日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    170件中 1〜20件表示

     

     

    この電子書籍は、日本経済新聞社が主催した、第四回日経「星新一賞」受賞作13編を収録したものです。星新一賞は理系的な発想力に重きを置き、一万字以内の短い物語を対象にした新しい文学賞。科学と想像のはざまの物語をぜひお楽しみください。

     

    詳細を見る

    この電子書籍は、日本経済新聞社が主催した、第三回日経「星新一賞」受賞作14編を収録したものです。星新一賞は理系的な発想力に重きを置き、一万字以内の短い物語を対象にした新しい文学賞。科学と想像のはざまの物語をぜひお楽しみください。

     

    詳細を見る

    この電子書籍は、日本経済新聞社が主催した、日経「星新一賞」受賞作5編を収録したものです。星新一賞は理系的な発想力に重きを置き、一万字以内の短い物語を対象にした新しい文学賞。科学と想像のはざまの物語をぜひお楽しみください。

     

    詳細を見る

    この電子書籍は、日本経済新聞社が主催した、第二回日経「星新一賞」受賞作12編を収録したものです。星新一賞は理系的な発想力に重きを置き、一万字以内の短い物語を対象にした新しい文学賞。科学と想像のはざまの物語をぜひお楽しみください。

     

    詳細を見る

    国家戦略特区、物流危機、日欧EPA、ライドシェア、一帯一路、ソフトターゲット、5G——。ニュースのキーワードを解説する日本経済新聞「きょうのことば」半年分をまとめた1冊。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    ライバル・藤田慎司との、一歩も引けないチキンレースは、ますますヒートアップ!投資部の未来や、いかに——!?そしてやってきた受験シーズン。道塾生全員が注目する天才・神代の進路が明らかになる!一方財前は、創部以来大切に守られてきた、初代主将・龍五郎の「格言ノート」に落書き!?そこに書き込まれた言葉とは…。投資部入部から、1年。本格投資マンガ、堂々完結の最終巻!!

     

    立ち読み

    詳細を見る

    「儲からない」といわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた男、小倉昌男。本書は、ヤマト運輸の元社長である小倉が書き下ろした、経営のケーススタディーである。

     

    詳細を見る

    これから新しいことをいくつも習得したい人に、学習マニアのジョシュ・カウフマンが開発した速習術をお届けしよう!

     

    立ち読み

    詳細を見る

    投資部存続を懸け、ライバル・藤田慎司との「時価総額ゲーム」が始まった! ところが、投資部OBのカリスマ占い師・鏡(かがみ)曰(いわ)く、「財前孝史(たかし)のきょうの運勢は最悪」。思い通りに企業がとれず、慎司にどんどん引き離され、次第にパニックに陥っていく。初めての挫折体験に、万事休す——! その時、財前の身にまさかの出来事が起こる!!? 成功者の極意が満載、第20巻!!

     

    立ち読み

    詳細を見る

    まっすぐ生きてきたけれど不安が漂う。そんな人向けに、奇想天外な23の末路を教えて迷いを吹っ切る。いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。「好きなように生きていい」。専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    記憶にも記録にも残る「世界の王」の自伝決定版! 日本の高度成長期と軌を一にした、巨人V9時代を牽引した野球人の新たな戦いは、まだまだ終わらない。新人時代の第1号から前人未踏の868号まで、投手・球場・打球方向別、本塁打記録を一挙収録!

     

    立ち読み

    詳細を見る

    FANG・MANT、フィンテック、ユニコーン、IoT、待機児童、NAFTA、裁量労働制、ビットコイン——。重要キーワードを解説する日経新聞の「きょうのことば」で、ニュースがよりわかりやすく。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    「戦略的なアプローチ」と「覚悟(高い志)」を武器に不振事業再建に取り組む黒岩莞太は、社内の甘えを断ち切り、業績を回復させることができるか。実際に行われた組織変革を題材に迫真のストーリーで企業再生のカギを説く。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    嫌いなことはやらない。商談よりも食事が大事。空気は読んだことがない。それでも、結果が出るのはなぜなのか——。怠惰で陽気で適当なのに、ファッションから車まで、独自のセンスと哲学で世界の一流品を生み出している国イタリア。彼らの秘密を、日常のさまざまなシーンの行動・価値観や、「イタリア人あるある」から、軽妙にひもときます。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    ドラゴン桜の三田紀房が描く「株式投資学園マンガ」第1巻!! 創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝史。入学式翌日に、財前に明かされた学園の秘密。各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。彼らの使命は3000億を運用し、8%以上の利回りを生み出すこと。それゆえ日本最高水準の教育設備を誇る道塾学園は学費が無料だった!「この世で一番エキサイティングなゲーム、人間の血が最も沸き返る究極の勝負……それは金……投資だよ!」

     

    立ち読み

    詳細を見る

    札幌の進学校・道塾学園に成績トップで入学した結果、野球部を諦めて投資部員となった財前孝史。その初投資で30億円もの資金をつぎ込んだのは、自分が好きなケーム会社だった。利食い、損切り、リスクヘッジ……。財前に叩き込まれる、あまりに無鉄砲な道塾投資部130年の教え。初めての投資でも絶対に負けたくない13歳が導き出した勝利の鉄則とは——。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    道塾学園投資部で奮闘する財前孝史の前に、道塾創設者の玄孫、藤田美雪が現れた。9歳から株を始め、1万ドルを2000万円にまで増やした同級生の美少女に、闘争心をかきたてられる財前。そして美雪も、自身が通う超名門女子校・桂蔭学園で「女子投資部」を設立!! 友達とともに、10万円からの個人投資を始める。

     

    詳細を見る

    「このお宝、売っ払っちゃいましょうよ」——。道塾学園投資部が長い時間をかけて収集してきた金庫の中の現物資産をすべて売却、現金化して、ベンチャー投資に充てたいと言い出した財前孝史。そんな前代未聞の提案に藤田家が出した条件は……当主に直接会って、説得すること。「あなた達の世代は、一体いつまでアメリカに負け続ければ気が済むんですか!」「…よろしい、現金化を許可する。その代わり、担保は君の人生だ!」

     

    詳細を見る

    道塾学園投資部が長い歴史を費やして収集してきた「お宝」を売っ払って15億円を手に入れた財前孝史は、道塾投資部と財前家のルーツを探るために、初代主将のノートを開く。「明治三十七年二月、日露戦争開戦セリ」── ひも解かれる明治から平成までの日本経済の歴史!

     

    詳細を見る

    「こんなこと、やってられるか!」 こんな地獄のような合宿に、意味などあるのだろうか? しかし最年長OBから、戦時中に曽祖父・龍五郎が投げかけた「善悪ではなく、損得でものを考えろ」という言葉を聞く。果たして、その言葉に隠された龍五郎の真意とは……? そしていよいよベンチャー投資が動き出す! 謎のベンチャー村で財前が出会ったのは、藤田家の御曹司で美雪の兄・藤田慎司と“あの”ホリエモン!!

     

    詳細を見る

    170件中 1〜20件表示

     

     

    ページトップへ