日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    687件中 1〜20件表示

     

     

    2030年は団塊世代が80歳を超え、人口構造が大きく変化する一方で、AIが自律的に知識を獲得し始める。社会と技術の構造変化が交差し、政府も目標に据える年が2030年だ。そのとき、投資の主役となっているのはどんな銘柄だろうか。「日本が抱える課題こそ、国も後押ししやすいのではないか」——。

     

    詳細を見る

    トランプラリーを追い風に日経平均株価の高値更新が続く。けん引役は海外投資家の買い戻し。銀行株や輸出関連株の値上がりが際立つ。ただ、いつまでもこの相場が続くとの見方は多くはない。既に一部投資家は業績好調な成長株の発掘に動いている。

     

    詳細を見る

    2020年に投資の勝ち組になるにはどうしたらいいのか——。日経ヴェリタスと日経CNBCは投資や市場分析のプロら4人を「委員」として招き、2020年を見据えた投資戦略会議を開催した。世界をけん引する米国経済がめまぐるしく変化していく可能性があることから、「米国を軸とした投資戦略」で一致。

     

    詳細を見る

    信託報酬などのコストが高く、売れるのは「はやり」のテーマを追う毎月分配型ばかり——。独自の進化を遂げ「ガラパゴス」と言われ続けた日本の投資信託市場に、変化の波が押し寄せている。インデックス投信を中心に「コスト革命」とも呼ばれる手数料の引き下げ競争が始まり

     

    詳細を見る

    米連邦準備理事会(FRB)が1年ぶりの利上げを決めた。トランプ次期米大統領の誕生で始まったトランプ相場は最初の関門を通過したことになる。期待先行といわれつつも、米国株は史上最高値を更新し、ドルの実効レートは10数年ぶりの高値圏にはり付く。強気相場の背景にあるのは2つの大きな転換だ。

     

    詳細を見る

    金融から財政へと、経済政策を転換させるトランプ次期米大統領の誕生は、金融緩和の限界を意識し、低成長・低インフレが続くと覚悟していた市場の空気を一変させた。より大きな景気の変動に目配りすると、米景気は長期と短期の循環がどちらも上向く「黄金期」の入り口にある。歴史的な波動の入り口にあるのは日本も同じだ。

     

    詳細を見る

    日銀のマイナス金利導入に英国の欧州連合(EU)離脱決定、米大統領選でのトランプ氏勝利。「まさか」の事態が次々と起こり、市場が大きく揺れた2016年が間もなく暮れようとしている。その荒波に国内、そして海外の個人投資家たちはどう立ち向かったのか。

     

    詳細を見る

    「ESG投資」が日本でも動き出す。ESGとは「環境」「社会」「企業統治」。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株のESG指数を今春までに選定するほか、運用会社にもESGに関して企業との「対話(エンゲージメント)」強化を求め始めた。運用会社や企業の側でもESGへの取り組みを相次ぎ強化。

     

    詳細を見る

    東京外国為替市場で円相場は1ドル=110円台と6月1日以来の安値を付け、日経平均株価もひとつの節目である1万8000円に一時のせた。市場は様変わりしており、まさにマネーの「ゲームチェンジ」がおきている。

     

    詳細を見る

    特集 おのれ! 間接部門/時事深層 円安・株高・金利高の行方 ラリー継続に2つの“関所”/時事深層 駐車場シェアのベンチャー企業へ出資 トヨタ、カーシェア強化へ布石/時事深層 18年ぶりに投信販売を再開 松井証券、草食投資家にも注力/時事深層 農業改革、「苦渋の調整」の舞台裏 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共同シンクタンクが大胆に提言する、今後の電力業界のあるべき姿。

     

    詳細を見る

    特集 次代を創る 100人/時事深層 ボタンで購入、レジなしコンビニ… アマゾンが描く小売りの未来/時事深層 トヨタ、新エンジン「外販」の真意/時事深層 出光・昭シェル、「同棲」も難問山積/時事深層 2030年に向けて、攻めの中期経営計画 花王、「世界トップ3入り」の算段 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    アベノミクスの今後、米・中・ロと日本の関係、東京五輪…などの重要テーマを、日経記者が学生に向け解説した講座「日経NEWSキャンパス」。5日間にわたる講義のエッセンスを電子書籍化。

     

    詳細を見る

    交通に大変革をもたらす「自動運転」や金融とITが融合する「FinTech」、さらに速く、便利になるICT(情報通信技術)、見守りや災害対策など危険から人を守る技術、再生医療や介助ロボットなど、「人に寄り添うテクノロジー」が続々と登場し、仕事を、日常生活を、交通や住まいを、医療と介護を、産業を変えています。実用が進む100の有望テクノロジーを厳選し、そのインパクトを簡潔に、わかりやすく紹介します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    業界に精通した日経新聞の精鋭記者が、総力を挙げて執筆! 180業界の全体像がひと目でわかる決定版。ビジネスに、就活に、投資に、眺めて楽しい必携のデータブックです。他誌を圧倒する情報量と信頼性!

     

    詳細を見る

    2016年11月号の「株式マーケットウォッチ」ではトランプ新大統領の政策運営のマーケットへの影響について論述。銘柄スクリーニングは、好業績見込みで、16年度上期の営業利益の進捗率が60%以上の銘柄を抽出。「産業トピック」は、自動車担当アナリストが、「新型EV投入へ。高成長が期待される車載用電池」のタイトルで、EV、車載用電池の開発状況などを分析。「アナリストの眼」では、建設・不動産担当アナリストが「住宅市場の動向」に関し、関連各社の取り組み、今後の見通しなどをまとめています。

     

    詳細を見る

    特集 本当のオムニチャネル/時事深層 「iPhone関税」の現実味 米国事業を襲う3つの分断/時事深層 EVの開発に動き出す トヨタ初、「4人だけ組織」の狙い/時事深層 薬価制度の抜本改革は待ったなし オプジーボが突き付けた綻び/時事深層 LNG取引の不利改善、公取委動く ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 私の経営リレー論 次の次まで考えろ/時事深層 緊急連載 先読みトランプ 変わる世界のパワーバランス「素人外交」世界に波紋/時事深層 プレミアムフライデー、効果は? 3時退社、所得水準で賛否に差/時事深層 サムスン電子へのパネル供給中断へ 鴻海・郭董事長、強気姿勢の勝算 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 トランプとアメリカ/時事深層 トランプ氏勝利で「メキシコリスク」浮上 保護主義に身構える日本企業/時事深層 中国からの“神風”で業績は急回復 東芝、復調に水差す過大計上/時事深層 日本郵便の牙城、日本通運やANA攻勢 独身の日、越境ECで物流競う/時事深層 NHK、ネットTV接近に会長の思惑 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    2014年8月号の「産業トピック」は「地球温暖化や高性能化を背景に成長余地の大きいエアコン」です。電機・精密担当アナリストがエアコンの足元の出荷動向、主要メーカー各社の動向、注目企業などを分析・解説しています。「アナリストの眼」は「拡大するメキシコの自動車生産」です。

     

    詳細を見る

    687件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ