日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    起業の科学 スタートアップサイエンス

    起業の科学 スタートアップサイエンス

    価格(税込):2,484

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:田所雅之(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年11月14日

     
     

    スタートアップが必ず直面する課題とその解決策を、時系列に整理。
    失敗を潰せる「科学的な起業」の教科書。あなたの失敗は99%潰せる!


    日米で複数の起業経験を持つアントレプレナーにしてベンチャー投資家である著者が、
    自分自身の起業経験、投資経験を踏まえて「科学的な起業」の考え方を時系列でまとめました。

    どうすれば起業の失敗を避けられるのか。
    著者は、5年前から研究に着手しました。

    そのために集めた情報は膨大です。
    ◎1000人以上の起業家、投資家を取材
    ◎起業に関する理論書と、起業家の自伝300冊を熟読
    ◎起業家のブログ500本、講演動画1000本を解析

    その研究成果をまとめた1750枚のスライド、「スタートアップサイエンス」は、全世界で5万回シェアの大きな反響を呼びました。
    このスライドの内容を基に大幅加筆したのが本書です。

    従来は、スタートアップが成長する過程で、いつ、何を達成すれば目標に向かって前進できているのかを確認できるものさしとなる情報がほとんどありませんでした。
    有用な情報があったとしても、書籍やブログ、動画などそれぞれのパッケージの中に散らばっていて探すにも、読み込むにも膨大な時間が掛かり、活用しにくいものでした。
    そこで、起業家がカスタマーから熱烈に愛されるプロダクトを生み出し、スケール(事業拡大)できるようになるまでの考え方を20ステップで整理しました。
    アマゾンやフェイスブックのような『大成功するスタートアップ』を作ることはアートかもしれません。でも、この本で示した基本的な型を身につければ『失敗しないスタートアップ』は高い確率で実現できるのです。

    【目次】
    ◆Chapter1 IDEA VERIFICATION【アイデアの検証】
     1-1 スタートアップにとっての「良いアイデア」とは
     1-2 スタートアップのメタ原則を知る
     1-3 アイデアの蓋然性を検証する  他

    ◆Chapter2 CUSTOMER PROBLEM FIT【課題の質を上げる】
     2-1 課題仮説を構築する
     2-2 前提条件を洗い出す
     2-3 課題〜前提の検証

    ◆Chapter3 PROBLEM SOLUTION FIT【ソリューションの検証】
     3-1 UXブループリントを作る
     3-2 プロトタイプの構築
     3-3 プロダクトインタビュー

    ◆Chapter4 PRODUCT MARKET FIT【人が欲しがるものを作る】
     4-1 ユーザー実験の準備をする
     4-2 MVPを構築する
     4-3 MVPをカスタマーに届ける  他

    ◆Chapter5 TRANSITION TO SCALE【スケールするための変革】
     5-1 ユニットエコノミクスを計測する
     5-2 顧客1人当たりのLTVを高める
     5-3 顧客獲得コスト(CPA)を下げる

    ※この電子書籍は固定レイアウト型のため、タブレットやパソコンなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

    「田所雅之(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ