日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録

    実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:原田節雄(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: 企業・業界

    販売開始日:2017年08月25日

     
     
     日の丸規格の国際標準化交渉で連戦連勝だったソニーの凄腕交渉人の手記。この人がいなければ、Suicaの国際標準化はなかった。日米欧の企業が激突する国際交渉の舞台裏を赤裸々に描いたノンフィクション。以下は、本書「まえがき」から。

     「本書は、ソニーに勤務していた「交渉人」の私が当事者として経験した日の丸規格の国際標準化の舞台裏を、ソニーのフェリカ(JR東日本のSuica)、デンソーのQRコード(二次元バーコード)、東京電力のUHV(1100キロボルト超高圧標準電圧)について初めて明かすノンフィクションである。
     国際標準という言葉は一般には馴染みがないかもしれないが、たとえばSuicaという便利な交通用のカードは、私たちがあらゆる交渉のテクニックを駆使して反対勢力の裏をかき、多数派工作に成功していなければ、国際標準化に失敗していまほど広く普及していなかったかもしれない。そう考えると、意外に身近に思えるのが国際標準なのだ。
     誰もが知っている典型的な国際標準は、長さや重さ、時間などの計量単位の度量衡標準である。その他、ネジのサイズやピッチ、各種標識なども国際標準だ。
    これらの標準がなければ、私たちの社会生活は大変不便になる。
    (中略)
     国際標準化という企業同士が争う戦場で力もカネも技術もない日本が勝利するのは、絶望的な状況になった。米国も欧州も中国も、すでにマイナーな日本の味方ではない。本書で取り上げた事例は、日本にとって最後の輝きだったのかもしれない。」

    【目次】
    第1部 交渉人修行時代
    第1章 電子部品CALSという受託事業
    第2章 不思議な国家事業ユニバーサル・リモコン
    第3章 副業の翻訳で稼ぐ

    第2部 欧米勢と激突する
    第4章 技術渉外部の危機
    第5章 デンソーQRコードの標準化作戦
    第6章 交渉人もつらいよ

    第3部 非接触ICカード戦争の真実
    第7章 Suica=フェリカの孤独
    第8章 見事に決まった裏技
    第9章 最後の昇格——57歳の夏

    第4部 交渉の達人
    第10章 小型光ディスクフォーマット
    第11章 IBM対マイクロソフト
    第12章 常識への挑戦

    第5部 失敗しない交渉のコツ
    第13章 取引材料の準備
    第14章 マイノリティーを自覚する
    第15章 失敗しない交渉手順チャート

    「原田節雄(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ