日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    検索結果

    表示件数  並び替え 

     

    14件中 1〜14件表示

    慣用句の間違い、敬語の誤用…。ことばの落とし穴はいたるところに。恥をかかないために、「ことばのドリル」にチャレンジしてみませんか?

     

    立ち読み

    詳細を見る

    間違えて覚えている字や読み方、本来の意味を間違って使っている表現——。クイズ形式の「ことばのドリル」で学んでみませんか?

     

    立ち読み

    詳細を見る

    なぜあの人の意見は通り、自分の意見は通らないのか?言葉を尽くしても、うまく伝わらない人、伝えられない人がいる。一方で、「上手に伝えられる人」は、確かにいる。その差は、「伝える際に押さえておくべきポイントを知っているかどうか」だけ。著名な経営者・アナウンサーなどの“達人”が実践する、相手とのコミュニケーションがスムーズになり、仕事の成果が劇的に上がるためのテクニックを紹介する。

     

    詳細を見る

    本書は大人のための敬語ドリルです。ビジネスシーンごとに、まずは問題(クイズ)を解き、その後、解説をチェック。解説を読めば誰でもラクラク、敬語とそれにまつわる語彙力を身につけることができます。※『大人力を鍛える 敬語トレーニング』(池田書店/2008年)に大幅加筆したものです。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    メールやブログ、SNSなど日常生活で文章を綴る機会が増えるなか、日常的な文章から手紙、ビジネス文書、エッセーや小説まで、文才のあるなしにかかわらず人を引きつける文章を書く技術を紹介。

     

    詳細を見る

    大人の人間関係力

    “1,000万部超え著者”齋藤孝先生が教える「人づき合いの技術」。「雑談力」「語彙力」「伝え方」「教養」などのテーマで、ベストセラーを含む累計部数1,000万部を超える著書を世に送り出し、コミュニケーションを専門とする明治大学教授の齋藤孝先生が、偉人たちの教えや自身の経験に基づく実践的な『人づき合いのコツ』をわかりやすく解説しています。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    人を動かすために「心地いい言葉」はいらない! 
    自分の思いをどうやって「言葉」にして「伝える」か? 人の心を動かす「表現」には秘密があるのか? 「うまく自分の言葉で話せない」「人の心に刺さる表現力を身につけたい」——志や思い、自分のなかにあるビジョンを言語化するために何をすればよいのか? そんな悩みを抱えている全ての人に、いま注目のコピーライターが独自の手法をわかりやすく開示する、人の心を動かす言葉の法則。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    ちょっとした話し方のコツを身につければ、部下もあなたも変わる! 88の場面別コミュニケーション技術を解説!目からウロコの部下育成読本。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    本書は、日経BPネット「BizCOLLEGE」で連載中の人気コラム『臼井流「最高の結果を出す人の話し方」』の中から、ぜひ知ってほしい、あなたに身につけてほしい29のコツを120回以上の連載の中から、厳選してお届けするものです。

     

    詳細を見る

    日本人だからこそ知っておきたい言葉の知識とマナー/美しい日本を実感する大和言葉入門/ほどよい敬語遣いの達人になる/メール・手紙…読ませる文章講座 ほか

     

    詳細を見る

    99%の人を味方につける年代別の敬語&マナー。信頼されるロジカル会話術。この1冊で、苦手な人にも正しくきちんと伝わる。

     

    詳細を見る

    社会人になった瞬間から、取引先や社内で信頼を勝ち取り、円滑に仕事を進めていくには、きちんとした敬語や話し方が不可欠です。しかし、誰しも無意識のうちに、恥ずかしい「間違い敬語」を覚えてしまっています。何冊もの敬語本のベストセラーを出してきた著者が、仕事のシーンごとに必要な正しい敬語とビジネス会話を、マンガを交えてわかりやすくひもとく、実践的に使える敬語の本。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    「ご乗車できません」は西日本の方言、隅田川と墨田区で表記が違う理由、奄美諸島が奄美群島に変わった背景—。新語から時代と共に変化する意味まで、日本語に隠されたドラマを興味深く解説する得する言葉教室。

     

    詳細を見る

    「俺の○○」ネーミングはなぜ流行? 同学年では遅い生まれなのになぜ「早生まれ」? 時代と共に変化する言葉から新語、業界や地方ならではな言葉遣いまで、気になる日本語を記者たちが徹底調査。

     

    立ち読み

    詳細を見る

    14件中 1〜14件表示

    ページトップへ