日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    PMBOKが教えない成功の法則

    PMBOKが教えない成功の法則

    価格(税込):2,700

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:本園明史(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年07月28日

     
     

    今どきのプロジェクトに正攻法は通用しない!
    教科書が教えない成功の法則を丸ごと伝授


    IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)といった先端ITの導入、新事業の立ち上げ──今どきのIT(情報技術)関連プロジェクトの多くは「手探りプロジェクト」です。ゴールが明確でスタート時に先行きの計画を立案できるこれまでのプロジェクトとは違い、ゴールはそもそも曖昧で、スタート時に先行きの計画を立案するのはほぼ不可能です。計画を作ったとしても、途中で大幅に変更せざるを得なくなります。

    通常のプロジェクトが突然、「手探り」状態になるケースも珍しくありません。今どきプロジェクトは短納期・低予算で人もギリギリ。事業と密に関わっており、関係者は多種多様。こんな状況ではちょっとしたことがきっかけで、突然、真っ暗闇に放り込まれてしまいます。

    PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系)をはじめ、プロジェクトマネジメントの教科書や参考書は数多くありますが、今どきのプロジェクトに求められるテクニックはほとんど教えてくれません。

    本書は今どきの「手探りプロジェクト」に焦点を当てて、成功に導くテクニックを109の「セオリー」として具体的に分かりやすく説明します。セオリーの中には「そんなやり方、アリ?」と思われるものも少なくありません。人材評価や社内政治に関わるものなど、通常のプロジェクトマネジメントの範囲から外れたトピックもあえて取り上げています。マネジャーやリーダー、SEなど、プロジェクトに関わるすべての方にお役立ちの1冊です。

    【目次】
    第1章
    「ダメに決まっている」が前提〜プロジェクトの立ち上げと計画立案時の留意点
    ・不確実性と折り合う
    ・「無計画」を計画し、徘徊・放浪する
    ・「暗闇」ならでは計画の立て方
    ・方法論やフレームワークの賢い生かし方 ほか

    第2章
    意思決定の99%は理屈でなく「感情」〜ヒアリング/要求定義のポイント
    ・最初が肝心、現場ヒアリングの心得
    ・数字に振り回されない調査結果の整理・分析術
    ・要求仕様を創作し、合意に持ち込むテクニック
    ・「二枚腰」で現場をコントロールする ほか

    第3章
    言行不一致こそ良いマネジメント〜社内コントロールの極意
    ・エンジニア出身マネジャーはここに注意
    ・上層部への説明につまずかないテクニック
    ・部下とのすれ違いを克服するコツ
    ・チームリスクの芽を早期に摘み取る
    ・情報不足の中で意思決定を進める勘所 ほか

    第4章
    問題は無くすのではなく「やり繰り」する〜緊急事態への対処術
    ・突然降りかかる難問への対処法
    ・問題解決の無駄な労力を避ける
    ・問題解決のカギを握る事前対策
    ・一筋縄でいかない問題にどう立ち向かうか
    ・危機的状況のやり過ごし方・生かし方 ほか

    「本園明史(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ