日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    すぐ実践!利益がぐんぐん伸びる 稼げるFTA大全

    すぐ実践!利益がぐんぐん伸びる 稼げるFTA大全

    価格(税込):2,700

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:羽生田慶介(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2018年07月13日

     
     
    あなたは、FTA(自由貿易協定)のこんな特徴を、知っていますか--。
    ◆ FTAの"使い漏れ"を解消するだけで、営業利益率が20%改善
    ◆ FTAを駆使すれば、外国でのM&A機会が増える
    ◆ 各国GDPの10〜15%を占める「政府調達」がビジネスチャンスに
    ◆ 正しく活用できなければ、追徴課税400億円超の例も

    TPP11や、日本EU・EPA(経済連携協定)。
    2019年には大規模FTA(自由貿易協定)が相次ぎ発効される見通しです。
    けれど、果たしてこれらの動きが、日本の企業にどんな影響を与えるのか、十分に理解している経営者やビジネスパーソンは少ないのではないでしょうか。

    「FTAは何だかよく分からない」と放り投げてしまうのはもったいない!
    本書で指摘している通り、「関税3%は法人税30%に相当」します。
    仮に、これまで輸出入でかかっていた関税がゼロになれば、それを活用するだけで、昨日と同じビジネスを続けているだけでも、ザクザクと利益を生み出すことができるのです。ほかにも、海外企業のM&Aがよりやりやすくなったり、各国GDPの10〜15%を占める「政府調達」に入札しやすくなったりするなど、FTAを活用することで、ビジネスチャンスはぐんと広がります。
    同時に、FTAのルールをきちんと守れていなければ、税関当局の指摘を受けてしまい、サプライチェーンが止まるという甚大な被害を受けることもあるのです。
    本書を読めば、あなたはもういてもたってもいられなくなるはずです。
    日本初、企業が「稼ぐ」ためのFTA攻略本を、あなたの会社の経営にも役立ててください。

    【目次】
    ◆はじめに 本当は怖いFTA残酷おとぎ話
      2030年、笑うアリ社長と泣くキリギリス社長/「関税ゼロ」の利益が設備投資の源泉に/
      FTAの書類不備で負のスパイラルに/おとぎ話か、未来への啓示か

    ◆第1章 導入編 まず理解すべき通商の基本
      【1項】 ウチの会社に「通商のプロ」はいるか
      【2項】 FTAの“使い漏れ”解消で利益倍増!
      【3項】 本当は怖いFTA、大手取引先を失うことも
      【4項】 主なFTAの骨子を理解する

    ◆第2章 実践編 すぐ始める通商対応
      【5項】 6つのアプローチで通商ルールを使いこなせ
      【6項】 FTAの“使い漏れ”を解消して当期の利益アップ
      【7項】 FTAが抱える恐怖、コンプライアンスリスク
      【8項】 製造業以外にも多様な恩恵をもたらすFTA
      【9項】 地域統括本部は管理部門から投資部門へ
      【10項】 世界で広がる「保護主義」への対抗

    ◆第3章 戦略編 激動の通商環境を生き抜く
      【11項】 100年に1度の通商激動期がやってきた
      【12項】 「所有」から「利用」する経営へ
      【13項】 もっとルールづくりに参加しよう

    ◆おわりに

    「羽生田慶介(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ