日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    変化に強い計画・問題発見の技術 プロジェクトの「測る化」

    変化に強い計画・問題発見の技術 プロジェクトの「測る化」

    価格(税込):2,700

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:藤貫美佐(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: IT・デジタル

    販売開始日:2017年09月15日

     
     

    見える化の一歩先の“測る化”
    プロジェクトの計画や問題発見に必須の実践書!


     大手ITベンダーで300件超のプロジェクトの見積もりを支援してきた筆者が、プロジェクトにおけるQ(品質)、C(コスト)、D(納期)、S(スコープ)の測り方を手ほどきします。

     プロジェクトの計画を立てたり、プロジェクト実行中の問題発見をしたりするための必須作業となります。

     かつて、プロジェクトマネジャーはKKD(勘と経験と度胸)と言われた時代もありましたが、今はそれだけでは太刀打ちできません。納期やコストを守るためにも、多くのステークホルダーの合意を得るためにも、誰でも納得できる客観的な判断基準と、それに基づく素早いアクションが必要となってきています。客観的な判断基準の礎となるのが本書の主軸となる“ 測る化” です。

     プロジェクトをマネジメントしていくためにはQ、C、Dが基本と言われますが、ITシステムの場合これだけでは不十分です。起点となるSも管理していくことが求められます。よって、本書では“QCD + S の測る化”としてあえてS を強調しています。

     第1章ではQCD+S の各要素を定量することの目的や効果、および、プロジェクト計画時に検討しておかなければいけないことを中心に述べています。第2章では、プロジェクト実行時においてQCD + S の各要素をどのように監視し、アクションにつなげていくかについて述べます。最後に、“QCD+S”の負のスパイラルのパターンとどのようなアクションを検討すべきかについて解説しています。

     定量的なプロジェクト計画、および管理には近道はないが、積み重ねていけば必ず成果につながること解説しています。

    【目次】
    1章 計画ミスをなくす プロジェクトの測る化
    1-1 測る化とは何か
    1-2 S(スコープ)の測る化
    1-3 Q(品質)の測る化
    1-4 C(コスト)の測る化(前編)
    1-5 C(コスト)の測る化(後編)
    1-6 D(納期)の測る化

    2章 問題をすぐ見つける プロジェクトの測る化
    2-1 QCD+Sの管理
    2-2 プロジェクト実行中のS(スコープ)の測る化
    2-3 プロジェクト実行中のQ(品質)の測る化
    2-4 プロジェクト実行中のD(納期)の測る化
    2-5 プロジェクト実行中のC(コスト)の測る化
    2-6 QCD+Sの測る化

    ページトップへ