日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    判例で学ぶ 建築トラブル完全対策

    判例で学ぶ 建築トラブル完全対策

    価格(税込):4,860

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:日経アーキテクチュア

    出版社:日経BP社

    ジャンル: 建築・建設・土木

    販売開始日:2017年04月28日

     
     
    「高額化する損害賠償」「地盤問題の顕在化」「報酬未払い」「過労死」建築紛争のすべてがこれ1冊でわかる

     建築紛争に詳しい弁護士が「建築トラブルの重要判例」を厳選解説します。「接道」「日影」「不同沈下」などキーワードで調べられる実務に役立つ必携の一冊です。

    【目次】
    第1章 注目の判例
     『計画案の作成は営業活動』設計報酬を認めず
     地震被害で有罪判決 なぜ構造設計者に責任?
     建築士の過労死で建設会社に賠償命令 など
    第2章 企画・契約をめぐるトラブル
     発注者事由で再設計 告示15号に基づき満額認定
     突然の未接道扱いで建築不可に など
    第3章 設計をめぐるトラブル
     基本的な安全性を損なえば第三者にも賠償責任
     太陽光パネルの反射光害 受忍限度の範囲が焦点に など
    第4章 建築確認・開発許可をめぐるトラブル
     日影緩和の発散方式、違法判決で設計リスクに
     建設中集合住宅の確認を最高裁が取り消し など
    第5章 施工・監理をめぐるトラブル
     外壁タイルの不良施工で最長20年の不法行為責任
     設計図と異なる現場調整が瑕疵とされない場合とは など
    第6章 著作権などその他のトラブル
     認められなかった著作権『図面は表現にあらず』
     風俗店出店阻止策を市の違法行為と認定

    ページトップへ