日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    気まぐれ消費者 最高の体験と利便性を探求するデジタル時代の成長戦略

    気まぐれ消費者 最高の体験と利便性を探求するデジタル時代の成長戦略

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:テオ・コレイア(著)月沢李歌子(訳)関一則(監訳)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年09月15日

     
     

    神出鬼没で実体の見えない消費者を獲得せよ!


    ブランドへの忠誠心が低い、デジタルを駆使して情報を収集する、移り気だが気に入った製品・サービスは積極的に広める——神出鬼没で気まぐれ、つかみどころがない「液状消費者」。

    そんな新時代の消費者が市場を圧倒し、今後の消費動向のカギを握る。「液状消費者」の行動特性・心理特性を深く捉え、企業経営やブランディングに及ぼす影響・対応を提言。

    なかでも特徴的な日本の「液状消費者」と対峙するための考察を追加章として収録。

    激変する「消費者主役」のデジタル時代を生き抜く指南書
    ——水野明人氏(ミズノ代表取締役社長)

    「液状化する消費者」を捉えた企業が市場を制する。そのヒントが詰まった必読書
    ——泉谷直木氏(アサヒグループホールディングス代表取締役会長兼CEO)

    日本での消費者動向や企業事例を考察した特別章を収録

    【目次】
    第1部 顧客に焦点を合わせる
    第1章 体験か利便性か——「液状消費者」を満足させるための道筋
    第2章 効果的なプラットフォームの構築
    第3章 デジタルを利用したカスタマー・ジャーニーを考える
    第4章 売り手と作り手があいまいな世界でつながりを築く

    第2部 社内に焦点を合わせる
    第5章 液状消費者と対峙するための備え
    第6章 断片化された新興市場から得られる示唆
    第7章 2つのエンジンでイノベーションを起こす
    第8章 「ニュー・ノーマル」なマーケティングのフレームワークづくり
    未来へのエピローグ——20年後の液状消費者へのサービス
    日本版追加章 液状消費者との適切な向き合い方

    ページトップへ