日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    中国 経済成長の罠 金融危機とバランスシート不況

    中国 経済成長の罠 金融危機とバランスシート不況

    価格(税込):2,376

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:関辰一(著)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: 経済・金融 国際・アジア

    販売開始日:2018年06月08日

     
     

    不良債権は公式統計の10倍、企業債務は8年で4倍に急増——
    日本のバブル崩壊と同じ道をたどるのか?
    気鋭の研究者が、独自のデータ分析を基に、中国経済に潜む脆弱性を明らかにする。


    中国で日本のバブル崩壊が再現される可能性が高まっている。リスクシナリオは2つある。1つは、金融危機が発生するという資金供給面でのシナリオだ。もう1つは、バランスシート不況に陥るという資金需要面でのシナリオである。
    筆者は、2022年までに中国経済がいずれかのリスクシナリオに陥る可能性は40%と見る。リスクの所在は、巨額な不良債権と企業債務にある。
    中国の不良債権問題は深刻である。高成長が終焉する中、不良債権の増加が金融機関の経営を圧迫している。中国の金融機関が抱える潜在的な不良債権は政府の公表値を大きく上回る。すでに一部の中小金融機関が債務超過に陥り、取り付け騒ぎも発生した。金融機関の連鎖的な破綻が生じ、金融危機が発生するリスクを払拭することはできない。
    また、中国の企業債務はすでに危機水域まで達した。銀行からの借入金などを含む企業債務残高の対GDP比はすでに日本のバブル期を上回る。いつ企業が過大な債務と資産の目減りへの対応から、バランスシート調整を余儀なくされ、その結果、債務返済を優先する一方、設備投資需要が縮小しても不思議ではない状況だ。
    ——「はじめに」より

    【目次】
    第1章 高まる金融危機発生のリスク

    第2章 シャドーバンキングとは何か

    第3章 経済発展がもたらした問題

    第4章 危機的な水準にある企業債務

    第5章 迫るバランスシート不況

    第6章 政府の債務保証による歪み

    第7章 リスク・コントロールは可能か

    第8章 問題先送りの構図

    「中国 経済成長の罠 金融危機とバランスシート不況」を買った人はこのタイトルも買っています

     

    ページトップへ