日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    「いい会社」ってどんな会社ですか? 社員の幸せについて語り合おう

    「いい会社」ってどんな会社ですか? 社員の幸せについて語り合おう

    価格(税込):1,620

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:塚越寛(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年08月18日

     
     

    いい会社とは、どんな会社か——。
    トヨタ自動車の豊田章男社長も共鳴する「年輪経営」の提唱者が
    気鋭の起業家2人と考えた「経営と幸福」の深い関係


    いい会社とは、一体どのような会社でしょうか。
    哲学的なようで、経営においては極めて実践的な問いだと著者は言います。
    ぶれない軸を持つためです。

    長野県伊那市で寒天メーカー・伊那食品工業を経営してきた著者は、
    トヨタ自動車の豊田章男社長も共鳴する「年輪経営」の提唱者。
    48期連続増収増益を達成し、大企業のトップもベンチャー企業も教えを乞う
    知る人ぞ知るカリスマ経営者です。

    そんな塚越氏から直接教えを請いたいという気鋭の起業家、
    働き方改革の旗手、サイボウズの青野慶久社長と、
    ミドリムシで世界を救う社会派、ユーグレナの出雲充社長の2人が、それぞれ
    塚越氏の元を訪れ、「社員を幸せにするいい会社のつくり方」を徹底的に議論しました。

    「年輪経営」のエッセンスを簡潔にまとめた16の要点と
    伊那食品工業の名物「朝行事」の様子も詳細に解説します。


    「果たして、今年80歳の私のこうした考えは、46歳の青野社長、37歳の出雲社長の二人に
    どう映るのか、真剣に語り合いました。結論を言えば、世代を超えて大いに共鳴し、
    経営には普遍の原理原則があることを再確認できました。
    一方で、新しい時代の流れに目を見開かされ、気付き、学んだことも多くありました。」
    「いくつになっても人生は勉強の連続です。若き経営者に背中を押された私の学びが、
    いい会社をつくりたいと願う読者の方々の日々の仕事に役立つことを願います。」
    (「はじめに」より)

    【目次】
    働き方改革を先駆的に進めるイクメン起業家
    青野慶久が塚越さんに聞きたいこと

    ◆01 職場を快適にするとどんないいことが起こるのでしょうか?
     半分の人生で幸せか/経費削減はNG言葉/他
    ◆02 売り上げや利益より大事なもの、やっぱりありますよね?
     利益は残ったウンチにすぎない/働くママの動画に1億円/他
    ◆03 会社は絶対、永続しないとダメなのですか?
     理念を実現したら会社は解散?/会社を守るべきか、事業を守るべきか/
     ありがとうと言われるように、言うように/なぜ役員会議で数字の話をまるでしないのか
    ◆04 幸せを生む人事制度のツボを教えてください
     年功序列型と市場評価型賃金の共通項/狙いが分かりやすい制度でなければ定着しない/他
    【現場視察】密着!伊那食品工業の朝行事

    ミドリムシで世界を救う社会派起業家
    出雲 充が塚越さんに聞きたいこと

    ◆05 経営者としての価値観はどのように形成されましたか?
     価値観形成に母が影響/なぜ居酒屋で自主的に食器を重ねるのか/他
    ◆06 「年輪経営」は万能ですか?
     事業スピードの追求は悪か?/右脳型人間が日本を変える?/他

    ページトップへ