日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    医療ミスを防ぐ技術 外来診療の訴訟事例に学ぶ

    医療ミスを防ぐ技術 外来診療の訴訟事例に学ぶ

    価格(税込):5,832

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:Kevin Barraclough(著)竹本毅(訳)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: 医療・バイオ・薬局・介護

    販売開始日:2017年06月23日

     
     
    ”私はここで間違えたのではないか?”
    一般診療で頻繁に遭遇する過誤を、多くの事例を提示して検証しました。


    総合診療医の診療ミスとして、医療訴訟の場に登場する病態は決して多くありません。

    英国の解析では、虫垂炎、足虚血、くも膜下出血、肺塞栓などの40症例が訴訟の95%を占めます。その40症例を、専門医と法律家の視点から徹底的に分析します。誤診に至る医師の思い込み、"認知の罠"を回避する術も紹介します。

    医療や司法制度が異なる英国の事例ではありますが、日本のプライマリ・ケアや総合診療でも見逃しやすい疾患は同じです。診療ミス、そして医療訴訟を回避する上で、この40症例を押さえることは、日本の医療現場でも必須です。

    【目次】
    第1部
     セクション1 「過失」の法律的構造
     セクション2 一般診療における誤診の原因と、その避け方
     セクション3 ベイズの推論および誤診の回避
     セクション4 エラー回避の助言集
    第2部 臨床例
     症例1 鉄欠乏の男性
     症例2 頭痛が突発したのはいつ?
     症例3 胸痛の女性
     症例4 めまいの男性
     症例5 妊娠女性の直腸出血
     症例6 ふくらはぎの肉離れ
     症例7 片麻痺性片頭痛の女性
     症例8 インドで体調を崩した後の過敏性腸症候群
     症例9 若い男性の背部痛
     症例10 ピル服用中の不規則な月経中間期出血
     症例11 脚を引きずる男の子
     症例12 咳をするマラソンランナー
     症例13 典型的な片頭痛の女性
     症例14 下痢と嘔吐のある若い女性
     症例15 義歯が合っていない高齢男性
     症例16 中年女性の背部痛
     症例17 男性の足の蜂窩織炎
     症例18 潰瘍性大腸炎の増悪
     症例19 下肢の皮膚にこぶのある女性
     症例20 顕微鏡的血尿のある女性
     症例21 脚を引きずる女の子
     症例22 自分の足につまずく建設業者
     症例23 不安を訴える過呼吸の女性 ほか
    第3部 エラーが生じた場合の調査と対応

    「Kevin Barraclough(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ