日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    一流のリーダーがやっている部下のやる気に火をつける33の方法

    一流のリーダーがやっている部下のやる気に火をつける33の方法

    価格(税込):1,512

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:佐藤綾子(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年06月16日

     
     

    部下の育成・指導の悩みを解決する特効薬!
    「パフォーマンス心理学」を徹底解説


    相手の本音を言葉以外からしっかり読み取り、
    その感情に響くようなメッセージを発信すれば、
    部下が変わる、チームが変わる!

    ★ジャパネットたかた前社長・高田明氏推薦!
    「あなたの上司力が必ず変わります。
    リーダーのあるべき姿が的確に語られている最高の本です。さすが佐藤先生!」

    「ちょっと叱ると、すぐにへこんで無口になる」
    「ぜんぜん相談に来ないから、できていると思っていたら何も進んでいなかった」
    「言われたことの表面だけは何とかやるが、その先を自分で考える熱意が見えない」
    ——そんな“つかみどころのない"部下の指導に悩んでいませんか?

    上司のリーダーシップがますます問われる時代、部下の育成・指導に
    関する悩みも増えています。

    いま求められているのは、「褒める」「叱る」以前に彼らが何を考えているかを
    一瞬で読み取る力なのです。そして彼らの感情が動くようにメッセージを発信する
    こと。そこで、ぜひ活用してほしいのが「パフォーマンス心理学」です。

    人は誰しも何らかの「役割」を演じています。職場で言えば「上司」と「部下」。
    その意味で仕事をしている人は皆「パフォーマー(役者)」であり、職場は
    「パフォーミングステージ(舞台)」です。その観点から、職場の問題を捉えなおす
    のが「パフォーマンス心理学」。

    上司には、役割を演じる相手の本心を言葉以外からしっかり読み取り、適切な表現を
    発信していく役目があります。本著では、パフォーマンス心理学の最新の知見から
    3部構成で上司の悩みを解決していきます。

    【目次】
    【第1部】 言葉に出ていない部下の心を見抜く技術
     1を聞いて10を知る部下と何も知らない部下の見抜きアイコンタクト
     「誰をミミクリしているか」でリスペクトの対象がわかる
     部下のやる気計測は「歩幅60cm(女性55cm)」がヒント
     相槌(言語調整動作)がオートマトンになったら要注意
     デキる部下は「快のスマイル」&「社会的スマイル」
     「スマイル仮面」にだまされないコツ   他

    【第2部】 部下の感情にまで届くメッセージ発信の技術
     人は命令調の文体になぜ反発するか
     相手にはあなたの話を聞かない権利がある
     若くて純粋な人ほど「貢献」に魅かれる
     部下に自信を与える現代の2人の名将の伝え方に学ぶ
     自主性のないところにコンプライアンスはない
     ユーメッセージをアイメッセージに切り替える   他

    【第3部】 どんなに苦労してもへこたれない リーダーのメンタル講座
     上司のためのストレスコーピング3つのC
     リーダーの表現はパフォーマンス心理学のABC理論が基本
     「GRIT〜やり抜く力」は高い貢献意識から
     やる気のあるチームをつくる
     ストレスを力に変える方法
     笑顔が自分を救う   他

    ページトップへ