日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    148件中 1〜20件表示

     

     

    トランプ政権の外交、少子化対策、ネットと政治、サービス産業の生産性——。気鋭の経済学者や識者らが、日本を取り巻く経済問題を詳しく解説・提言する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本経済新聞社が2014年5月23日、学生を対象に開いた国際交流会議「アジアの未来」20回記念特別セッションを収録しました。ジャーナリストの池上彰氏がマレーシア元首相のマハティール氏と対談、アジアの歴史や課題を分かりやすく明らかにしました。

     

    詳細を見る

    日経のニュースを英文で読めば、時事問題と英語をまとめて学べる!日本語の対訳と、専門家によるニュース解説付きです。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共同シンクタンクが日米同盟を進化させるための具体的な方策を提示。

     

    詳細を見る

    音声付きだから発音の確認もOK。ビジネスに役立つニュースを英文で読んで、聞いて、時事問題と英語をまとめて学べます。まずは10本から聞いてみませんか?

     

    詳細を見る

    漂流するTPP、国際金融規制、マイナス金利導入1年——。気鋭の経済学者や識者らが、日本を取り巻く経済問題を詳しく解説・提言する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日経のニュースを英文で読めば、時事問題と英語をまとめて学べる! 日本語の対訳と、専門家によるニュース解説付きです。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    アベノミクスの今後、米・中・ロと日本の関係、東京五輪…などの重要テーマを、日経記者が学生に向け解説した講座「日経NEWSキャンパス」。5日間にわたる講義のエッセンスを電子書籍化。

     

    詳細を見る

    知っておくべき日本を取り巻くアジアのニュースを英文で読んで、時事問題と英語をまとめて学んでみませんか?日本経済新聞社が発行する英文媒体「NIKKEI ASIAN REVIEW」から25本の記事を選び、日本語の対訳とあわせて読めるよう構成しました。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    3,024円1,814円で販売中!
    コンテナ船を発明したのは、トラック運送業者マルコム・マクリーン。その果敢な挑戦を軸に、世界経済を一変させた知られざる物流の歴史を明らかにする。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日経のニュースを題材に英語リスニングが学べる人気のiPhoneアプリ「LissN(リッスン)」から生まれた日経e新書です。

     

    詳細を見る

    疾走するアジア。その変貌ぶりを理解しないと「日本抜き」の経済圏になりかねない──。日経新聞の連載をまとめた、日経e新書シリーズ。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    憲法改正、消費増税延期、ヘリコプターマネーの是非、参院選——。気鋭の経済学者や識者らが、日本を取り巻く経済問題を詳しく解説・提言する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    英国のEU離脱、再生エネルギー、成長戦略——。気鋭の経済学者や識者らが、日本を取り巻く経済問題を詳しく解説・提言する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    日ロ首脳会談、広がるポピュリズム、働き方の課題、貧困・格差——。気鋭の経済学者や識者らが、日本を取り巻く経済問題を詳しく解説・提言する。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    2004年以前と2010年以降で別の国に変貌した中国。沸き上がる個人消費、その果実を享受するのは他ならぬ日本企業である。対中現実派の著者が分析する中国ビジネスの本当の未来。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    歴史の氷に閉ざされ、「時効」を迎えたかのような出来事に、新たなアングルから迫り、知られざるストーリーを紡ぐ—。NHK-BSプレミアム「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」から選りすぐりの6つの事件にフォーカス。●日航機墜落事故●チャレンジャー号爆発事故●チェルノブイリ原発事故●ベルリンの壁、崩壊●ダイアナ妃、事故死●大統領のスキャンダル

     

    立ち読み

    詳細を見る

    「朝鮮半島の2つの核」に備えよ。北朝鮮の強引な核開発に危機感を募らせる韓国。「THAAD配備」をようやく受け入れたが、中国の強硬な反対が続く中、実現に至るか予断を許さない。「二股外交」の失敗が明らかとなった韓国は米中の狭間で孤立感を深める。「北の核」が現実化する中、目論むのは「自前の核」だ。目前の朝鮮半島に「2つの核」が生じようとする今、日本にはその覚悟と具体的な対応が求められている。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    世界で最もビジネスがしやすい国シンガポールから日本は何を学ぶべきか。政府は、新しい政策を先取りする"健全な危機感"、改革に対する真摯な姿勢を同国から学ぶべきだろう。そして企業は、シンガポールが提供するイノベーションの実験場を大いに活用すべきだ。本書は、ASEANそして世界市場を狙う日本企業16社の挑戦をリポートする。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    ニクソン政権からオバマ政権に至るまで、米国の対中政策の中心的な立場にいた著者が、自分も今まで中国の巧みな情報戦略に騙され続けてきたと認めた上で、中国が世界覇権を握るための秘密戦略「100年マラソン」の全貌を描いた。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    148件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ