日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    労基署は見ている。

    労基署は見ている。

    価格(税込):918

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:原論(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ビジネス・経営

    ブランド:日経プレミアシリーズ

    販売開始日:2017年04月04日

     
     

    電通、三菱電機だけじゃない!
    あなたの会社もそのままだと送検されて
    ブラック企業と呼ばれてしまいますよ!


    ◆労基署は常に会社をチェックしている
    電通社員の自殺問題で一躍注目を集めた労働基準監督署。2017年には三菱電機も書類送検された。
    税務署と並んで、会社にとってできればお付き合いしたくない相手、それが労基署だ。過重労働や賃金不払いなど労使間のトラブルや労災事故が起これば、必ず労働基準監督官が監督に入る。しかし、普段、監督官たちは何をしているのか?
    実は、管轄の区域にある事業場の情報を幅広く集めながら、法令違反はないか、規定に不備はないかをチェックしている。時には「2ちゃんねる」もチェックするなど、会社の裏側に関する噂話も、ほとんど把握しているのだ。

    ◆意外と知られていない監督官の実態
    □労基署内には、問題企業リストが存在する。
    □監督官は予告なしに訪問する。
    □警察の実況見分は拒否できても監督署の臨検監督は拒否できない。
    □監督官には、年間監督指導件数という事実上のノルマが課せられている。
    □監督官は原則すべての案件を1人で処理する「一匹狼」である。
    これらは、すべて事実だ。
    本書は、意外と知られていない労働基準監督官の仕事を、著者自身が経験した笑えないエピソードとともに解説。労基署との賢い付き合い方もわかる一冊。

    【目次】
    プロローグ
    第1章 労働基準監督官は予告なく訪問する
    第2章 職場の安全と健康を守る
    第3章 労働基準監督官は一人親方
    第4章 監督官がやってきた!
    第5章 「ブラック企業」は常に見られている
    第6章 これからの労働基準監督署
    エピローグ

    ページトップへ