日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    ワシントン緊急報告 アメリカ大乱

    ワシントン緊急報告 アメリカ大乱

    価格(税込):1,836

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:吉野直也(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: 国際・アジア

    販売開始日:2017年05月19日

     
     
    ケント・カルダー米ジョンズ・ホプキンス大学ライシャワー東アジア研究所長
    「トランプの米国の今日と明日を知る必読書」

    以下、本書「はじめに」から、一部抜粋する。

    「不動産王から大統領に駆け上ったドナルド・トランプを取材していて忘れられない場面が2つある。
    1つは共和党候補の指名を確実にした2016年5月3日のインディアナ州予備選で勝った後の演説、もう一つは大統領に当選した11月9日未明の勝利演説の際の表情だ。

    勝ったにもかかわらず、いずれも笑顔がなく、顔面蒼白だった。5月は大統領になる確率が数字上は5割になり、11月は大統領になるのが決まった。
    職責の重さを実感した緊張に映ったが、同時にトランプは大統領を本当にやりたいのだろうか、という疑問が浮かんだ。「大統領になる」のと「大統領をやる」のは違う。
    (中略)
    トランプの2つの表情から「大統領にはなりたい」が「大統領はやりたくない」という相克が一瞬透けたようにみえた。白黒をつけずに灰色にとどめるのも必要な大統領のような仕事が得意でないことはトランプ自身がもっとも知っているからだ。
    (中略)
    戦後の世界の秩序づくりを主導してきた米国そのものがトランプの登場により、混乱の元凶になりかねない。世界の未体験ゾーンでもある。
    大統領選、政権発足から2カ月余りみて「米国大乱」の思いを強くし、それが本を書く出発点になった。
    日本経済新聞政治部で20年近く、そして米州総局ワシントン支局で5年間全米を取材した蓄積を「ワシントン緊急報告」として発表する。」

    【目次】
    第1章 ラストベルト
    column 元中間層の失望や怒りが政治への反乱に
    第2章 変身
    column 実はとても人間的だったヒラリー・クリントン
    第3章 登場
    第4章 本番
    column プロレスと米大統領選の因果関係
    第5章 敗北
    column WWEファンはトランプ支持?
    第6章 衝撃
    column ビッグデータ選挙の号砲
    第7章 正体
    第8章 薄氷
    column 細る日本語教育
    第9章 標的
    column 「予測不能」は力の源泉
    第10章 功績
    column 保守とリベラルの周期
    第11章 迷走
    column 任期をまっとうするか、弾劾裁判か
    第12章 始動
    column こだわりは細部に
    第13章 実行
    第14章 強行
    column 歴史的な国防費増額に透ける選挙対策
    第15章 再会
    column 「政治力のない日本の政治家との頻繁な面会は遠慮したい」
    第16章 接近
    第17章 転換
    column 微妙な米独関係を反映したメルケル首相との会談
    第18章 操作
    column 「毎日が戦争」--トランプとバノンを結びつけた“飢餓感"

    ページトップへ