日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    哲おじさんと学くん

    哲おじさんと学くん

    価格(税込):734

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:永井均(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: 小説・エッセイ・その他

    ブランド:日経プレミアシリーズ

    販売開始日:2018年03月30日

     
     

    哲学用語ほぼゼロのふたりの対話を通して、最新の「哲学」の問題が解き明かされます。読者も不安の本質が分かり、生きることが楽になる本!


    「僕が本当に言いたいことは、なぜ分かってもらえないのだろう?」

    自分の悩みをあり方の謎として捉え、哲学の問題を考える82の対話。

    社会問題よりも、自分をとりまく社会の成立に不思議さを感じる学くんの疑問は、いつも友だちや先生には分かってもらえない。自然法則は「今までそうだった」だけなのに、なぜ未来もそうだと分かるの? なぜ僕は今、この世に存在しているの? 学くんの問いに哲おじさんが答えることが、さらなる問いを生む。

    「哲学を本気でやれば、君は決して孤独ではない。君は必ず真の友人を見つけることができる。君が君の思考を進めれば進めるほど、隠れていた友人たちが次々と現れてくるはずだ。この世界は、当初そう見えたようには、そう捨てたものでもないということが分かってくるだろう。」(第82話の哲おじさんの言葉から引用抜粋)

    【目次】
    第1話 僕が考えていることは人に理解してもらえない
    第2話 なぜこんな「例外期間」が存在するのか
    第3話 理性には公的な使い方と私的な使い方がある
    第4話 しかし理性には超−公的な使い方がある
     ……ほか、82話から構成。

    ページトップへ