日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    「言葉にできる」は武器になる。

    「言葉にできる」は武器になる。

    価格(税込):1,620

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:梅田悟司(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ライフスタイル・趣味・実用

    販売開始日:2016年09月29日

     
     

    いま注目のコピーライターが語る、人を動かす言葉の秘密。


    人を動かすために「心地いい言葉」はいらない! 
    自分の思いをどうやって「言葉」にして「伝える」か? 人の心を動かす「表現」には秘密があるのか? 
    「うまく自分の言葉で話せない」「人の心に刺さる表現力を身につけたい」——志や思い、自分のなかにあるビジョンを言語化するために何をすればよいのか? そんな悩みを抱えている全ての人に、いま注目のコピーライターが独自の手法をわかりやすく開示する、人の心を動かす言葉の法則。

    人は、その言葉の中に自分の思いを発見したときに心を動かされるのであり、技巧を凝らした表現などいらない。自身が手がけた広告コピー、古今東西の有名事例を、「メッセージとしての明確性」「そこにいかに自分を投影するか」「伝えたい想いをいかに生み出すか」という視点から分解、「意志を言葉に込める技術」を解説する。

    【目次】
    1 「内なる言葉」と向き合う
    2 正しく考えを深める「思考サイクル」
    3 プロが行う「言葉にするプロセス」
     
     戦略1 日本語の「型」を知る
     戦略2 言葉を生み出す「心構え」を持つ

    ページトップへ