日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応

    基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応

    価格(税込):3,024

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:矢吹太朗(著)WINGSプロジェクト 山田祥寛(監修)

    出版社:日経BP社

    ジャンル: IT・デジタル

    販売開始日:2017年08月04日

     
     
    プログラミング言語としてのC++の使い方を、基礎から丁寧に説明します。プログラミングに必要な基礎知識(言語仕様、文法、概念など)を体系的に学習できます。
    各章の章末には復習問題があり、その章で学んだ内容を確認してから次の章に進めるようになっています。また、本書の最後の章では実際にパズルのアプリケーションを作成することで、本書で学んだこと全体が復習できます。レベルアップを目指すC++の初学者におすすめします。
    本書は2009年発行の『文法からはじめるプログラミング言語Microsoft Visual C++入門』を、現在の内容に合わせて全面的に改訂したものです。

    「はじめに」より抜粋------------------------------
    本書はC++の入門書です。文法を厳密に記述するのではなく、構文とそれを利用するサンプルコードを提示することによって、C++を紹介しています。
    対応する規格はISO/IEC 14882:2014、いわゆるC++14です。本文で利用する開発環境はVisual Studioですが、サンプルコードはGNU C++とClangでも動作します。
    その方法は脚註などで補足しているので、それを参考にすれば、Windowsだけでなく、macOSやLinuxでも本書の内容は試せます。
    (中略)これからC++のプログラムを読み書きしていくために最低限必要となるであろう話題だけを選択し、本書を書きました。
    プログラムを書くだけでよければもう少しコンパクトにできますが、他人が書いたC++のプログラムを読むのに必要な知識を入れるとこのくらいになるでしょう。

    【目次】
    第1章 プログラミングの基礎 〜プログラミングの世界に触れる
    第2章 C++の基礎 〜やさしい入門
    第3章 変数と型 〜データの種類と基本操作
    第4章 文 〜C++プログラムの基本構成要素
    第5章 関数とプログラム構造 〜文をまとめて抽象化する方法
    第6章 コンテナと配列 〜データをひとまとめにする方法
    第7章 文字列 〜数値と並ぶ基本データ形式
    第8章 入出力 〜プログラムが外部とやり取りするしくみ
    第9章 標準ライブラリ 〜よく利用される便利な機能の集まり
    第10章 クラス 〜オブジェクト指向プログラミング
    第11章 エラー処理 〜実行時に起きるエラーへの対処
    第12章 並行処理 〜マルチスレッドプログラミング
    第13章 応用アプリケーション~パズルの解法
    付録(命名規則、Boost、デバッガの使い方、参考資料)

    「矢吹太朗(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ