日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    小さな会社のための 世界一わかりやすい会計の本

    小さな会社のための 世界一わかりやすい会計の本

    価格(税込):864

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:ウエスタン安藤(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ビジネス・経営

    ブランド:日経ビジネス人文庫

    販売開始日:2016年06月02日

     
     
     実務で使える会計センスが2時間で身につく!

     経営者・営業マンの会計と、経理担当者の会計は違う!
     大企業の会計と、小さな会社の会計は違う!
     だから、ほんとうに必要なコトだけを説明しました。
     中小企業の現場を熟知した税理士が、徹底して中小企業の経営者に対する目線で書いた会計の本。

    <目次>
     第1章 会計には、「いらないもの」と「大事なもの」がある
     第2章 そのお金は何のために使われたのか?「勘定科目」
     第3章 コレって落とせる? 落とせない?「費用」の正体
     第4章 会計を知っている営業パーソンは、こんなにイケてる
     第5章 企業は「お金がすべて」。資金繰りと会計の関係
     第6章 会計センスが身につく、たった三つの魔法の言葉
     第7章 決算書の正体と、決算書ができるまで
     第8章 経営者のための、「意味のある」決算書の読み方
     第9章 決算書から見える危ない会社「百鬼夜行の恐怖」
     第10章 貸借対照表にハッキリ映る「社長の性格」

    ページトップへ