日本経済新聞 関連サイト

ゲスト様

     

    日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    ダーウィン・エコノミー 自由、競争、公益

    ダーウィン・エコノミー 自由、競争、公益

    価格(税込):2,160

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    立ち読み

    著者名:ロバート・H・フランク(著)若林茂樹(訳)

    出版社:日本経済新聞出版社

    ジャンル: 経済・金融

    販売開始日:2018年03月30日

     
     

    格差、教育、公共投資、貧困といった諸問題に対し
    人気経済学者が解決策を提示する


    ■昔のほうが、生活は豊かだった。社会の中間層には経済的活力があり、社会インフラはきちんとメンテナンスされていた。だが、その後何十年にもわたって経済成長率は大きく鈍り、中間層の時間当たり賃金は減少する一方で、CEOの賃金は10倍になった。富の格差は広がる一方だ。

    ■「経済学の父」とされるアダム・スミスは、自由な市場はすべての人にとっての最善を生み出すと考えた。だが、現実世界を見回すとスミスの「見えざる手」が機能していないように思える。むしろ、ダーウィンが観察したように、個々の動物の利益と、種としての大きな利益は深刻に対立している。

    ■このダーウィンの観察を、経済に応用したら、どんな世界が見えるだろうか。個人の利益と、社会全体の利益は、どうやってバランスさせればよいのだろうか。格差、教育、公共投資、貧困といった諸問題に対し、人気経済学者が解決策を提示する。

    【目次】

    第1章 麻痺状態
    第2章 ダーウィンの打ち込んだ楔(くさび)
    第3章 テーブルの上に現金はない
    第4章 「野獣を飢えさせろ」論——でもどの野獣を?
    第5章 「地位的消費の野獣」のダイエット
    第6章 加害者と被害者
    第7章 効率化のルール
    第8章 それはあなたのお金であり……
    第9章 成功と幸運
    第10章 すばらしいトレードオフ?
    第11章 有害な活動への課税
    第12章 リバタリアンの反論再考

    「ダーウィン・エコノミー 自由、競争、公益」を買った人はこのタイトルも買っています

    「ロバート・H・フランク(著)」の最新タイトル

     

    ページトップへ