日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    飛距離が10歳若返る!8つの飛ばし術

    飛距離が10歳若返る!8つの飛ばし術

    価格(税込):918

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:山口信吾(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ライフスタイル・趣味・実用

    ブランド:日経プレミアシリーズ

    販売開始日:2017年06月16日

     
     

    50歳を超えてめっきり飛距離が—
    そんなゴルファーのために、HS38m/sでも220ヤード飛ばせる8つの秘訣を伝授


    ◆筋力は20歳から年1%ずつ落ち、70歳になれば最盛期の50%となります。歳をとれば関節の柔軟性も低下するので、腕っぷしに頼って飛ばしてきたゴルファーの飛距離は一気に落ちてきます。飛ばなくなると無意識のうちに腕に力が入り、弾道も定まらなくなる。こうなるとスコアもまとまらず、ゴルフが一気に面白くなくなってしまうのです。

    ◆そんなアマチュアが参考にしたいのが、女子プロの飛ばし方です。一般男子アマチュアのヘッドスピードは約40m/sで飛距離は210ヤードほど。一方、女子プロのヘッドスピードは同じ40m/s前後なのに240~260ヤード飛ばしています。ヘッドスピードが39.2m/sにすぎない堀琴音プロでも252ヤード飛ばせるのはなぜか。第1の理由はボールを芯で捉えるミート率が高いこと。第2の理由は、スイートスポットの少し上で打つ「高打ち出し・低スピン」の弾道を実現しているからです。またヘッドスピードについても、一般男子アマチュアに引けをとらないのには理由があります。1つ目は、太ももとお尻の強大な筋肉を使って骨盤を大きく回していること。2つ目は、「体の位置エネルギー」を巧みに使っていることです。そして3つ目は、コックを利かせてダウンスウィングをしているからです。これらのスイング技術と適正なインパクトが、女子プロの驚異的な飛距離を生み出しているのです。

    ◆本書には、筋力の衰えを感じるゴルファーが実践できる飛ばしの秘密が詰まっています。「どうすればボールを高く遠くへ飛ばせるか」を、女子プロにならって8つの飛ばし術で説明します。「下半身の筋力で飛ばす」「全力素振りで瞬発力を鍛える」「股関節の柔軟性を高める」「緩やかなアッパーブローでミート率を上げる」「打ち出し角の高い弾道で飛ばす」「長尺で飛ばす」--。これらを実践すれば少しの努力で誰でも「飛ばし屋」に変身できます。

    【目次】
    プロローグ——女子プロの飛ばし術に学ぶ
    第1章 筋力で飛ばす
    第2章 瞬発力で飛ばす
    第3章 関節で飛ばす
    第4章 体重で飛ばす
    第5章 コックで飛ばす
    第6章 ミート率で飛ばす
    第7章 弾道で飛ばす
    第8章 クラブで飛ばす
    おわりに——老いてはますます壮んなるべし

    ページトップへ