日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    大学付属校という選択 早慶MARCH関関同立

    大学付属校という選択 早慶MARCH関関同立

    価格(税込):961

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:おおたとしまさ(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ライフスタイル・趣味・実用

    ブランド:日経プレミアシリーズ

    販売開始日:2017年02月28日

     
     

    各大学付属校の内部進学実績、他大学受験に関する規定など
    他では見られない貴重なデータが満載!


    大学入試改革開始を2020年度に控え、中学受験で大学付属校の人気が高まっている。入試改革の不透明さを回避するためだけでなく、大学受験にとらわれることのない教育そのものが「脱ペーパーテスト」路線の高大接続改革を先取りしているからだ。早慶MARCH関関同立の11大学に焦点を当て、大学付属校で学ぶ意義を探る。

    【目次】
    第1章 受験競争の猛威を免れた「自然保護区」
    第2章 早慶付属校という選択
    第3章 MARCH付属校という選択
    第4章 関関同立付属校という選択
    第5章 一貫教育という「両刃の剣」と大学入試改革

    ページトップへ