日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    異次元緩和の終焉 金融緩和政策からの出口はあるのか

    異次元緩和の終焉 金融緩和政策からの出口はあるのか

    価格(税込):1,944

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:野口悠紀雄(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: 経済・金融

    販売開始日:2017年11月02日

     
     
    ○異次元金融緩和が導入されてから、4年たった。2018年には黒田総裁の任期も来る。いまこそ、総括と展望が必要な時だ。日銀は、2016年9月に、「総括的な検証」を行っているが、とても十分とは言えない。

    ○異次元緩和は、日本経済のどこをどのように変えたのか? 基本的には、経済の基本を改善せず、国債市場を歪めただけの結果に終わった。日本銀行が意図したこと、意図の背後にある理論的な枠組みのどこに問題があったのか? そもそも目標や理論が間違っていたのではないか?

    ○このまま大量の国債購入が続くと、脱却はきわめて困難になる。なぜなら、金融市場の混乱などの問題解決がますます難しくなるからだ。また、仮に目標インフレ率が実現すると、日銀の財務上の問題、財政負担の増加などの問題が深刻になる。

    ○いま必要なのは、インフレ目標の達成にこだわることなく、できる限り早く異常な政策から脱却することだ。その際に起こりうる経済と市場の混乱を最小限にとどめるために、何が必要かを早急に検討すべきだ、と著者は説く。

    【目次】
    序 論 「金融政策の死」を「経済の死」につなげぬために

    第1章 効果なしと分かっていた量的緩和をなぜ繰り返したのか?

    第2章 弊害の大きいマイナス金利と長期金利操作

    第3章 評価(1)物価上昇率目標は達成できず

    第4章 評価(2)消費を増やさず、格差が拡大した

    第5章 世界は金融緩和政策からの脱却を目指す

    第6章 出口に立ちふさがる深刻な障害

    第7章 本当に必要なのは構造改革

    ページトップへ