日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

    ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

    価格(税込):2,376

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:ジム・コリンズ(著)山岡洋一(訳)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年07月28日

     
     
    「成功から生まれる傲慢」「規律なき拡大路線」「リスクと問題の否認」「一発逆転策の追及」「屈服と凡庸な企業への転落か消滅」ーー。
    企業は、いつかは衰退する。それは偉大であった企業も例外ではない。本書は、『ビジョナリー・カンパニー』『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』で膨大な調査データから「時代を超える生存の法則」と「良好な企業から偉大な企業への飛躍の法則」を導き出した在野の経営学者、ジェームズ・C・コリンズが、一転して「衰退の法則」に着目、「衰退の5段階」としてまとめた。

    取り上げられたのは、前記2冊で言及された60社の大企業のなかから、「衰退の五段階」を歩んだヒューレット・パッカード(HP)、メルク、モトローラ、ラバーメイド、スコット・ペーパー、ゼニスなどの11社。

    この11社を現時点で衰退していない同業の比較対象企業と比較し、どこが岐路となったのかを分析した。衰退企業11社を選んだのが2008年の金融危機以前であったため、『ビジョナリー・カンパニー2』で飛躍企業として取り上げられ、経済危機で国有化されたファニーメイ(連邦抵当金庫)は入っていないが、付録に「ファニーメイと2008年の金融危機」として言及されている。

    卓越したリーダーによって衰退パターンを逃れたケースもある。ルイス・ガースナーによって再建されたIBMや、ニューコア、ノードストロームのケースが付録として収録されている。

    【目次】
    謝辞
    前書き

    第一章 静かに忍び寄る危機
    危機の瀬戸際にあって気づかない

    第二章 衰退の五段階
    調査の過程
    調査結果ーー五段階の枠組み
    脱出への道はあるのか

    第三章 第一段階 成功から生まれる傲慢
    傲慢な無視
    何となぜの混同

    第四章 第ニ段階 規律なき拡大路線
    自己満足ではなく、拡張しずぎ
    成長への固執
    パッカードの法則の無視
    問題のある権力継承

    第五章 第三段階 リスクと問題の否認
    方針の誤りを示す事実が積み重なるなかで大きな賭けに出る
    喫水線下のリスクをおかす
    否認の文化

    第六章 第四段階 一発逆転策の追及
    特効薬を探す
    パニックと必死の行動

    第七章 第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
    戦いをあきらめる
    選択肢が尽きる
    否認なのか希望なのか

    第八章 充分な根拠のある希望

    付録一 衰退企業の選別基準
    出発点
    基準一−−設立以来のいずれかの時期に偉大な企業であったこと
    基準二−−偉大な企業から凡庸な企業かそれ以下に転落したこと
    基準三−−その他の除外理由

    付録二 比較対象成功企業の選別基準
    ほか

    ページトップへ