日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    806件中 1〜20件表示

     

     

    日経平均株価が2万円台を回復し、1996年末以来20年9カ月ぶりの高値に迫っている。技術力や値上げ力などを通じて、日本企業の収益力は高まっている。国内経済は戦後2番目の長さの景気拡大が実現する日も近い。一方、米国経済、中国経済などに下振れリスクもある。

     

    詳細を見る

    今、クルマ産業には4つの変革の波が押し寄せている。コネクテッド(つながるクルマ)、オートノマス(自動運転)、シェアリング、エレクトリシティー(電動化)で、頭文字をとり「CASE」という。CASEは構造転換をもたらす。

     

    詳細を見る

    北海道拓殖銀行、山一証券の破綻などに端を発する金融危機から間もなく20年を迎える。リーマン・ショックを経て生き残ってきた市場関係者や投資家らは、過去の危機から何を学び、今に生かしているのか。地政学リスクの高まり、米欧中央銀行の金融緩和の縮小といった新たなリスクの芽が見える中

     

    詳細を見る

    事業革新で市場を創り出す「イノベーション株=イノベ株」を、今年4月に続き特集する。今までにない発想で社会の課題解決に挑む(1)アイデア型、ITを活用して需要を掘り起こす(2)テック型、小さな市場でも唯一無二の技術で高いシェアを持つ(3)超ニッチ型、の3タイプのイノベ株を15銘柄取り上げる。

     

    詳細を見る

    世界で急膨張するアマゾン・ドット・コム。今年、日本、ドイツ、英国で一斉に生鮮品販売にも参入し、ニッポンの流通大手の目の色が変わった。リアルとネットが融合するなかで、店で、ネットで、いかに消費者に選んでもらうのか。

     

    詳細を見る

    米欧で、リーマン危機後から続いた金融緩和の縮小が本格化する。北朝鮮リスクやトランプ米政権の混乱などが依然世界経済の先行きに影を落とす中、米欧中銀トップが方向転換を急ぐのは、あふれ出た緩和マネーが資産価格の高騰を招き、バブルの様相を呈し始めているためだ。

     

    詳細を見る

    日経平均株価は13日、9日続伸を演じ、21年ぶりの高値を付けた。円安を追い風に一段高を期待する声も多い。だが、歴史的な株高の裏側でいびつな現象も起きている。例えば割高・割安をはかるPBR(株価純資産倍率)は東証1部で1.3倍にとどまる。米国(2.3倍)やドイツ(1.8倍)に比べ格段に低い。

     

    詳細を見る

    炭素繊維やリチウムイオン電池、青色LEDなど日本企業が開発、実用化した素材や部材が世界中のあらゆる製品に使われ、高いシェアを握っている。短期の利益にとらわれず、長期視点で研究開発に取り組み、地道に欠点を消していく日本企業の戦略が、素材力を世界レベルに押し上げてきた。

     

    詳細を見る

    書籍『誰がアパレルを殺すのか』(日経BP社)の著者が、アパレル業界にゆかりの深い専門家をインタビューした特別編です。書籍『誰がアパレルを殺すのか』では、経済誌「日経ビジネス」の現役記者2人が、アパレル業界の不振の原因や未来を担う企業の取り組みを深く分析しています。本書と書籍『誰がアパレルを殺すのか』を併せて読めば、業界不振の真因やその先に待ち受ける未来、そして新しい希望が見えてくるはずです。

     

    詳細を見る

    上昇を続けてきた不動産の価格が上げ止まってきた。新築マンションは首都圏の「億ション」など一部を除くと販売価格の天井感が強まり、一部では値下げの動きも出てきた。実需を離れて高額になった中古マンションはすでに関西地方で価格が低下に転じてきた。

     

    詳細を見る

    さまざまな業界ごとに、企業の提携・勢力関係、今後の見通し、注目のキーワード等をビジュアルに解説する、業界地図の決定版! 2018年版は「宅配クライシス」「自動車の自動運転」「格安スマホ、格安SIM」「仮想通貨」「サイバーセキュリティ」「シェアリングエコノミー」「個性派家電」「東芝グループの現在」など、注目の新規業界・トピックを充実させ、就活・投資・ビジネスに役立つ情報を提供します。

     

    詳細を見る

    金融資産1億円を持つ長者たちはどうやって金融資産を築いたのか。個人投資家1000人調査から見えてきたのは、デフレや相次ぐ金融危機に負けず、独自の「勝ちパターン」を持つ投資家たちの堅実なスタイルだ。数年単位の中長期投資で、8割が日本株に投資するなどリスクをとりながら

     

    詳細を見る

    特集 ここまで来た! デジタル ドイツ  アディダス、VW、シーメンスの変身/時事深層 コスト増と緩まぬ財布で板挟み/時事深層 失われた6カ月、離れる顧客と人材 東芝、前進したのは「決算」だけ/時事深層 EVブームでもエンジンに注力 マツダと三菱自が描く勝算 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 もう銀行はいらない メガを蝕む“生活習慣病”/時事深層 特報!! 交通プラットフォーマーへの野望 鉄道の自動運転 JR東日本が始動/時事深層 人生100年時代構想会議が始動 「人づくり革命」、先行きに不安の芽/時事深層 外国人投資家の売り姿勢続く 日本株リスク、北朝鮮だけじゃない ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 寝るな日本人/時事深層 異例の48カ月割賦まで登場 高すぎるiPhone、携帯会社悩む/時事深層 AI活用最前線 独自調査に124社が回答 導入に焦る経営、手探りの現場/時事深層 防衛省向け衛星損傷で NECが三菱電機に賠償請求/時事深層 第1のピークは大学3年の夏に シューカツ戦線はさらに早期化 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 アマゾン ベゾスに見える未来/時事深層 衆院選緊急アンケート 解散、「評価せず」が6割/時事深層 家具小売り世界企業の試練 イケアの成長阻む包囲網/時事深層 三菱ケミカルホールディングス まず故障予知、目標は組織変革/時事深層 メモリー事業は「日米韓連合」に売却 WDを袖にした東芝の勝算 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 ここまで朽ちた 独り負けニッポン漁業/時事深層 個人価値売買VALUが物議 「革新」と「詐欺」の境界線/時事深層 側近バノン氏も解任、勝者なき権力闘争 米政権崩壊、元凶はトランプ自身/時事深層 都市部は店舗飽和、地方は急速に高齢化 「走るコンビニ」見切り発車 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    特集 企業は分かってない! 若者消費のウソ/時事深層 楽天が“新市場”に参入 iPhone、新品vs中古の争いに/時事深層 国内販売の大黒柱を大幅値上げ ホンダ、200万円の「軽」の皮算用/時事深層 続く東芝経営陣の迷走 期限守れぬメモリー売却の意義 ほか

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共同シンクタンクが大胆に提言する、今後の電力業界のあるべき姿。

     

    詳細を見る

    2017年9月号の「株式マーケットウォッチ」では地政学的リスクなど警戒しつつ、堅調な主要国の景気、企業業績を背景に株式相場年後半に向け持ち直すと予想。銘柄スクリーニングは、好業績が見込まれ、会社通期計画に対する1Qの営業利益の進捗率が高い銘柄などを抽出しています。「産業トピック」は電機・精密担当アナリストが「日本版GPS『みちびき』の整備が進む」のタイトルでGPS関連ビジネスについて分析。「アナリストの眼」では情報・サービス担当アナリストが警備大手2社について分析しています。

     

    詳細を見る

    806件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ