日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    C#ショートコードプログラミング 第3版

    C#ショートコードプログラミング 第3版

    価格(税込):3,672

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:川俣晶(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: IT・デジタル

    販売開始日:2018年04月24日

     
     
     本書は、C#でコードをいかに短く記述するかというアイデアをまとめた解説書で、2011年1月に発行した第2版の改訂版になります。
    第2版では、C# 5.0の言語仕様で使用可能なLINQを切り札としてコード半分を実現していました。当時はまだLINQは全C#プログラマの共通基盤ではなかったからです。
     この第3版では、C# 7.0の世代までに機能を広げ、以下のアイデアのもとにコードの短縮化を示しています。

    ・C#の改良により、よりソースコードを短く書くための機能が拡張されている
    ・LINQを使わない方が短く書けるケースもあるが、意外と盲点になっている
    ・もっと短く書けるケースを新たに閃くこともある

     具体的には、式化、out変数、値型タプル、null演算子などの機能を使うアイデアを紹介しました。さらに第3版では、気になった項目についてはコードの実行速度にも着目しました。
    特に注意すべき点はLINQです。LINQは高速ではありません。LINQの多用は速度をスローダウンさせるケースがあります。
    ですから、より望ましい書き換えとしてLINQ の利用を避けた場合があります。つまり、第2版では「LINQを使って短縮しました」という結論だった事例が、
    今回は「LINQを使わないようにより短く書き直した」という結論に変化しているものがあります。

    【目次】
    はじめに

    第1章 基本編(その1)
    第2章 基本編(その2)
    第3章 日付時刻ハンドリング
    第4章 コレクションハンドリング
    第5章 LINQ ハンドリング
    第6章 文字列ハンドリング
    第7章 ファイルハンドリング
    第8章 JSON/XML ハンドリング
    第9章 タスクハンドリング
    第10章 非同期ハンドリング
    第11章 エンコーディングハンドリング
    第12章 ミサレイニアス
    第13章 ケーススタディ
    第14章 ヒント

    付録A デバッガと値の確認の問題
    付録B ショートコードのヒント

    索引

    ※この電子書籍は固定レイアウト型のため、タブレットやパソコンなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

    ページトップへ