日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?[増補改訂版] 不動産流通革命に挑む改革者たち

    ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?[増補改訂版] 不動産流通革命に挑む改革者たち

    価格(税込):1,620

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:茂木俊輔(著)日経BPビジョナリー経営研究所

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年12月01日

     
     

    新たな挑戦を続けるソニー不動産の次なる展開とは


    『ソニーはなぜ不動産業を始めたのか?』第1版では、お客様への調査で9割を超える人が「満足」と答えたソニー不動産が、どのように立ち上げられたのか、そのビジネスの新しさや不動産市場における意義は何なのか、をみてきた。
    今回の増補改訂版では、ヤフーとの業務・資本提携のいきさつも加え、それが可能にした「おうちダイレクト」という不動産売買プラットフォームの構築・運営が、消費者にとってどのような意味を持つものなのか、を明らかにする!

    【目次】
    【01】事業が始まった瞬間
    【02】なぜいま「不動産」なのか
    【03】なにが「新しさ」なのか
    【04】なぜ「人が集まる」のか
    【05】なぜ「高く」売れるのか
    【06】なぜ「事業」が動き出したのか
    【07】開業3年の成長とヤフーとの提携
    【08】「おうちダイレクト」の目指すもの

    ◎インタビュー1
      ソニー不動産代表取締役社長
      西山和良 氏
        「感動価値」を提供することこそ事業の意味
    ◎インタビュー2
      ソニー執行役EVP CSO 兼ソニーモバイルコミュニケーションズ代表取締役社長
      十時裕樹 氏
        ソニー不動産はソニーのDNAそのもの

    ページトップへ