日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    SDGsとESG時代の生物多様性・自然資本経営

    SDGsとESG時代の生物多様性・自然資本経営

    価格(税込):2,376

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:藤田香(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年10月31日

     
     

    SDGsに貢献しESG投資を呼び込む「自然資本経営」はこれだ!


    国連のSDGs(持続可能な開発目標)や東京五輪が話題になる中、地球の自然資源を枯渇させない持続可能な経営として、「生物多様性・自然資本経営」に注目が集まってきた。
    持続可能な調達や街づくりの観点からも重要になっている。
    ESG(環境・社会・ガバナンス)投資家も、企業が自然資本経営をしているかを投資判断に入れる傾向が強まってきた。本書籍はSDGsやESG投資、五輪と結び付けて生物多様性経営や自然資本経営を解説するとともに、最先端の企業事例を60以上も盛り込んで具体的な取り組みを紹介している点が特徴だ。
    ユニリーバやネスレなど海外企業の事例も盛り込んでいる。
    既に取り組んでいる企業や、これから着手する企業だけでなく、大学生や自治体の担当者にも分かりやすい内容となっている。

    <主な内容>
    【第1部】 「生物多様性と自然資本の世界動向」
    【第2部】 「先進企業の自然資本経営から学ぶ」
    【第3部】 「海外の巨人から学ぶ」
    【第4部】 「自然資本の定量評価とESG情報開示」
    【第5部】 「押さえておきたい基礎知識」

    【目次】
    【第1部】 生物多様性と自然資本の世界動向
     生物多様性から自然資本への流れ/SDGsや人権問題にどう対処するか/ESG投資家はここを見ている/東京五輪の持続可能な調達コード/企業が取り組む手順とは
    【第2部】 先進企業の自然資本経営から学ぶ
     トヨタ自動車、イオン、花王、キリン、三菱地所、日本コカ・コーラ、森ビル、仏ミシュラン など
     持続可能な調達や、自然資本を把握して経営に生かすコツ
    【第3部】 海外の巨人から学ぶ
     ユニリーバ、ネスレ、ケリング、ウォルマート・ストアーズ、イケア、グーグル
    【第4部】 自然資本の定量評価とESG情報開示
     格付けされるESG情報、GPIFも動く
    【第5部】 押さえておきたい基礎知識

    ※この電子書籍は固定レイアウト型のため、タブレットやパソコンなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
     

    ページトップへ