集 商品開発の単純新法則 何でもいい 面倒を探し出せ!/特集 「面倒なし社会」の末路 やがて経済縮小? 格差拡大も加速か ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 ポスト アメーバ/特集 個人起点の新経営モデル/特集 命令では動かない やる気に火がついた6人の実録/特集 統制経済から自由主義経済へ 自由と責任で考える社員を作る ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 GAFA、ヤフー、楽天、LINE 7社が隠す 個人情報/特集 フェイスブック問題が浮き彫りにした不安 「個人情報を開示しろ」 要求拒んだ日本の大手/特集 ネット広告緊急60社アンケート 増殖する悪質サイト 困惑する広告主 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共同シンクタンクが大胆に提言する、今後の電力業界のあるべき姿。

     

    詳細を見る

    特集 フィンテックの隠れた主役 「貧テック」って何だ?/特集 手持ちがなくても心配無用 スマホで実現 欲望満たす「錬金術」/特集 「消えた14兆円」を代替する貧テック/特集 なぜベンチャーが参入するのか 既存金融はカバーしない 手軽な資金調達を万人に ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    フェイスブックの個人情報の不正流出発覚から約1カ月。一時はフェイスブックだけでなく、アマゾンドットコム、アップル、ネットフリックス、グーグルの「FAANG」銘柄は軒並み株価を下げたが、すでに回復に向かっている。下落局面を絶好の買い場とみた投資家が、ここぞとばかりに買い増したからだ。

     

    詳細を見る

    特集 動き出す 無人経済/特集 社会構造が激変し、常識が瓦解 「考える」ロボットが奪う人間の優位性/特集 ムダの徹底排除が競争力に オフィスから農場まで無人化が止まらない/特集 無人企業も現実に 経営者こそ淘汰の危機 生き抜く5つの条件 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    926件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ