日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?

    プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?

    価格(税込):2,808

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:アンドリュー・マカフィー(著)エリック・ブリニョルフソン(著)村井章子(訳)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2018年04月13日

     
     
    ●エリック・シュミット(グーグル元CEO)
    今日の変化のスピードと拡がりには、シリコンバレーでさえ驚いている。この変化の波に乗り、先頭に立つためには、多くの混乱が起きる中でも変わることのない原理を理解しなければならない。本書はそうした原理を解き明かす最高の解説書である。

    「企業はもはや過去の遺物?」
    「専門家はなぜ役に立たないのか?」

    『機械との競争』と『ザ・セカンド・マシン・エイジ』の著者で、「テクノロジー失業」到来を訴えて反響を呼んだMIT(マサチューセッツ工科大学)のコンビが、新たにテクノロジーによる「企業消滅」に挑んだ意欲作。

    ビジネスを大きく変革する3つのトレンドーー。
    ●マシン:アルファ碁が代表する自己学習的コンピュータ、AIの進歩。
    ●プラットフォーム:Amazon、Facebook、Google、Uber、Airbnb、アリババ、テンセントなどが構築した物理的なモノやサービスを提供するしくみと場。
    ●クラウド(Crowd):大勢の人からアイデアや資金を募る流れ。

    マシンは人間の頭脳、プラットフォームはプロダクト、クラウドはコアと呼ばれる企業の製造プロセスやサプライチェーンとペアをなす。
    デジタル技術の大変革期を生き延びるためには、この3つのペアのバランスを再考することが急務、と著者たちは訴える。
    さあ、あなたの企業は生き延びられる?

    【目次】
    第1章 3つの革命
    ■第1部 人間とマシン
    第2章 人間にとって受け入れがたいこと
    第3章 人間のように考えるマシンたち
    第4章 ロボットの登場
    第5章 まだ人間が必要とされるのは……
    ■第2部 物理的なモノやサービスとプラットフォーム
    第6章 マシンの犠牲者たち
    第7章 プラットフォームを巡るスマートな戦略
    第8章 なぜプラットフォームは栄えるのか
    第9章 そのビジネスにチャンスはあるか?
    ■第3部 クラウドとコア
    第10章 クラウドの出現
    第11章 専門家はなぜ役に立たないのか
    第12章 すべてを権力から切り離す夢
    第13章 企業はもはや過去の遺物か?
    結論 人間はテクノロジーを使って何をしたいのか?

    ページトップへ