日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

    ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:リーアンダー・ケイニー(著)関美和(訳)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: IT・デジタル デザイン 小説・エッセイ・その他

    販売開始日:2015年01月15日

     
     
     スティーブ・ジョブズが絶対的な信頼を寄せたカリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ。そのアイブのイギリスでの生い立ち、学生時代、アップル入社後のiMac、iPhone、iPad、MacBook Airなど数々の革新的な製品づくりでの試行錯誤、さらには社内での争いまで──。
     初めて、ジョナサン・アイブの生き方、大胆にリスクを取る思考、デザインへのひたむきな姿勢、ものづくり哲学が明かされる。長年「Cult of Mac」を運営してきたジャーナリスト、リーアンダー・ケイニ—が、ジョナサン・アイブを徹底的に紹介します。

    ■アップルのデザイン哲学を解説
     アップルの製品開発の中枢、デザインチームのオフィスに入れるのは役員でも限られた人間だけ。そんな秘密のベールに包まれたアップルのデザインチームとそれを率いるジョナサン・アイブの素顔に迫った初めての本。
     「外観だけを繕うのはデザインではない」と断言するアイブは、利益ばかりを追求する社の姿勢に嫌気がさし、辞めることを考えるようになる。そこにスティーブ・ジョブズが復帰。アイブとジョブズは毎日のように会い、話をして、アイブは社内で大きな権力を得ていく。内部を設計するエンジニアよりも、製造を担当するオペレーション部門よりも、その影響力は大きい。そして生まれたのが、iMac、iPhone、iPadなどの、世界を変えたアップルの製品だ。

    <CONTENTS>
    ・日本語版序文 林信行
    ・主な登場人物
    ・まえがき
    ・1章 生い立ち
    ・2章 イギリスのデザイン教育
    ・3章 ロンドンでの生活
    ・4章 アップル入社
    ・5章 帰ってきたジョブズ
    ・6章 ヒット連発
    ・7章 鉄のカーテンの向こう側
    ・8章 iPod
    ・9章 製造・素材・そのほかのこと
    ・10章 iPhone
    ・11章 iPad
    ・12章 ユニボディ
    ・13章 サー・ジョニー
    ・謝辞
    ・守秘義務と情報源
    ・注記

    「リーアンダー・ケイニー(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ