日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    18件中 1〜18件表示

    人工知能、IoTのビジネス活用が注目され始めてから3年ほどがたち、さまざまな業種、業務での活用事例が出てきました。この先本当に人の労働を代替するのか、日本経済の成長ドライバーとなるのか、新たなビジネスを生み出すのか、業界の競争ルールを一変させるのか──。本ムックでは、そのインパクトを理解する上で欠かせないキーワードを専門家が解説。そして今、目前で進んでいる有力企業の最先端の取り組みを幅広く取り上げます。

     

    詳細を見る

    農業生産法人や農業に参入した企業経営者らの話を通じて、日本農業が海外でも競争力を持つために必要なことは何かを明らかにする。本書は2017年1月開催のシンポジウム「農業イノベーション2017〜日本の農業を成長産業にするために〜」を再構成したものだが、ここに日本農業の現状を把握するのに不可欠の基礎データなど、豊富な図版を加えた。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    最新のAIを駆使したソフトが、プロ棋士を打ち負かしたり、AIが関わった小説が星新一賞の第一次審査を突破したりと、AI(人工知能)という言葉を新聞で見ない日はありません。さらには、AIが金融や人事、教育などの具体的場面に登場し、ビジネスマンのみならず、一般の人の関心も高まっています。本書では、AIの全体像と世の中へのインパクトをコンパクトに解説します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    来たるべき自動運転車社会のインパクト、最新技術を丁寧に解説。車が知能を持つ輸送ロボットにどのように変わっていくか?ドライバーレス・カーは自動車産業にどんな影響を及ぼすのか? 毎日退屈で危険な運転をしていた状態から、快適かつ自由に移動できる状態になると、街はどう変わるのか?過去60年近くに及ぶ自動運転の失敗の歴史とは?など疑問を一つひとつ、丁寧に解き明かします。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    IT×農業で有力な輸出産業に第一人者が戦略の全貌を語る。日本の熟練農家の技は“世界一”と言っても過言ではないものの、その多くは「暗黙知」。しかし、ITの進歩が「形式知」化を可能にし、国内農家の底上げだけでなく、「知財」として安全に輸出することも視野に入りました。そうした取り組みを「AI農業」と呼びます。最新ITが「農業」を変革する。その戦略の全貌が本書に書かれています。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    人工知能(AI)の活用によって、ホワイトカラーの仕事、企業の経営、多様な産業はどう変わっていくのか? 30年以上にわたり、人工知能(AI)の研究に携わり、現在も日々、AI関連の研究・技術開発を続け、昨今、内外のAI事情に通じた著者、通称「ドクター・ノムラン」が、AIの実態、AIにできること、産業、ビジネス、仕事へのインパクトを、最新の知見に「温故知新」の視点を加えつつ、掘り下げて展望します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    AI作家誕生か、と騒がれた“事件"の実相を、当事者が克明に綴る。“AI作家"が一次選考を通過した第3回日経「星新一賞」への、人工知能を利用して作成したショートショート2編を一挙収録! 日本の文学賞で唯一、日本経済新聞社主催の「星新一賞」にしかない応募規定が「人間以外(人工知能等)の応募作品も受付けます」。第3回には遂に一次選考通過作も出たことが明らかにされた。日本語とAIの関係を通して、人とAIとの新たな関係まで見えてくる。その可能性の萌芽が兆したノンフィクションの好著!

     

    立ち読み

    詳細を見る

    ディープラーニングは、人工知能や機械学習と何が違う?この技術によって将来、ビジネスはどう変化する?グーグルのエンジニアらへの取材に基づき、その技術をやさしく解説するとともに最新の事例から、将来のビジネスの変化を探る1冊。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    2020年、AIと働く未来は、確実に明るい——。AIが本格的に活用される時代、社会はどう変わり、企業はどうように変化していくのか。人間に求められる能力とは、どんなものなのか。本書では、国内の一般企業から最先端までの豊富な活用事例とグローバルの最先端で活躍するAIの専門家による解説を通して、AIをうまく活用し、人間が能力を存分に発揮できる未来の新しい働き方を示します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    実現は早くても21世紀後半と言われていた「量子コンピュータ」が突然、商用マシンとして販売が開始された。作ったのはカナダのメーカーだが、その原理を考え出したのは日本人研究者。しかも、人工知能に応用でき、グーグルやアメリカ政府も開発競争に参戦、NASAやロッキード・マーティンも活用を開始した。画期的な量子コンピュータの計算原理、「量子アニーリング」を発案した本人が語る。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    交通に大変革をもたらす「自動運転」や金融とITが融合する「FinTech」、さらに速く、便利になるICT(情報通信技術)、見守りや災害対策など危険から人を守る技術、再生医療や介助ロボットなど、「人に寄り添うテクノロジー」が続々と登場し、仕事を、日常生活を、交通や住まいを、医療と介護を、産業を変えています。実用が進む100の有望テクノロジーを厳選し、そのインパクトを簡潔に、わかりやすく紹介します。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    まるわかり! 人工知能 最前線

    「第3次ブーム」と言われる人工知能(AI)。その勢いはとどまるところを知らない。業種・業態を問わず、企業や組織での応用例も着実に増えている。本書「まるわかり! 人工知能 最前線」は、深層学習から先進企業の最新動向まで、AIを取り巻く状況を網羅的かつ具体的に分かりやすくお伝えすることを狙ったものだ。企業や組織でAIの応用に携わっている方や、これから関わりたいと考えている方、必携の一冊。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    人工知能のマシン・トレーダーはバフェットを超えた?マイクロ秒で勝負が決まる高頻度高速株取引の最前線をウォールストリート・ジャーナル記者が描く金融ノンフィクション。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    この10年、グーグルが自動運転車を開発し、ロボット会社を何社も買収した。アップルはパーソナル・アシスタントのSiriを発表した。そして今、人工知能やロボットが人間のビジネス、教育、ヘルスケア分野に導入されつつある。人工知能は、人間の仕事を奪う敵になるのか、それとも人間の能力を「拡張」する味方になるのか——

     

    立ち読み

    詳細を見る

    教師、弁護士、会計士、医者、科学者、記者——。これまで人間にしかできないと思われていた知識労働者の仕事でも、もはや機械のほうが有能になっている。あなたの仕事は機械に置き換えられてしまうのか?そんなAI時代に、人間は、企業は、どう対応すべきか? アナリティクス界の第一人者が教えるスマートマシンの最前線、人間の強み、そして生き延びる道

     

    立ち読み

    詳細を見る

    SEに使ってほしい機械学習サービス「Azure Machine Learning」。これまで機械学習といえば専門的なスキルがなければ使いこなせないものでしたが、今はそうではありません。SEなら誰でも使いこなせるほど、機械学習サービスのハードルは下がっています。本書を読めば、Azure Machine Learningを使いこなせるようになり、機械学習があなたのスキルになることでしょう。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    『人工知能(AI)ビジネス』といわれてもピンとこないかもしれませんが、すでに世界のトップ企業は、想像をはるかに超えるスピードで技術を磨き、新たなビジネスモデルの構築に邁進しています。例えば、Googleの「Google CAR」「Project Brillo」など、世界では様々な人工知能ビジネスが生まれてきているのです。本書では、世界のトップを走る52社の人工知能ビジネス戦略をまとめています。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    多くの人工知能書籍は技術系の解説に寄っていますが、本書には難しい技術の話は登場しません。2020年を想定し、人工知能によって大きく変わる、私たちの仕事と暮らしを「物語」形式で分かりやすくまとめました。リアルな描写で「なるほど。こんな風になるのか」とイメージが広がります。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    18件中 1〜18件表示

    ページトップへ