日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    新事業創出のための“言えない大事”

    新事業創出のための“言えない大事”

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:多喜義彦(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年03月28日

     
     
    新事業を創れ——。

    多くの企業が、新たな事業を起こすべく奮闘しています。しかし、これまでの大量生産時代の考え方のまま開発しても上手くいきません。

    これまで3000件の開発テーマの支援に携わり、現在も40社以上の技術顧問などを務める、開発コンサルタントである「開発の鉄人」こと、多喜義彦氏が新事業開発を進める上で、本当は知っておくべき心構えや取り組み方を伝授します。

    企業の開発現場に自ら足を運び、技術をいかに活用し、応用開発につなげるかを助言してきた同氏だからこそ言える“言えない大事”を77話にまとめました。

    【目次】
    第1章 開発を成功させる心構え
    ・プロローグ・駄目ならやめよう
    ・内なる消耗戦
    ・甲斐はあるのかい
    ・波長が大事
    ・信念という競争力
    ・忘却も開発
    ・上司はクライアント
    ・みんな私が悪い、のだ 他

    第2章 自分の弱さを打ち破る
    ・マイナスのキャリア
    ・ネアカは七難乗り越える
    ・男は女々しい
    ・負け犬の尻込み
    ・助平心と付き合おう
    ・チンケな優越感
    ・八方美人は八方塞がる
    ・小金持ちがケンカする 他

    第3章 答えは会社の外にある
    ・ニーズは出会いから
    ・理解度の方程式
    ・クレーム様
    ・人脈も開発
    ・足と笑顔と図々しさ
    ・外に向かえば面白い
    ・産学官で頑張ろう

    第4章 新ビジネスを生む発想法
    ・“序でに”しましょう
    ・三上で行こう
    ・風が吹けば桶屋が儲かる
    ・お布施がよい
    ・リアルな色事
    ・消費者と使用者
    ・大風呂敷を広げよう
    ・いいものは売るな
    ・モノからコト、そしてコンテンツ 他

    第5章 経営とはかくあるべき
    ・身の丈、身の程
    ・毎日が吉日
    ・“談合”は悪いことか
    ・暖簾分け
    ・自由度
    ・夢に責任があるか
    ・足入れ
    ・自己確認 他

    「多喜義彦(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ