日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    デジタルレイバーが部下になる日

    デジタルレイバーが部下になる日

    価格(税込):1,728

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:池邉竜一(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2018年02月20日

     
     
     現在、デジタルレイバー、RPAまたはAIという言葉は、ややもすれば、人間から職と生活の糧を奪う敵のような存在と見なされるケースも少なくありません。
     しかし、幾度となく起きた産業革命の歴史に倣うならば、まずは新たな労働力の登場を受け入れ、これまで人間にとって最適と思われた「効率化」をすべて見直すことが肝要です。そのうえでデジタルレイバーと人が協働する業務設計、すなわちワークスデザインを新たに創造することで、疲れを知らず、身を粉にして人の業務に寄り添ってくれる部下(デジタルレイバー)によって、人は「働く」ことの真の価値と喜びを手に入れることになるでしょう。
          『デジタルレイバーが部下になる日』はじめにより抜粋

     働き方改革を実現するための本命ともいわれるRPA。その具体的なサービスであるデジタルレイバーがなぜ今後、普及していくのか、歴史の流れから見た必然性や、どの仕事をデジタルレイバーに任せるか、デジタルレイバーと人間がどのように協働するのか、そして人間はどのように幸せな生活を送れるようになるのかを解説する。

    【目次】
    第1章 なぜ今、デジタルレイバーなのか
     第1節 デジタルレイバーが普及する理由と背景
     第2節 デジタルレイバーとは何か
     第3節 産業革命と市場原理、雇用のあり方
     第4節 評価される人材の変遷
    第2章 RPAとは何か
     第1節 どのような機能があるのか
     第2節 情報システム開発との違い
     第3節 マクロとの違い
     第4節 RDAとの違い
     第5節 RPAには長所と短所がある
     第6節 RDAからRPAへのスイッチ
    第3章 ビジネスでRPAを使いこなす
     第1節 どのようなところで使われているのか
     第2節 七つの誤解を解くことからスタート
     第3節 三つのRPA開発手法
     第4節 導入後に起こりうる事態とその解決法
    第4章 デジタルレイバーがもたらす未来の働き方
    第5章 デジタルレイバーとの協働で未来にイノベーションを
     第1節 RPAを活用できる人材とは?
     第2節 デジタルレイバー導入にあたって
     第3節 人間を取り巻くシステムとは

    「池邉竜一(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ