日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    知財戦略としての米国特許訴訟

    知財戦略としての米国特許訴訟

    価格(税込):3,283

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:岸本芳也(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: ビジネス・経営 企業・業界

    販売開始日:2018年04月10日

     
     

    訴訟大国・米国、知財訴訟で勝ち抜くためのこの一冊!


    米国で急増する特許訴訟、日本企業の技術だけでなく、サービス分野もターゲットに!
    常に訴訟ビジネスの対象として狙われる危険性と隣り合わせの米国で、万一、特許紛争事件に巻き込まれた場合、どのタイミングで、何を、どのように行動すればよいか? 陪審制、ディスカバリー、懲罰的損害賠償制度、パテント・トロールなど、米国の特殊性に通じる第一人者が、ポイントをわかりやすく解説。

    【目次】
    第1章 知財の活用とマネジメントが命運を左右する
    第2章 新たな局面を迎える米国の特許侵害訴訟
    第3章 米国特許訴訟における初動対応
    第4章 特許付与後異議申立(IPRとPGR)による攻撃的防御
    第5章 訴訟開始後の対応
    第6章 証拠開示(ディスカバリー:Discovery)
    第7章 パテント・トロールに対する対策
    第8章 陪審裁判
    第9章 知財訴訟における法的救済措置
    第10章 和解と代替的紛争解決(ADR)
    第11章 日本企業が留意すべき点と対応戦略
    終 章 求められる「質と量のバランス」

    「知財戦略としての米国特許訴訟」を買った人はこのタイトルも買っています

    「岸本芳也(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ