日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    電子部品 営業利益率20%のビジネスモデル

    電子部品 営業利益率20%のビジネスモデル

    価格(税込):1,382

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:村田朋博(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ビジネス・経営

    販売開始日:2018年03月09日

     
     

    競争をやめると利益が生まれる!
    高収益企業に共通する最強のビジネスモデルを提示


    ◆営業利益率10%が当たり前の企業たち
    日本企業の大きなテーマとなったROE。そのもとになるのは利益=稼ぐ力で、アベノミクスの最重要課題でもあります。多くの企業が営業利益率10%(日本の平均は5%)を目指すなか、驚異の50%超を誇るキーエンス、35%超のファナックを筆頭に、20%超のエーワン精密、村田製作所、SMC、ヒロセ電機、10%超の日東電工、日本電産、堀場製作所など、日本には電子部品を中心にきら星のごとく超高収益企業が並んでいます。

    ◆強さの秘密は競争しない戦略(=賢明な寡占)にあり!
    なぜこれら企業は高収益なのか? 人気アナリストとして企業分析に携わり、コンサルタントとして数多くの経営を見てきた筆者は、共通する経営戦略として「ニッチ=競合や他人と違うこと=競争しない」ことをあげます。利益とは他と違うことに対して支払われる対価であって、これら企業はいずれもが、人と違うことをする(=競争しない)ことにより、「賢明な寡占」状態をつくり出していることに注目します。

    ◆圧倒的な直接取材と情報収集・分析
    筆者の最大の強みである直接取材と情報収集力をもとに、あえてマーケットの小さい分野に特化して圧倒的寡占状態をつくったファナック、電源用部品のカタログ販売という他社とは違う土俵で勝負するコーセル、小口対応の短納期という最も不効率と思われていた生産方式で標準品の利益率を上げたエーワン精密など、具体例を豊富に盛り込みながら、「賢明な寡占経営」の強みを解説。コストでは敵わない新興国との競争で疲弊する企業が将来を考えるヒントを提供します。

    【目次】
    I ハイテク産業の構造変化−−3つの「びっくり」
    II 日本のハイテク産業の概況
    III 優れた経営者は、「競争しない経営」を考えている
    IV ニッチ企業だけが生き残る−−未来は誰にも予想できない
    V 時代はニッチを求めている
    VI ニッチの作り方
    VII ニッチは変わる−−ウサイン・ボルトとハイテク産業
    VIII 日本企業の新しいニッチ
    IX 日本企業の華麗な事例

    「村田朋博(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ