日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    破天荒弁護士クボリ伝

    破天荒弁護士クボリ伝

    価格(税込):1,836

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:久保利英明(著)磯山友幸(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年12月15日

     
     

    「闘うビジネス弁護士」の代表格で、人気弁護士ランキングの常連だった著者(久保利英明)の自伝的ノンフィクション。


    埼玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)の質屋の息子に生まれた正義感あふれる少年が、弁護士を目指し、企業と癒着していた総会屋や暴力団との修羅場を乗り越えてトップ弁護士になり、現在は東電原発被害賠償請求や国を相手取った1票の格差訴訟、第三者委員会調査報告書格付け、医療法人や社会福祉法人のガバナンス改革など多彩な活動に注力する姿を描く。牛島信、河合弘之、中村直人各弁護士などの証言「私のクボリ論」を多数収録。

    以下は本書からの引用。

    「日本一黒い顔の弁護士」
    「日本一派手なネクタイと派手なスーツを着た弁護士」

    もちろん、これは私のことだ。記者会見に同席する私の様子をテレビで観た人は、その発言よりも、まず容姿に強烈な印象を受けるようだ。ヤクザ相手の債権回収や総会屋相手の株主総会指導などを手掛けていたから、こうなったというわけではない。
    ただ、総会屋が記憶に刻まれた私の顔を見て「あいつがいる」と逃げ腰になったことは事実。株主総会の場に私がいるだけで、魔除け、総会屋除けになった。

    常に大義のために何かと闘ってきた。相手を説得するまで決して諦めない。依頼者のために全体力と全脳みそを使ってきた。自分にとって弁護士は天職であり、自分は「全身、これ弁護士」なのだと思っている。

    【目次】
    第1部 全身弁護士クボリ
     第1章 弁護士になるまで
     第2章 歩いた後に道ができるーー弁護士と起業家精神
     第3章 孤独なトップランナー
    第2部 闘争業としての弁護士
     第4章 ライオンと防弾チョッキ
     第5章 疾風怒濤のバブル戦記
     第6章 革命から辺境からーー弁護士とイノベーション
     第7章 攻めのガバナンスを求めてーー東電賠償請求・1票の格差訴訟
     第8章 私の人物論

    「久保利英明(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ