日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

    世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:奥谷孝司(著)岩井琢磨(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2018年03月02日

     
     

    アマゾンはなぜリアル店舗を展開するのか?
    ネット&リアル融合の最前線で何が起きているのか?


    「世界最先端のマーケティング企業」の戦い方を多角的に解説する待望の1冊。
    3つのフレームワークと最新理論で、これからの戦い方を捉える。

    本書が注目する「チャネルシフト戦略」とは、
    1.オンラインを基点としてオフラインに進出し、
    2.顧客とのつながりを創り出すことによって、
    3.マーケティング要素自体を変革しようとする
    戦い方である。

    チャネルシフトのインパクトを捉え、
    これから取るべき戦略を未来志向で考えるために、
    本書では、3つのフレームワークを提示する。

    KEY1 チャネルシフト・マトリクス
    KEY2 顧客時間
    KEY3 エンゲージメント4P


    これらのフレームワークによって、
    本書では以下の事例を分析し、チャネルシフトの核心に迫る。

    Amazon Go、Amazon Books、Amazon Dash、Amazon Echo
    Whole Foods、instacart、LE TOTE、BONOBOS、THE MELT、Warby Parker
    ZOZOSUIT、DIFFERENCE、IKEA Place 、ニトリ手ぶらdeショッピング
    MUJI passport、いきなり! ステーキ、Oisix、全国TAXI

    【目次】
    イントロダクション アマゾンはなぜリアル店舗を展開するのか?

    PART1 アマゾンの脅威
    01 オフライン空間への進出
    02 2方向への展開

    PART2 チャネルシフトの最前線
    03 アパレル業界
    04 インテリア業界
    05 食品業界
    06 タクシー業界

    PART3 店舗至上主義の限界
    07 チャネル形態の変遷
    08 「オムニチャネル」の本質
    09 小売業が陥る「マーケティング近視眼」

    PART4 購買体験をデザインする
    10 チャネルを行き来する顧客を捉える
    [顧客時間の重要性]
    11 購買体験による囲い込み

    PART5 無印良品のつながり
    12 MUJIpassport 顧客時間を可視化するチャネル
    13 開発秘話 5つの教訓
    14 3つの効果

    PART6 つながりがマーケティングを変える
    15 KPIが変わる
    16 チャネルは変革の起点
    17 Place チャネルを「顧客とのつながり」をつくる場に変える
    18 Promotion つながりが販促を変える
    19 Price つながりが価格を変える
    20 Product つながりが商品を変える

    ページトップへ