日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    950件中 1〜20件表示

     

     

    適温相場が終わり、市場を取り巻く情勢が刻々と変わるなか、金融資産1億円以上を築いた「億り人」は今、何を考え、どんな銘柄を狙っているのか。個人投資家1000人調査で明らかになった1億円長者と一般投資家の違いとは。

     

    詳細を見る

    緩やかな経済成長と金融緩和に支えられた「適温相場」の終わりが近づいている。個人投資家を待ち受けるのは、目まぐるしく相場の方向性が変わる「変温相場」だ。来たるべき変温相場にどう備え、乗り越えればよいのか。全天候型の銘柄選定や資産構成の見直し方法など、ポスト適温時代の投資術を探った。

     

    詳細を見る

    超高齢社会に突入した日本。男性の4人に1人、女性の2人に1人が90歳まで生きる。年をとってから暮らしに困る事態を避けるには、元気に生活できるうちに資産を積み上げ、長持ちさせる手立てを考えておく必要がある。人生の後半戦に備え、今から始められる資産寿命の延ばし方を探る。

     

    詳細を見る

    原油の先高観が復活してきた。米国の対イラン制裁による供給不足をにらみ、6月22日に開かれた石油輸出国機構(OPEC)総会では具体的な増産規模が明示されない「玉虫色」決着となった。供給懸念は消えず、原油価格は再び上昇に転じた。

     

    詳細を見る

    中国やロシアなど独裁的な強権国家が勢いを増している。大衆迎合主義(ポピュリズム)や保護主義の台頭で退潮する民主国家とは対照的だ。だが市場は強権国家の抱える低生産性や権力乱用リスクなどの弊害を嫌い、投資マネーは逃避していく。市場が浮き彫りにする独裁の問題点を探る。

     

    詳細を見る

    米トランプ政権に端を発する貿易摩擦がエスカレートしている。中国との追加関税の応酬に終わりは見えず、市場は一喜一憂を繰り返している。日経ヴェリタスでは今回、株のプロ約30人に緊急アンケートを実施、視界不良の年後半の世界景気や株式市場の行方を聞いた。

     

    詳細を見る

    米ドルが独走している。日米欧でいち早く金融緩和から脱した米国。経済の拡大は続き、利上げ路線も続く。米国発の貿易戦争も今のところ、各国の景気下触れ懸念からドル相場を押し上げている。いわば米1強時代だ。ただ、長く好調な米国経済には循環的な景気減速も意識される。

     

    詳細を見る

    貿易戦争が企業業績の拡大に影を落とし始めた。日経ヴェリタスでは輸出関連を中心に約70社に緊急アンケートを実施。自社に「何らかの悪影響がある」との回答が7割を超えた。足元では好調な決算が続くが、貿易戦争の影響が本格化するのは夏以降。企業を覆う貿易戦争への不安は何か。その実態を解き明かす。

     

    詳細を見る

    日本版金融ビッグバンの開始から20年あまり。今、新たな金融ビッグバンが始まりつつある。前回は規制緩和がメガ再編や異業種参入を促した。今回の起爆剤はIT企業だ。19日に上場するメルカリやLINE、ヤフーなどのIT大手は、銀行業の本丸ともいえる決済や送金、融資といった分野に切り込み、銀行の領域を侵食。

     

    詳細を見る

    特集 2025年 稼げる新職業/特集 激変する高収入職業 アナタのお子さん むしろ有望株!?/特集 金の卵は分かっている 超一流高校生に聞く 私が就きたい職業/特集 間違いだらけの仕事選び 本当に幸せになれる職業とは何か ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    書籍『誰がアパレルを殺すのか』(日経BP社)の著者が、アパレル業界にゆかりの深い専門家をインタビューした特別編です。書籍『誰がアパレルを殺すのか』では、経済誌「日経ビジネス」の現役記者2人が、アパレル業界の不振の原因や未来を担う企業の取り組みを深く分析しています。本書と書籍『誰がアパレルを殺すのか』を併せて読めば、業界不振の真因やその先に待ち受ける未来、そして新しい希望が見えてくるはずです。

     

    詳細を見る

    特集 ついに来た! 量子コンピューター/特集 迎えた歴史の転換点 進化を「超越」する グーグルの野望/特集 4つの質問で悩みを解決 ゼロから分かる 超高速のカラクリ/特集 開発を加速する米中IT大手 IBMが狙う新覇権 対抗馬はアリババ/特集 先進企業は使い始めた 素材開発1000倍速 見せろ日本の底力 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 富裕層は どこへ行った?/特集 数は増えても伸び悩む消費 「富裕層ビジネスで景気回復」は間違い!?/特集 年収から使い道まで再調査 資産100億、愛車は軽トラ これが日本の富裕層/特集 富裕層より鉱脈あり 狙うはプチ富裕層と上昇志向庶民 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    昨年版(2017-18年版)から公式テキストと公式問題集を合体した『日経TEST公式テキスト&問題集』の2018-19年版です。今年版は各章の「入門解説」「例題解説」をボリュームアップし、4章、5章で「帰納的思考法」と「演繹的思考法」を図解解説します。また、練習問題100問も全てリニューアルしました。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 米中 100年 新冷戦/特集 “虎の尾”を踏みつける中国 ぶつかる超大国 変わる世界秩序/特集 中国が狙い、米国が警戒するテクノロジー覇権の争い 民主主義の弱み突く 「官民複合体」の破壊力/特集 貿易戦争の現場を行く 衝突はまだ序の口 報復におびえる米国 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共同シンクタンクが大胆に提言する、今後の電力業界のあるべき姿。

     

    詳細を見る

    特集 ビッグデータが語る 2030年の負動産/特集 建設ラッシュの裏で ぐらつく“活況” 供給過剰あらわに/特集 ビッグデータと識者による分析 2030年を占う不動産価値の行方/特集 特需の現場を歩く 見えてきた外国人頼みの限界 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 ポスト アメーバ/特集 個人起点の新経営モデル/特集 命令では動かない やる気に火がついた6人の実録/特集 統制経済から自由主義経済へ 自由と責任で考える社員を作る ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 日本企業は置き去り 「儲かるASEAN」のウソ/特集 アップルやグーグルも熱視線 世界のマネーはASEANに向かう/特集 5分で分かるASEANの今/特集 苦戦事例に学ぶ 東南アジア進出 日本企業に「落とし穴」/特集 “日本置き去り”の成長 立ち上がる現地企業 起業家も続々と流入 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 オープン編集会議で考えた イノベーションは起こせる/特集 ノーベル賞受賞者が語る もう一度、イノベーション先進国へ/特集 Raiseユーザーと議論した 日本のイノベーションは停滞している?/特集 もう停滞はうんざりだ! 変われるか“ニッポン株式会社”/特集 識者提言 もう過去の踏襲は通用しない ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    950件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ