日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    創造する会社

    創造する会社

    価格(税込):2,160

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:日経デザイン

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年02月07日

     
     
    自社の資金力や人手に応じ、ちょっとした知恵と発想でちょっとだけ新しいものを創る
    「創造する会社」の成功のヒミツ、発想法を詳しく解説!


    新しい商品やサービスを生み出し、他社との差異化を図る——企業が成長し続けるためには、「イノベーション」が不可欠です。イノベーションというと、「今までにない世界的な新発明」「従来のマーケットをひっくり返すようなサービス」「開発には多額の投資が必要」・・・といったイメージを抱きがちですが、必ずしもそうではありません。

    大企業のような潤沢な経営資源・体力を持たない中堅中小企業でも、自社の限界を踏まえたうえで知恵とアイデアを出し合い、新しい商品やサービスを次々と開発しています。これが「身の丈イノベーション」。大企業のような人手や時間、コストをかけなくとも、ちょっとした工夫、ユニークな発想で成果を上げているのです。

    本書では、そんな「身の丈イノベーション」を実現するための重要なポイントを豊富な事例とともに分かりやすく解説します。

    ●突き抜けたアイデアを形にするにはどうすべきか
    ●「売り方」や「見せ方」で差を付けるには何をすべきか
    ●売れる商品やサービスのネーミングをどう考えるべきか
    ●人が集まる「場」を作るヒント テーマパークにおもてなしの極意を学ぶ

    【目次】
    第1章 突き抜けた”アイデア”を形に
     ハート型の「レモンティー」が大ヒット、年商3倍以上に
     倒産の危機を救った新ブランド、経営者の「本当にやりたいこと」を形に
     新開発の「マスキングカラー」が、5000万円売り上げるヒット商品に
     独自技術による”着心地”を武器に、自社ブランドを立ち上げ 他
    第2章 売り方・見せ方で差を付ける
     アナログ営業支えるデータ分析、困ったらすぐに相談、雑用も
     ”ゆっくり走ってほしい”との乗客の思いを伝える「タートルタクシー」
     介護用に見えない介護用品がヒット、女子学生が使いたくなる商品も
     ストーリーを盛り込んだフルコースで子供が主役に 他
    第3章 ”売れるネーミング”とは何か
     商品の特徴を的確に表現、ニッチ商品だからこそ「分かりやすく」
     無名企業でも関心を持ってもらえ、人脈を広げる
     優れたネーミングは社員の感性を磨くことから
     実力が伴っているから伝わる大胆フレーズ 他
    第4章 テーマパークに学ぶ”おもてなし”の極意
     ”新技術”から生まれるオンリーワン
     企業のこだわりを注入した「グッジョバ!!」
     顧客を呼び戻した大阪らしい「ボケ」 他

    ページトップへ