日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    構想力の方法論

    構想力の方法論

    価格(税込):2,376

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:紺野登(著)野中郁次郎(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2018年07月27日

     
     

    これからは、想像力を超えた「構想力」へ


    不正相次ぐ大企業、掛け声だけの働き方改革、かみ合わないデジタル化…
    日本の問題は、想像力の欠如に起因する構想力の欠乏にある。

    これからの時代、目先の課題より
    世界的な視野で社会全体の在り方を見据え、
    方向性を考えるべきだ−−
    野中郁次郎氏、紺野登氏が贈る新世代へのメッセージ。

    「この本は知識創造理論を基礎にして、いかに構想力を「次代の知力」として
    身に付けられるか。その方法論がテーマです。
    構想力を高めるヒントやメソッド、儲け方などについて書かれた
    ノウハウ本ではありません。構想事例(ケース)集でもありません。
    それらを期待する読者をがっかりさせるかもしれません。
    経営の世界だけでなく、社会的活動や研究活動など何らかの構想や
    構想力を求められる読者も想定しています。本書が構想力について
    関心を持ち、実践していくための「知的資源」となれば幸いです。」
    (「はじめに」より)

    【目次】
    ◆はじめに 思考のイノベーションの時代へ
      「創造力の欠如」に起因する「構想力の欠乏」が日本の現状映す/信頼の低下が招く危機   ほか

    ◆第1章 構想力の危機
      もはや20世紀ではない/閉鎖的な「イエ制度」が生む歪み/現場主義への過剰な信仰心招く悪循環   ほか

    ◆第2章 構想力とは何か
      存在しないものを存在させる力/世界観を変える構想力/ダイナブック構想   ほか

    ◆第3章 知識創造と目的工学
      構想力の方法論/構想力のプロセス1:構想をデザインするプロセス(知識創造理論)/知識創造プロセスによる構想化   ほか

    ◆第4章 エコシステムのデザイン
      構想化のプロセス3:エコシステムの形成プロセス/エコシステムが事業や政策の要を形成する   ほか

    ◆第5章 歴史的構想力
      構想力の時空間を広げよう/未来をつくる歴史の智慧/イノベーションは歴史的事件として起きる   ほか

    ◆第6章 日本の構想力
      構想力で負けた日本/日本的構想力の可能性/(1)構想という言葉のあり方/(2)日本の構想力の可能性   ほか

    ◆あとがきと謝辞

    「構想力の方法論」を買った人はこのタイトルも買っています

    「紺野登(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ