日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    企業不正の研究 リスクマネジメントがなぜ機能しないのか?

    企業不正の研究 リスクマネジメントがなぜ機能しないのか?

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:安岡孝司(著)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2018年03月23日

     
     

    あぶない会社は組織図でわかる?
    コンプライアンスを連呼する会社ほど不正が拡大する?


    日本を代表する名門企業で大規模な不正事件が相次いで発覚しています。
    不正の構図はさまざまで、経営の圧力によって現場が不正に走った場合もあれば、経営陣そのものが不正に手を染めていた場合もあります。
    問題が発覚した会社は、どこも立派な企業ばかりで、リスクマネジメントには取り組んでいたはずです。
    それが機能しないのはなぜでしょうか。
    本書はこのような問題意識に立ち、内部不正から会社を守ることを主題にしたリスクマネジメントの入門書です。

    第1部では、実際に起きた企業不正事件をリスクマネジメントの視点で分析します。
    実際に起きた事例はリスクマネジメントの限界や盲点を知る上でも生きた素材になります。

    第2部では、リスクマネジメントの基本をクイズ形式で解説します。
    Q 経理係をどこにおきますか?
    Q 動物園の檻と内部統制の関係を説明してください
    Q 経営者の不正に気づいたら、どう行動すればいいですか?
    Q 経営者がリスクの意味を理解できていないときには、どう対処しますか?
    Q リスク分類の効果は何ですか?

    本書をお読みいただくと、これまで常識だと思っていたことが、実は間違いだったと気づくことがあるかもしれません。

    【目次】
    第1部 企業不正事件の報告書から学ぶ
    0 事件から学ぶための視点
    1 東洋ゴム工業の免震ゴムのデータ改ざん——開発力不足の問題
    2 富久娘酒造の表示偽装——技術力不足の問題
    3 神戸製鋼所の品質偽装 データの改ざん
    4 JXTGエネルギー水島製油所の虚偽検査記録——工場検査での問題
    5 三菱自動車の燃費不正——性能評価での不正
    6 椿本興業の循環取引——営業部門での不正
    7 オリンパスの粉飾決算——経営陣の不正
    8 東芝の不正会計——社長の圧力による執行部門での不正
    9 企業不正事件のまとめ

    第2部 クイズ形式で学ぶ リスクマネジメントの基本
    1 リスクマネジメントと経営判断
    2 リスクマネジメントの体制
    3 リスクマネジメントの限界
    4 リスクマネジメントの目的
    5 リスク評価の方法
    6 リスク評価と対策

    ページトップへ