日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    経営の失敗学

    経営の失敗学

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:菅野寛(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2017年03月07日

     
     

    ビジネスに必勝法は存在しない


    成功は十社十色で、一つひとつの成功はユニーク(独自)です。したがって、成功をパターン化はできないし、他社の成功をモノマネしても成功しません。 一方、陥りがちな共通の失敗は多く、ある程度パターン化できます。 そうだとすると、成功から学ぶことも重要ですが、失敗から学ぶことにも意味があるのではないでしょうか。

    世の中では成功例の方が華やかで人気がありますが、同じくらい、あるいはそれ以上に失敗から学ぶことが重要です。「これをやってしまえばほぼ間違いなく失敗する、したがってこれをやってはいけない」という地雷は驚くほど共通で、しかも驚くほど当たり前のことです。ところが、あまりにも多くの企業がこの分かりきった地雷を踏んで自滅しているのです。

    また、斬新な戦略も、地道に地雷を回避し、当たり前のことをきっちり行う先に見えてくるものです。

    どこにどのような地雷があるかを明確に意識して、丁寧に地雷を避けてビジネスをおこなえば、少なくとも「失敗しないビジネス」、あるいは「成功確率を上げるビジネス」はできます。本書はそのための方法を、多くの事例とボストン・コンサルティング・グループで数多くの経営者と問題解決に挑んだ経験を踏まえて明らかにするものです。

    【目次】
    第I部 失敗から学ぶ
     第1章 ビジネスは失敗の山
     第2章 ビジネスは本質的に失敗する運命にある
     第3章 成功学の幻想
     第4章 成功は学べない
     第5章 失敗学の有用性
    第II部 陥りがちな失敗のパターン
     第6章 考えるアプローチ、頭の使い方がずれている
     第7章 戦略の筋が通っていない
     第8章 顧客が求めていない価値を提供してしまう
     第9章 定性的なロジックの詰めだけで満足して、定量的な数字の詰めが甘い
     第10章 リスクや不確実性に対処しない
     第11章 「地雷排除」が行きすぎた結果、戦略が尖っていない
     章12章 実行に必要な徹底度が足りない
     第13章 実行者の意識・行動を変えていない
     終 章 失敗する経営から成功する経営へ

    「菅野寛(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ