日本経済新聞社グループの電子書籍ストア

    • トップページトップページ
    • 書籍書籍
    • 雑誌・新聞雑誌・新聞

    ご利用ガイドご利用ガイド

     
     
    お知らせ
    ビューアーアプリをダウンロードしてください。
     

    システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓

    システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓

    価格(税込):1,620

    カートへ カートを見る

    商品をカートに入れました

    カートに入れられませんでした

    ほしい本に追加 ほしい本を見る

    商品をほしい本に追加しました

    ほしい本に入れられませんでした

    著者名:日経コンピュータ

    出版社:日経BP社

    ジャンル: IT・デジタル

    販売開始日:2011年10月04日

     
     

    このシステム障害は経営の失敗そのものだ


     2011年3月、みずほ銀行は東日本大震災の直後に振り込み遅延やATM停止といったシステム障害を連発、収束までに10日間を要しました。みずほ銀行が大規模なシステム障害を発生させたのは、9年前の2002年に続き、2度目となります。失敗が繰り返される根本的な原因は、経営陣のIT軽視、ITへの理解不足です。残念ながら、多くの企業の経営トップは、情報システムの価値やリスク、現場の苦労を分かっていません。システム障害が繰り返される、という悪循環を断ち切るために、「日経コンピュータ」編集部は本書を緊急出版しました。システム障害を身近な問題として考えていただくためのきっかけとして、ぜひお読みください。

    ページトップへ