日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    はじめての企業価値評価

    はじめての企業価値評価

    価格(税込):864

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:砂川伸幸(著)笠原真人(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ビジネス・経営

    ブランド:日経文庫

    販売開始日:2018年03月20日

     
     

    強力なビジネスツールをわかりやすく解説します。


    企業価値評価(バリュエーション)は、かつてはM&Aの買収価格算出など専門家向けの分析手法でしたが、
    いまや経営戦略全般を議論する際の重要な判断材料となっています。本書は、ビジネスパーソンが経営
    を数字で理解し判断するための必須のリテラシーとなった企業価値評価について、わかりやすく解説
    します。
    本書のコアとなるのが、DCF(ディスカウント・キャッシュフロー)法です。フリー・キャッシュフローと資本
    コストをもとに企業価値をどう算出するか、ケースを用いて、じっくりと手ほどきします。理論を具体的な
    ビジネスにあてはめて、わかりやすく説明できる研究者と、企業価値評価のスペシャリストがタッグを
    組んで執筆しました。
    より基本的な段階からスタートしたい方には、姉妹書の日経文庫『コーポレート・ファイナンス入門』が
    おすすめです。

    【目次】
    第1章 企業価値評価の考え方
    第2章 企業価値評価のキーワード
    第3章 企業価値評価の基礎
    第4章 クロスボーダー・バリュエーションの基礎
    第5章 企業価値評価の実践
    第6章 企業価値評価の検証

    ページトップへ