日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    人口負荷社会

    人口負荷社会

    価格(税込):918

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:小峰隆夫(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: 経済・金融

    ブランド:日経プレミアシリーズ

    販売開始日:2018年06月08日

     
     

    人口減少経済の本質に迫る!


    日本は世界でも類を見ない少子高齢化先進国。日本の未来は、労働人口の減少がもたらす人口オーナスのデメリットをいかに緩和するかにかかっている。人口問題を熟知したエコノミストが、人口減少経済の本質に迫る。

    【目次】

    序章 人口減少を考える7つの視点
    第1章 日本の人口構造はどう変化していくのか
    第2章 日本の出生率の真実
    第3章 日本の少子化の原因を考える
    第4章 人口オーナスとは何か
    第5章 少子化、人口減少はなぜ問題なのか
    第6章 人口オーナス下の経済成長
    第7章 大労働力不足時代へ
    第8章 高齢者と女性の就業率を高めるには
    第9章 人口オーナス下の産業・企業
    第10章 人口オーナス下の社会保障—年金問題を中心に
    第11章 人口オーナスと民主主義の失敗
    第12章 人口オーナス下の地域
    第13章 アジアの人口ボーナスが剥落する日
    第14章 未来のためのコストを担う

    ページトップへ