日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    771件中 1〜20件表示

     

     

    半導体株が空前のブームに沸いている。半導体メーカーなどで構成する、米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1100を超え、2000年のITバブル期以来となる高値を連日更新している。データセンターやスマートフォン向けの実需が拡大するうえ、IoTや自動運転車への期待が募る。

     

    詳細を見る

    孫正義氏率いるソフトバンクグループ(9984)がオイルマネーを取り込み、10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を本格始動する。孫氏は米ヤフーや中国・アリババ集団を無名時代に見いだし、莫大な利益を稼いできた。その動向に市場の注目が集まるが、巨大ファンドの成否はソフトバンクの命運も左右する。

     

    詳細を見る

    インデックスなど指数に連動したパッシブ投信の比率が高まっている。緩和マネーが株式市場を底上げするなか、コストのかさむアクティブ投信の半数以上がパッシブに負けている状態だ。多様なインデックス開発が進み、より進化しながらも手数料が安くパフォーマンスの良いパッシブ運用が続々と登場してきている。

     

    詳細を見る

    リゾート開発が加速している。不動産からホテル専業、異業種までさまざまな企業が全国各地でホテル・旅館の立地や新サービスを進め、カジノ誘致にも力を入れる。背景にあるのは訪日外国人客の急増だ。昨年初めて2000万人を超え、今年は5月末時点で過去最速のペースで1000万人を突破。

     

    詳細を見る

    人手不足問題が深刻化している。厚生労働省が6月30日に発表した5月の有効求人倍率は1.49倍で約43年ぶりの高水準だった。完全失業率もバブル期に近づく。ドライバー不足を引き金に陸送大手の業績は悪化。人手不足で廃業に追い込まれる企業も出てきた。

     

    詳細を見る

    約20年にわたりデフレが続いてきた日本経済。消費者の財布のひもは相変わらず固く、日銀が目標とする物価上昇率2%も遠い。だが機能を一新して着実に値上げを実現し、需要も伸ばしているものがある。例えば消費者の「健康」志向を捉えた機能性ヨーグルトや健康効果をうたったチョコレートなどだ。

     

    詳細を見る

    中国経済が一見好調だ。1〜3月の実質国内総生産(GDP)は前年同期比6.9%増。個人消費も伸び、輸出も増えている。だが、好調な中国経済には死角がある。事実上の政府部門の借金による投資や不動産価格の上昇が消費を支え、企業と家計の債務の合計はGDP比で200%を大きく超えた。

     

    詳細を見る

    欧州市場にマネーが回帰している。フランス大統領選で親・欧州連合(EU)のマクロン氏が勝利。ポピュリズム(大衆迎合主義)の嵐が収まり、政治リスクが後退したのを機に投資家心理は強気に転じ、通貨ユーロは対ドルで年初来高値をつけた。景況感の改善も後押しする。ユーロ復活は本物か。

     

    詳細を見る

    コンピューターウイルスが世界で猛威をふるっている。5月に発生した身代金要求型ウイルスの「ワナクライ」は世界150カ国、20万件と過去最大規模の被害を与えた。欧米の大手企業のほか、日本でも日立製作所(6501)やホンダ(7267)が攻撃され、工場の一部停止などを招いた。

     

    詳細を見る

    アパレル業界がかつてない不振にあえいでいる。大手アパレル4社の売上高は激減。店舗の閉鎖やブランドの撤退も相次いでいる。またアパレル業界と歩みをともにしてきた百貨店業界も、地方や郊外を中心に店舗閉鎖が続き、「洋服が売れない」事態は深刻さを増している。なぜ突如、業界は不振に見舞われたのか。経済誌「日経ビジネス」の記者が、アパレル産業を構成するサプライチェーンのすべてをくまなく取材しまとめた1冊。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日経記者による本格ノンフィクション! 孫正義と「同志たち」による、熱き冒険譚。巨額買収。後継者との別れ。規制への挑戦。裏切り、内部分裂……。新聞では書ききれなかった「真実」がここにある!!

     

    立ち読み

    詳細を見る

    銀行大淘汰の時代に銀行と金融マンは何をすべきか?本書は、実務はもとより銀行のウラ事情にも通じ、銀行員の質の低下を憂え続けてきた筆者ならではの視点で、AI時代の銀行のあり方を切り取るもの。IT化、ブロックチェーンなどネット社会の進展で銀行そのものの存在意義が問われるなか、相変わらずの横並び経営を続ける銀行と、そのなかで自己変革のできない金融マンたちが直面している課題を解説するとともに、一般読者も金融(銀行)の最前線で起こっている変化がわかりやすく理解できる。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    2014年8月号の「産業トピック」は「地球温暖化や高性能化を背景に成長余地の大きいエアコン」です。電機・精密担当アナリストがエアコンの足元の出荷動向、主要メーカー各社の動向、注目企業などを分析・解説しています。「アナリストの眼」は「拡大するメキシコの自動車生産」です。

     

    詳細を見る

    特集 労基署はもう見逃さない あなたが書類送検される日/時事深層 新生シャープが初の中期経営計画 強気目標に鴻海の焦り/時事深層 セブンなど大手3社、苦肉の日用品値下げ コンビニ飽和感が浮き彫り/時事深層 外部有識者による調達委員会が解散 東電、コスト削減に「ゼロ連結」の壁 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 「空飛ぶクルマ」の衝撃/時事深層 アストラゼネカが「追い出し部屋」? 製薬MR「受難の時代」を映す/時事深層 コンビニ、外食、製造業、迫られる省力投資 人手不足で拡大する競争力格差/時事深層 ビールにスマホ、価格統制の副作用 「過保護」が市場を冷やす ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共同シンクタンクが大胆に提言する、今後の電力業界のあるべき姿。

     

    詳細を見る

    アベノミクスの今後、米・中・ロと日本の関係、東京五輪…などの重要テーマを、日経記者が学生に向け解説した講座「日経NEWSキャンパス」。5日間にわたる講義のエッセンスを電子書籍化。

     

    詳細を見る

    特集 東芝の“遺言”/時事深層 子会社が不適切会計 富士フイルムHDに残る疑問/時事深層 タカタ法的整理へ 安全技術、中国に「タナボタ」/時事深層 TOKYO BASE(トウキョウベース)「アパレルの常識」の逆を突く/時事深層 野村不動産の買収計画、白紙に 政府、日本郵政株の売却に暗雲 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    2014年夏号では、デフレ脱却に向けた政府・日銀の経済政策が徐々に効果を発現するなか、企業業績の改善期待、企業の株主還元強化などを背景に株式相場は上昇基調を維持すると分析。国内外の経済も堅調な推移を予想しています。

     

    詳細を見る

    特集 ヤマトの誤算/時事深層 ファストリ、コンビニ……一斉に無人レジへ動く 人手不足の救世主、普及に壁/時事深層 最大手・米エクスペディアが民泊に参入 「黒船」の融和路線で普及加速か/時事深層 チケットに見るCtoC消費の闇/時事深層 著名投資家ジム・ロジャーズ氏に聞く トランプ弾劾のリスクは低い ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    771件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ